熊本城


 6月は祝日が一日もなくて、順調に梅雨らしい梅雨、そして気温も上がって区切りよろしく土曜がラスト。あっという間に終わってちゃんと夏がやってきました。若い頃は夏が好きだったなぁ、現在でも冬より好きなのは北海道の厳しい冬を知っているから。ご当地名古屋(近郊)の猛暑は噂以上、2013年3月末にこちらに転勤転居してその年の夏に敗北、夫婦して夏バテ、ダウンして寝込んだもの。もう丸5年以上過ごして定年退職を迎え(いちおうそのまま)継続雇用の現在に至っております。職場まで徒歩3分ほど、逆方向に徒歩3分のスポーツクラブと契約したのは2015年7月、以来丸3年週数回の鍛錬継続して、なんとか、辛くも華麗なる加齢症状に抗がっております。

 先月は平日夜契約16回!お休みしたのは一度だけ(職場呑み会参加)定額4,500円(税抜)だから安いもんでっせ、これで大浴場でもあれば文句ないんやけど・・・規則正しい生活と云うか、変わり映えせぬ日々と云うか、毎日それなりに面白く、マンネリでもあります。60歳定年前年はもうお仕事辞めるつもりに日々悩んで鬱々「これから先どーする?」〜結果的に安易に継続雇用希望して(お給料のみ下がって)それ以外、ほとんどお仕事水準テンションも変わらぬ生活、矛盾を先延ばしにしたのみ。地域密着型のお仕事再就職に成功した女房殿も、あまりの激務に来春にはお仕事を辞める決意を周囲に伝えております。大阪に一人暮らしの母親が心配なんです。

 微妙な体調不良はここ数年継続、それでも現状生活にも困らず、息子が独り立ちした10年ほど前よりそれなり慎ましい生活、身辺整理を継続させております。たまたまあちこち転勤も続いて、持ち家もなし(若い頃にマンションは処分済のまま)老後の住まうところ、生活のあり方も見えておりません。欲しいものはないなぁ、なにも。できるだけ美味しいものを食べるのが希望、美しい音楽、見聞の幅を広げる読書、テレビドラマは現状で充分堪能しております。今月「近況」のネタがない、いえいえ毎日の「音楽日誌」だってネタ切れの愚痴連続、商用ブログと異なってアクセス解析など意識的にしなければわからない【♪ KechiKechi Classics ♪】、せめて”話を盛る”ことをしないのがぎりぎりの矜持。”インスタ映え”させるために生活を変えるのは本末転倒でしょう。

 ネタ切れでも愛用のパソコンの前に座れば、すらすらと上記3パラフレーズくらいは書けて、文章執筆も趣味のひとつ、ノーミソ鍛錬なのでしょう。今日も暑くなりそうだ。 

 先月のヴェリ・ベスト。”云々月間”は止めて、日々思いつきの音楽拝聴に戻ってしまいました。

DG R.Strauss 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」/「ドン・ファン」/「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」〜ヘルベルト・カラヤン/ベルリン・フィル(1972-73年)・・・棺を蓋いて事定まるとはこの人のこと。”巨人カラヤン卵焼き”とかつて云われ(ウソ)生来の天の邪鬼性格であるワタシは現在でも連敗に溜飲を下げる”アンチ・ジャイアンツ”、若い頃は”アンチ・カラヤン”だったのも酸っぱいブドウだったのでしょう。最晩年の枯れた風情に耐えきれず、”カラヤンはフィルハーモニア時代迄が最高!”と意気がってみても、彼(か)の音質に耐えられません。1960ー70年代の鼻持ちならぬ勢いと色気こそ、今となっては懐かしいもの。10年後に再録音有。

世評を検索してみると音質云々言及があって(期待ほどじゃないとか)その辺りこちら縄張りの外。デーハーな作品をギラギラするような威力あるオケが文句なく爆発して、”味わい系称賛”もちょいと虚しくなるほど。心身ともに元気だったら、こんなわかりやすい演奏が快感に決まっている!カラヤンのR.Straussは断片的に聴いてきて、こうしてまとまった音源を聴くと馴染みの作品旋律に”一聴、彼の個性”がはっきり表出、そのわかりやすさ、各パートの個性的な音色(とくに管楽器)に惚れ惚れいたしました。

2L 2L068SABDGrieg 組曲「ホルベアの時代より」/2つのノルウエイの旋律(ロツベルグ(v))/Emilia Amper(1981-)アブレジェ(arr.J.L.Rusten)(アムベル(ニッケルハルパ))/Gjermund Larsen(1981-)ディプロム(ラーシェン(フィドル))3曲〜オイヴィン・ギムゼ/トロンハイム・ソロイスツ(2009年)・・・ノルウエイのアンサンブルはムターと「四季」を録音しておりました。(未聴)ネット情報によるとノルウェーの古都、トロンハイムの音楽院の弦楽器奏者たちにトレーニングの場を提供することを目的として1988年、ビャルネ・フィスクム(リーダー)が創設した室内オーケストラ、とのこと。

躍動する「ホルベア」、これは大好きな擬バロック風作品、トロンハイムの(おそらく)若者たちは技巧的に文句なし、もちろんアンサンブルも優れていても、表層を整え洗練された美音に非ず、ザラリとした触感を以て”勢い”重視、懐かしい旋律をたっぷり堪能いたしました。注目は後半、Emilia AmperとかGjermund Larsen、初耳。これが泥臭い民族的な旋律リズムに溢れて(もちろんKhachaturianとはお国も個性も違うのは当たり前)nyckelharpaとかフィドル(洗練されない響き?なヴァイオリン)の粗野な音色の魅力と相まって、きっと北欧の伝統的な音楽に基づいているのでしょう。最高。

RCA75605513182Mahler 交響曲第5番 嬰ハ短調〜ダニエレ・ガッティ/ロイヤル・フィル(1997年)・・・かなり以前より気になって、拝聴機会がなかった若い頃(36歳)の録音。旬の伊太利亜人指揮者Daniele Gatti(1961ー)は現在コンセルトヘボウの首席、このオケでMahlerが振れなかったらお話になりまへんで。これはロイヤル・フィルのパワフルな金管を活かして、ドキドキするほど躍動感に溢れた演奏、テンポの揺れタメも爽やか、重くならぬ若者らしいパワフル個性全開。官能的な第4楽章「Adagietto. Sehr langsam(非常に遅く)」にも清潔感がありました。往年のRCA録音はお見事、現在入手困難なCDでしょうか。それなりボリュームを上げて堪能いたしました。お気に入り作品中のヴェリ・ベスト。

RCA BVCC-37214Mozart クラリネット協奏曲イ長調K.622(イギリス室内管弦楽団)/クラリネット五重奏曲イ長調K.581(東京クヮルテット)〜リチャード・ストルツマン(cl) (1990年)・・・名人Richard Stoltzman(1942ー)は未だ現役、来日もしているみたいです。RCA音源はぼちぼち復活して、これも現役。東京SQは皆若い!第1ヴァイオリン・ピーター・ウンジャンは腕を痛めて指揮者に転身して・・・みたいな話題のずっと以前の記録。吹き振りの協奏曲は遅めのテンポ(とくに第2楽章「Adagio」)に細部ニュアンスを込め表現の幅も豊かなクラリネット、諦観に充ち、平穏清明な境地に至った稀代の名曲を色彩感さえ感じさせてお見事。室内楽は陰のように寄り添う弦楽が華やかなソロを引き立てて、クラリネット作品の最高峰を実感させて下さいました。

Anna Vinnitskaya(1983-)Bartok ピアノ協奏曲第1番/第2番/第3番〜アンナ・ヴィニツカヤ(p)/マレク・ヤノフスキ/ベルリン放送交響楽団(2016年ベルリン・フィルハーモニー・ライヴ)・・・Anna Vinnitskaya(1983-)は露西亜出身の若手、別嬪はんやなぁ、意識して彼女の演奏を聴いたのは初めてかも。これはネットから入手した音源、音質良好。硬派暴力的サウンドが快感な名曲3曲揃えた演奏会、美しく瑞々しく豊かな音色と技巧で聴かせてくださる快演。ド・シロウト印象ではリズムと色彩のみ、旋律を感じさせぬ?第1番にリリカルな民族的な”歌”をしっかり感じさせてくださいました。金管のみ華やかな伴奏に始まる第2番第1楽章もきらきら輝くよう。平易穏健にわかりやすい第3番も同様・・・すっかり気に入ってネット上で彼女の音源を探しているところ。ヤノフスキの伴奏が充実して凄いんです。いくら盤石の鉄板演奏でもゲザ・アンダ/フリッチャイは半世紀以上前でっせ、こんなステキな若手が名曲に新たな光を当ててくれることに感謝。

(2018年7月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi