吉野ケ里遺跡

天変地異連続と平穏な日々


 大型台風に大きな被害、そして北海道に大きな地震、そして月末にまた大型台風再来、って、いったい幾度繰り返すのか。昨夜も凄い風でした。そういえばその前に大阪でも地震がありましたっけ。どこかの被害が癒えぬうちに次の被害が発生する連続、幸いこの辺りは大きな被害はなくて、金沢に息子の(遅れ馳せ)結婚式+北海道の婆さんも呼んで、富山の美味いもんをたっぷり喰って体重増、日々の生活に苦しむ被災者には誠に申し訳ない。

 9月は祝日も多かったし、別途お休みもいただいて(再び申し訳なくも)ほとんど遊んでいたような一ヶ月でしたよ。いかんなぁ、こんなユルい日々に、体重は一年前より+2kg。睡眠不如意っぽい症状は続いて、ま、2ヶ月ほど苦しんだ左膝の微妙な痛みはほぼ癒えて、スポーツクラブは契約回数フルの14回ちゃんと通いましたよ。すっかり秋の風情になってもしっかり日々汗をかいて、心肺鍛えてますよ。体調は悪くはない。あとはな〜んもしていないなぁ、そこそこにユルいお仕事分担や取引先は、ここ数年自分が整理始末収束させて成果有、半引退の継続サラリーマンにはちょうどよろしいのでしょう。徐々に先が見えてきて、やや不安でもあります。

 日々ハードにお仕事されている方々には申し訳ないけど、その辺り、バランスが難しいもの。あまりヴェテランが出張っても若い人はやりにくですよ。日々好きな音楽を聴いて、ときどきちょっぴり酒を呑んで、なんの不満があるでしょうか・・・人生はそうカンタンにはいかぬもの。昨年春、継続雇用を選択せずにお仕事辞めた同世代は、今頃なにをしているのかな?別なところに上手いこと就職できたのか、それともなにもしていないのか。

 秋は深まって2018年もあと3ヶ月、一年が速いのは華麗なる加齢を重ね、自分の生きてきた時間対比率一年がどんどん低くなる計算だから当たり前。殺人猛暑もゴメンだけど、寒いのも嫌いでっせ。そろそろ上着を出さなくっちゃ。

 音楽には集中できない日々でした。恒例前月のヴェリ・ベスト。

TeldecSchubert 交響曲第9番ハ長調〜ニコラウス・アーノンクール/コンセルトヘボウ管弦楽団(1992年ライヴ)・・・古楽器の過激派!?Nikolaus Harnoncourt(1929ー2016)も鬼籍に入りました。1950年代より録音が存在して、やがてメジャーなモダーン楽器オケにも指揮者として登場、これは当時FMにて拝聴した記憶も鮮明、おそらくは同じものか編集前の生演奏会の記録だったのでしょう。揺れ動くテンポが不自然、恣意的と感じて、彼(か)の優雅なコンセルトヘボウのサウンドが台なし!そんなガッカリな出会いより爾来25年ぶりの再会、聴手の感性も様変わりしておりました。

出会いはフルトヴェングラー(1951年)彼の残した音源中屈指の仕上がり+灼熱の推進力が刷り込み、やがて浪漫派交響曲一般が苦手となって作品そのものの拝聴機会が減りました。昨日のSchumannもそうだけど、リハビリを進めているところへ濃厚なこの演奏でっせ。第1楽章 「Andante - Allegro ma non troppo」冒頭悠揚迫らぬシンプルなホルンのソロから、妙にエッチな生暖かい風情に揺れ、落ち着かず腰が浮いたよう・・・に感じたのは往年の巨匠による重厚イメージ前提だったのですね。現在なら序奏はモダーンな表現として違和感ありません。主部に入ってからの厳格なリズム感も悪くないもの。(15:50)第2楽章「Andante con moto」はゆったり沈溺するような安寧の楽章・・・のはずが、速めのテンポに浮き立つようなリズム感、これに当時は違和感があったのでしょう。劇的なスタッカートを強調しためりはりスタイルも当時は革新的でした。第3主題も優雅そのもの、推進力を失わぬ美しいもの。(13:48)第3楽章「Scherzo. Allegro vivace」スケルツォ楽章はアーノンクールの真骨頂でしょう。ごりごりと劇的溌剌、3/4拍子による巨大な舞曲風イメージ、優雅を拒否して過激な14:06、前緩徐楽章より長いのはしつこい繰り返しによるもの。ここがキモ、とアーノンクールは考えたはず。

第4楽章「Finale. Allegro vivace」は元気よろしいフィナーレ。ここもやや速めのテンポなのに14:37、前楽章よりさらに時間が掛かるのは(しつこい)繰り返しのよるもの。推進力の徹底、付点のリズムと3連符リズムの強調と明確化、続くテンションと緊張感、これを聴いちゃうとヤワな穏健派演奏など物足りなくなる・・・実演では熱狂的な興奮が渦巻いたことでしょう。

Brilliant BRL94104/CD20Telemann ヴァイオリンとフルート、通奏低音のためのトリオ・ソナタ集 トリオ・ソナタ ニ長調 TWV42: d10/イ短調 TWV42: a1/ヘ長調 TWV42: f8/へ短調 TWV42: f2/イ短調 TWV42: a4/へ短調 TWV42: f1〜ファビオ・ビオンディ(v)/ロレンツォ・カヴァサンティ(rec)/トリプラ・コンコルディ(1997年ライヴ)・・・なんとなくBachより深みが足りない、明るい印象のあるTelemann(1681ー1767)は栄光の人生だったみたいですね。Handelは学生時代からの友人、大Bachとも親しく交友があったとこと。このトリオ・ソナタは絶品!生命(いのち)躍動する快活、陰影豊かな旋律、伊太利亜古楽器の名手Fabio Biondi(1961-)は期待通り、Lorenzo Cavasanti (1964-)は初耳だったかな?これも超絶技巧にライヴらしいノリノリ、ライヴとは思えぬ親密愉悦に充ちたなアンサンブルに驚愕いたしました。もともと独逸伊太利亜問わずバロック好き、ここ最近Bach以外の作品に集中できず悩んでいたところ、久々に爽快な気分であります。

DG483-5496Chabrier 狂詩曲「スペイン」(1986年)/Faure 「パヴァーヌ」(合唱付/1986年)/Mahler 「花の章」(1977年)〜小澤征爾/ボストン交響楽団・・・「スペイン」は初耳、「パヴァーヌ」はどうだっけ?「Blumine」は幾度聴いた馴染み、後年のMahler 交響曲第1番再録音では採用されなかったもの。もう30年以上前の記録、ボストン交響楽団在任はほとんど30年1973ー2002年でっせ、立派なもの。神経質なほど緻密繊細な響きに心奪われます。以前は迫力やスケール不足、ていねい過ぎて味がない、なんて、嗜好はがらりと変わってどれも好ましく個性を受け止めました。

RCO08005Webern 夏風のなかで〜リッカルド・シャイー(1989年10月12日)/Mozart ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K495(ヤーコプ・スラフテル(hr)1988年10月16日)/Beethoven 交響曲第3番変ホ長調「英雄」〜ニコラウス・アーノンクール(1988年10月16日)〜コンセルトヘボウ管弦楽団・・・一部ちょろ聴き機会があって「コンセルトヘボウ管125周年記念ボックス(152CD)」って最強!現在馘首されたダニエレ・ガッティ後任選定中のオケは多士済々のシェフやら客演の記録が残って、どれも素晴らしい。Riccardo Chailly(1953ー)は現在スカラ座の総監督、このオケ在任は1988-2004年、後期浪漫の甘い旋律満載な「夏風のなかで」はたしかセッション録音があったはず、これは演奏会の流れだったのですね。後年の切り詰められ、寡黙かつ難解な作風に至る前の素晴らしい作品、そして心奪われる豊かなサウンド。そしてコンセルトヘボウに数多く意欲的な録音を残したNikolaus Harnoncourt(1929ー2016)によるMozart以降はコンセルトヘボウ首席(当時。現役かどうか不明)によるホルン協奏曲は朗々のびのびとして、これはオケの個性の代表イメージ、先日不本意な印象を得たBeethovenだって、速いテンポ、充実濃密サウンドな「英雄」に驚くべき集中力、旧来の大柄な演奏スタイルに非ず、これだったらもっと聴いてみたいと思わせるもの。

NEOS30802Beethoven 交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」〜ダニエル・グロスマン/アンサンブル28(2003年) ・・・今月だけでワン・パターン「英雄」(ちょろ)言及幾度目か。Daniel Grossmann (1978-)って若い世代だけれど、初演時の編成に古楽器演奏、これが快速+テンション高い熱気はノリノリ。16:26ー11:11-5:51-10:48、第2楽章「Marcia funebre: Adagio assai」は最速とか、ま、速い遅いだけで音楽の価値はカンタンに決まりまへんで。音録りの関係か(ウィーン、エロイカ・ホールーロブコウィッツ・パレス内)小編成古楽器にありがちの薄い響きを感じさせぬもの。どうしても管楽器が前面に出てバランスがよろしくなくなりがちタッシェン・フィルではそのことが気になった) ここではそんな違和感は比較的少ないもの。編成の大きなモダーン楽器による豊かな響きは現代の会場(大人数の聴衆)に相応しいけれど、もともと原点はこんな響きだったのか、納得できる成果はこんな粗野な勢いがあってこそでしょう。

(2018年10月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi