曇り空だけれど二度目の駅前桜、咲きました

そして、一年に感謝


   サラリーマンにとっての新年が始まっております。

 クラシック関連サイト(ブログ)ご同輩(ほんまに同世代)に異動が多くあるようです。職場を早期退職され、自分なりの新しいお仕事を模索される人、所属する会社が(自分の意志ではなく)変わる方、単身赴任される方・・・様々の出発。これを期にブログを休止される方もいらっしゃいました。残念。

 ワタシは営業の担当エリアを神戸→金沢と変更となり、引き継いでいる真っ最中。散々トラブルとご迷惑をお掛けした取引先だけれど、ま、最後ということもあってか、または、お愛想か?残念がって下さること!お取引先は年度末の「有休消化命令」が出ているそうで、順繰りまとめてお休みを取られているから、定例パターンのご商談は後ろにずれていたんです。で、内部引継が一部先行して、新人の名前で連絡メールを送付したら速攻!でお電話が〜「替わるの?」と。それはそれでそれなり、お互い馴染んでしまったのか。

 新しい担当エリアには(一年前同様)カルチャーショックの連続だけれど、この一年の苦戦苦労試練はムダじゃなかった、と思いますね。内部的な誹謗中傷(誤解を受けやすいタイプ故)でちょっとヘコんだりしたが、意気揚々と新しいお仕事に臨みましょう。ワタシの元・お仕事は(おおよそ)二人に引き継いだけれど、ビビってますね。ヴェテランに一年間二人分やらせるなっ、てな感慨です。”花冷え”で体調崩しやすい時期だけれど、キモチ的に張っております(咽がちょっと痛い)。

 金沢には既に2度伺い、大阪から遠い!ということ、取引先の難しさ(決定意志の在処がわからない)がぼんやり見えてきております。情勢的に逆風なので、まず商売をちゃんとしないと。先日、ちょっと残って飲んだけど、酒も肴も旨いですね、ご当地は。ダイエットを意識しないとエラいことになりそう。自戒しましょう。でも、精神的にゆったり、たくさん音楽を聴ける状況に戻って参りました。

 オークションにてのCD在庫精査作業も概ね順調に継続中です。【♪ KechiKechi Classics ♪】読者に深く感謝。(本年もエイプリル・フールネタの余裕なし)

■【♪ KechiKechi Classics ♪】2008年3月の振り返り。(ほんまはもっと一杯次点があるんだけれど)

BBCMusic BBCL-4004-2 1,029円ヴェリ・ベストは2月に続きMahler であって、交響曲第3番ニ短調〜ジョン・バルビローリ/ハレ管弦楽団(1969年マンチェスター/フリー・トレード・ホール・ライヴ)・・・これは驚異的な名演奏、そして録音でした。悠々とゆったりめのテンポ、細部明快詳細に描き込んで、曖昧に流したようなところは一切なし。ライヴならではのちょっとしたミスタッチないでもないが、アンサンブルの集中、オケが鳴りきって信じられぬほど充実しております。目隠しで聴けば”ハレ管!?”とはまず気付かない。どの楽章も優しい歌に溢れて暖かく、そして平易。わかりやすい。明るい。楽しい。

EMI 724356976122  2枚組諸経費込みで850円ほど?もう一発、Elgar 交響曲第1/2番〜ベルナルト・ハイティンク/フィルハーモニア管弦楽団(1983/84年)・・・メリハリがあって非常にわかりやすい。この人はムリムリ強引な表現する人じゃないし、英国音楽としての含羞抑制矜持を感じさせつつオケがとても上手いとの手応え有。指揮者のマジックでオケの響きはくすんで、鈍く輝くのですね。楷書であり、細部まで丁重に描き込んで、大きな呼吸は繊細です。スケール、迫力にも不足しない。ボウルト盤(1976年)の剛直骨太、濃い墨の筆字で仕上げたような演奏にも感銘深かったが、ハイティンクの自然体、練り上げられた円熟も素晴らしい。通勤電車中で陶然恍惚としておりました。

(2008年4月1日)


●以前の「近況」です●最新の「近況」
2008年3月● ●2008年2月● ●2008年1月● ●2007年12月
2007年11月● ●2007年10月● ●2007年9月● ●2007年8月
2007年7月● ●2007年6月● ●2007年5月● ●2007年4月
2007年3月● ●2007年2月● ●2007年1月● ●2006年12月
2006年11月● ●2006年10月● ●2006年9月● ●2006年8月
2006年7月● ●2006年6月● ●2006年5月● ●2006年4月
2006年3月● ●2006年2月● ●2006年1月● ●2005年12月
2005年11月● ●2005年10月● ●2005年9月● ●2005年8月
2005年7月● ●2005年6月● ●2005年5月● ●2005年4月
2005年3月● ●2005年2月● ●2005年1月


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi