熊本城の春

コロナばかり、ネタのない鬱々内向きな日々継続中


 G(ガマン)W真っ最中、高速道路、駅、交通機関、空港もがらがら、遊園地もほとんど閉まって寂しいらしい。お気に入りショッピングセンターも入場制限が掛かっているみたいで長蛇の列、ご近所コンビニでお買い物を済ませております。

 自分はもう既に半引退身分なのに、お仕事巣ごもり需要に潤って四苦八苦”商品が足りなくて困る”状態に、調整とお詫びの日々を過ごしております。週次でお仕事は回って、祝日もなにもあったもんじゃない!お休みだったはずが朝一番に職場トップにメールして”在宅勤務”へ変更としたりして、溜まった代休を消化する目処も立ちません。こんなハズじゃなかったんやけどなぁ、コタツに座って終日、トイレ以外立ち上がることさえない、コンピュターとにらめっこして身動きなき日々、時々スマホ。どーせどこにも出掛けられないし、まともな呑み屋もほとんど開いておりません。気分転換もできず、ぼんやり2時間ドラマの再放送を眺めるくらい。

 自分は日々お仕事タイヘンでも商売は偶然巡り合わせに大繁盛して、経営的には問題なし。息子は某小売チェーン店に就職して、食料品に非ず、おそらく来客に苦労して、経営的にも厳しくなっているかもしれません。多くの人々が雇用問題に直面することでしょう。シングルマザーは生活悲惨やろな、想像を絶しますよ。日銭を稼いて商売する人々は”自粛要請”に生活が保たないことでしょう。医療関係もほとんど自己犠牲に崩壊寸前とか。先が見えんですよ、引き隠り生活の果てが。たまたま偶然、たった今現在、自ら感染していないだけでも幸いか、こんな鬱鬱とした生活がいつ迄続くのでしょうか。

 緊急事態宣言は一ヶ月延長とか、かつて経験したことのない不況が既にやってきて、人々の行動も社会構造も変化するのでしょう。騒動が治まったあともオン・ライン活用、ムダを省いた会議とか在宅勤務が定着するかも知れません。9月新学期も良い選択と思います・・・って、ネタがないなぁ、こんな話題なんの変化球も目新しさもない。

 こちら、せっかくあり余った時間に、在宅勤務はお仕事のケジメがなくて気持ち的に音楽にも集中できません。スポーツクラブは断続的に営業停止して以来体重は+1〜1.5kgが常態化、常に危険水域超え状態。自宅では朝晩ダンベルスクワット40回、バックランジ40回、前屈ストレッチしっかりおでこを地面へ、左右腰のストレッチ、そして腕立て姿勢から肘を付いてわずか30秒の維持は体幹トレーニング(のつもり)。そして短いジョギングご近所一周、それを毎日実施しても体重は戻りません。最低限の体調維持のみ。

 前月のヴェリ・ベスト。誰でも同じだと思うけれど、引き隠り生活に飽きてきました。

EMIRachmaninov 交響的舞曲(1982年)/ヴォカリーズ(1983年)〜サイモン・ラトル/バーミンガム市交響楽団・・・クラウディオ・アバドはロンドン交響楽団→ベルリン・フィルへと転出したけれど、Simon Rattle(1955ー英国)は逆コース、2017年よりロンドン交響楽団の音楽監督へ。若い頃は長期1980-1998年、City of Birmingham Symphony Orchestraのシェフを務めておりました。メジャーに話題なものを避ける性癖のある自分は、アバドもラトルもベルリン・フィル時代の録音をほとんど聴いておりません。

この作品はRachmaninovのラスト作品とか、内容はほとんど3楽章の交響曲、傑作でっせ。馴染みな哀愁の風情を湛えたまま行進曲風リズムが緊張感たっぷりな第1楽章「Non allegro」第2楽章「Andante con moto (Tempo di valse)」は不安げに怪しく甘美なワルツであり、第3楽章「Lento assai - Allegro vivace」はスケルツォ風、ほの暗く軽妙なリズムから力強いフィナーレが充実しております。「怒りの日」主題も激しく登場。アンサンブル云々ではなく、オケは少々サウンドに色気と厚みが足りぬ感じか。27歳、若者の音楽はちょっぴり前のめりに落ち着かない。「ヴォカリーズ」は稀代の名旋律、爽やかに歌われております。

ついでにネットより拾った同作品、ベルリン・フィルとの2014年ロンドン・ライヴを聴いてみました。やや”遠い”音質さておき、こちらのほうがずっと手慣れて、上手いオケ、それでも若い頃の録音に好感を得ました。

DG UCCG-52064Stravinsky バレエ音楽「春の祭典」/Revueltas「マヤの夜」〜グスターヴォ・ドゥダメル/シモン・ボリヴァル・ユース管弦楽団(2010年カラカス・ライヴ)・・・これは世間ではとっくに話題となっていた人気指揮者+作品音源。月に1-2回聴きたいお気に入り作品也。一部手厳しい辛口リスナーに評価が割れておりました。編集微修正しているだろうけれど、ライヴの熱気、オケの技量優秀圧巻の爆発、若者たちによるパワフルな勢いは気分爽快、たっぷり堪能いたしました。Silvestre Revueltas (1899ー1940墨西哥)の作品も、愛するVila-Lobosの風情に似て、南米の濃密な風情、コンガのアツいリズムに魅了される作品、なにごとも喰わず嫌いはあきまへんで。音質も極上。

SONY SBK 89844Beethoven 交響曲第2番ニ長調(1964年)/交響曲第5番ハ短調(1963年)〜ジョージ・セル/クリーヴランド管弦楽団・・・同じく洪牙利出身往年の巨匠によるBeeやん。余情を加えぬ筋肉質表現はテンション高く・・・内声部の旋律が効果的に浮かび上がって、というのも方向似ております。但し、こちらオケの技量桁違い(いえいえロイヤル・フィルだって充分立派だけれど)各パートひとつひとつの旋律フレージングに、魂のスウィングが掛かっている!わずかな息遣いの変化に浪漫の香りも漂ってアツく、快速テンポ部分のアンサンブルの精緻さも尋常に非ず。この厳しさ、正しい姿とはこれだ!という確信を感じさせるもの。

唯一の不満はやはり”音質”。自分の手持ち音源の水準+貧者のオーディオでは真価を捉えられぬだけかも。

Decca 4816856Beethoven 交響曲第5番ハ短調(2014年)/第7番イ長調(2015年)〜ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン/ニューヨーク・フィルハーモニック・・・ライヴ収録とのこと。Jaap van Zweden(1960ー阿蘭陀)がニューヨーク・フィルの音楽監督に就任したのは2018年より、その前アラン・ギルバート時代の録音。このオケはレナード・バーンスタイン時代(1957-1969)の印象が強くて、肌理の粗い熱気サウンド!そんな先入観を一掃させる、重心の低い、しっとり厚みのある重厚サウンドを聴かせます。数日前聴いた立派なBeethovenには音質の不満があって、新しい録音を求めたもの。誰でも知っている超有名作品連続、ハ短調交響曲は第1楽章提示部、終楽章も繰り返し有(こうでなくっちゃ)7:23-9:26-5:15-10:32、中庸のテンポにオーソドックスなバランス表現、極端なデフォルメやテンポ変化は伴わなくても表情は豊か、響きは明るく旧来な物々しさも感じさせない、ライヴとは思えぬアンサンブルも充実しております。

躍動するリズム感が重要なイ長調交響曲は13:56-7:46-8:25-8:36。前曲も含め、油断すると力み勝ちになる力強い作品は、慌てず前のめりにならぬ余裕の表現。独墺系古典的作品をしっかり演れたらほんまもんでっせ。このオケはずいぶんと上手くなりました。音質含め、バーンスタインのニューヨーク録音を再確認するのはちょっと怖くなりました。

94051(170CD)Mozart セレナーデ 変ホ長調K.373/ハ短調K.388〜ヘンク・デ・グラーフ(cl)/ヤン・ヤンセン(cl)/レムコ・デ・フリース(ob)/ヨハン・スタインマン(fg)/ハンス・ヴィッセ(fg)/マルティン・ファン・デ・メルヴェ(hr)/ヨス・ブールマン(hr)(2001年)・・・世間ではBeeやん生誕250年とか、せっかくのイヴェントもこれじゃ台無しでしょう。これは21世紀に相次いで登場したBach全集、Mozart全集巨大ボックス廉価発売入手の棚中生き残り、交響曲全集(ヤープ・テル・リンデン)セレナーデ嬉遊曲舞曲集のみバラ買して(外装がないし)処分できなかったもの。たしかロッテルダム・フィルのメンバーでしたっけ?

我らがヴォルフガングに駄作なし、小さい編成の管楽アンサンブルはなんともノンビリとした愉悦を感じさせるもの。ハ短調の作品はのちに弦楽五重奏曲第2番 K.406 (516b) に衣装替えして、ちょっぴり暗い緊張感がありました。演奏は極上のテクニックと音質を誇ります。ささやかなお小遣いを節約しつつLPCDを入手、日々新しい世界に馴染んでいった頃を思い出しました。

EMI 6356572Wagner 舞台神聖祝典劇「パルジファル」から第1幕への前奏曲/場面転換の音楽(第1幕)/聖金曜日の音楽/場面転換の音楽(第3幕)/ジークフリート牧歌(ロンドン交響楽団1973年)/Wolf イタリア風セレナーデ(フィルハーモニア管弦楽団1957年)〜エイドリアン・ボウルト・・・オペラ全曲は長いし、なかなか筋書き的に馴染めぬものも多いから、管弦楽のみというのも(永遠の初心者である)自分にはよろしいでしょう。幾度聴いても「パルジファル」の辛気臭い旋律には馴染めなかった・・・けれど、Adrian Boult(1889ー1983英国)の悠然たる、息の長い語り口に打ちのめされました。ロンドン交響楽団はアンドレ・プレヴィン時代、弱音主体にテンポゆったりした部分にこそ指揮者とオケの真価が問われるもの。基本歌が入らぬのは隔靴掻痒状態、全曲に挑戦したくなりました。

美しい情愛に溢れた「ジークフリート牧歌」最高、優しく、深く、しっとりとした風情にかつて聴いた記憶中ヴェリ・ヴェストの手応え。驚いたのは剽軽に闊達な「イタリア風セレナーデ」、これは管楽器を伴う珍しい編曲版なんです。どこかに詳しいコメントはないでしょうか。

IMG Artists 7243 5 75097 2 8 Schubert 交響曲第9番ハ長調 D944(チェント・ソリ管弦楽団1957年)/de Falla バレエ音楽「恋は魔術師」(パリ音楽院管弦楽団/アンナ・マリア・イリアルテ(ms)1951年)〜アタウルフォ・アルヘンタ・・・久々、ナント18年ぶりの拝聴。匿名オケはパリ音楽院管弦楽団か、音質はかなり良心的なステレオ。Ataulfo Argenta(1913ー1958西班牙)はシューリヒトの弟子筋、あまりに早い定命(じょうみょう)は残念でした。師匠譲りの軽快にスッキリとした響き、美しい歌謡的旋律充ち溢れる作品にスウィング推進力はこちらのほうが上でしょう。ヴェリ・ベストな仕上がり。14:11-13:41-10:20-11:57、テンポは中庸、繰り返しなし、って、繰返し原理主義者である自分もこの作品だけはちょっとなぁ、第1楽章提示部だけで良いかな、と(噂ではハインツ・レーグナーが全部繰り返しているとか?ほんまですか)。寡作なde Fallaはアルヘンタの十八番、南欧の香りたっぷりな旋律リズムは大好きだけど、これはモノラルが残念でした。

(2020年5月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2020年4月2020年3月2020年2月2020年1月2019年12月2019年11月2019年10月2019年9月2019年8月2019年7月2019年6月2019年5月2019年4月2019年3月2019年2月2019年1月2018年12月2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi