2005年2月広島の雪

寒いですね


 冷えますね。1月下旬からずっと寒くて、ここしばらく続くようです。太平洋側の都市は雪に慣れていなくて、交通はかなり混乱して、農作物にも影響有、せっかくの鍋の季節に野菜高は残念でしょう。インフルエンザも近年最高の流行りとか、幸い我が職場は誰も罹患せず、自分もちょっぴり風邪症状が重くならずになんとか一ヶ月乗り切りました。毎年のことだけど、1月は長く感じる・・・正月はずいぶんと昔のよう。スポーツクラブには12日分通いました。酒席は2-3回あって残念ながら体重増加傾向。年末年始に苦しんだ奥歯の痛みは消えました。洟水盛大だけやなぁ、苦しんでいるのは。

 お仕事はいろいろ波瀾万丈、小さなトラブルもクリアできれば日々の生きがいとなります。半分引退のヴェテランは愉しくお仕事継続、職場の人間関係も良好に2018年を迎えております。5年前2013年に転居してきた頃の苦しい日々(気候や職場文化の違和感)から想像できぬほど、心身ともに充実しております。お仕事絡みで昨日は取引先と富山に行ってきました。主眼は昔馴染に会うこと+北陸の美味いもんを喰って、呑んで、ま、現担当の取引先の引率ですから。すっかり出不精になったけれど、時に出掛けるのも気分転換として悪くない。

 2月はまだ寒けど、春は近いでしょう。敬愛する再雇用4年先輩が引退されます。年格好的に自分に説教してくださるのは彼のみ(もうひとりいるけど職場内完全孤立状態)有給消化するから後もう少し、残念です。自分は半引退状態ほぼ一年、まったく現役時代と変わらぬ、とは彼の評価でした。職場には若い20歳代が5人もいて、日々刺激を受けております。

 年末に故障した食洗機(象印 食器洗い乾燥機 ミニでか食洗機 BW-GX40(2011年製)送料込7,500円ほど)ブルーレイレコーダー(SONYブルーレイレコーダー1TBダブルチューナー BDZ-RX100)再入手、無線LAN環境はちょいと改善して、プリンター(HP PhotoSmart6510)のみちょいと不調・苦戦気味。

 ワン・パターンいつもの先月ヴェリ・ベスト。

BVCC38354Bach ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調BWV1047/第5番ニ長調BWV1050/カンタータ第202番「しりぞけ、もの悲しき影(結婚カンタータ)」BWV202〜ジェームズ・レヴァイン(cem)/キャスリーン・バトル(s)/シカゴ交響楽団員 アドルフ・ハーセス(tp)/サミュエル・マガド(v)/ドナルド・ペック(fl)/レイ・スティル(ob)/ジョゼフ・ゴラン(vI)/エドガー・ミュンザー(vII)/ミルトン・プレーヴス(va)/フランク・ミラー(vc)/ジョゼフ・グアスタフェステ(cb)/メアリー・サウアー(cem)(1977年)・・・James Levine(1943ー)34歳の記録、ラヴィニア音楽祭は若手の登竜門なんですね。たしかレヴァインの前任は小澤征爾でした。これも新録音で出た時にFMにて拝聴(エアチェック)その明るい風情、達者な技巧、当時人気爆発だったバトルのしっとり優しい歌声に好感を持った記憶がところが(当時権威であった)「レコード芸術」にて誰か某評論家がボロカスにコメントして、ドシロウトの耳は腐っておるのかと落胆したものですよ。久々の拝聴は名手ハーセスの輝かしいトランペットを先頭に、ドナルド・ペック(fl)、レイ・スティル(ob)等、誰でも知っている名人たちの鮮やかスムースなキレに感心いたしました。第1番も録音していたらクレヴェンジャーのホルンが入ったんやろなぁ、きっと。

DECCA 460976Mendelsshon ヴァイオリン協奏曲ホ短調(シャルル・デュトワ/モントリオール交響楽団/1981年)/Bruch ヴァイオリン協奏曲ト短調/スコットランド幻想曲(ルドルフ・ケンペ/ロイヤル・フィル/1972年)〜鄭 京和(v)・・・Mendelsshonは前月、シュナイダーハンの涙が出るほど美しい演奏に目覚めました。こちらKyung-Wha Chung(1948ー)が若手の頃の新鮮な録音、たしかデビュー録音はプレヴィン、こうして(懐かしい)ケンペ、(よろしくない話題の)デュトワ辺りと組んで期待の新星だったのでしょう。当時は東洋の女性演奏家も少なかったことでしょう。このCDジャケットには「Legends」とあって、自分にとってはほんの昨日のこと、時代は既に”伝説”なのですね。24歳のBruchも浮き立つような華やかさ、ニュアンス豊かに+テンションの高いヴァイオリンに聴き惚れたものです。

TMK1023Beethoven 交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」〜ブルーノ・ヴァイル/ターフェルムジーク・バロック管弦楽団(2012年)・・・息の長い古楽器団体(加奈陀)がBeethovenの交響曲全集を録音していることは知りませんでした。ピアノ協奏曲はSONYに有。Bruno Weil(1949ー)は独逸の指揮者とのこと、既にヴェテランでしょう。Beeやんといえば古楽器(系)軽快軽妙なサウンドリズムが数多く出現、一方で昔馴染みな重厚長大風情の新録音も若い世代によって演奏され、稀代の名曲は両方愉しめるもの。こちらもちろん古楽器使用、素朴粗野なサウンドを基調として、リズムは引き締まっても”骨と皮”サウンドに非ず、けっこう力感と豊かな”重厚さ”も堪能できます。テンションの高い集中力演奏、表現そのものは奇異なものに非ず、オーソドックスなもの、というかこのスタイルに耳慣れただけかも。

DECCA DLP 7002Rodgers &HammersteinU 組曲「オクラホマ!」/Gershwin 交響的絵画「ポーギーとベス」(Robert Russell Bennett編)〜アルフレッド・ウォーレンステイン/ロサンゼルス・フィル(1949年)・・・誰でも知っている懐かしい旋律連続。「オクラホマ」って亜米利加の旧いアニメ(ディズニー辺り)のイメージそのまま、Gershwinは言わずもがなでしょう。驚くべきは驚異的な音質!各パートの分離の良さはほとんどステレオ、ゴージャスなオケの響きも最高。

KCh15−06Chopin 6つの前奏曲〜イ長調 作品28-7/嬰ヘ短調 作品28-8/ホ長調 作品28-9/嬰ハ短調 作品28-10/ロ長調 作品28-11/嬰ト短調 作品28-12/夜想曲第17番ロ長調 作品62-1/練習曲ヘ長調 作品10-8/作品10-10/舟歌 嬰ヘ長調 作品60/ワルツ第6番変ニ長調 作品64-1「子犬」/第7番嬰ハ短調 作品64-2/第8番変イ長調 作品64-3/スケルツォ第4番ホ長調 作品54/ポロネーズ第6番変イ長調 作品53「英雄」/マズルカ ロ長調 作品56-1/ハ長調 作品56-2/ハ短調 作品56-3/ピアノ・ソナタ第3番ロ短調作品58〜ラファウ・ブレハッチ(Rafal Blechacz/1985-)(p)2005年第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝時のライヴ・・・もう滅多にCDを買わなくてこれは2年前に入手した3枚組、BOOK・OFF半額セールにて250円也。もう12年も前の記録なんやなぁ。よほどひどくなければChopinにはたいてい感動して、技巧の正確さ、リズムの良さ、溌剌とした若さを堪能できる素晴らしい演奏、臨場感であります。ほとんど、誰でも知っている旋律というのもありがたい。

(2018年2月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi