長久手時代行きつけだった富山料理の店/残念

大阪府大東市へ転居・新生活へ


 2月の中旬に長久手市より大東市へと転居いたしました。朝方荷物を運び出したトラックは3時間も経たずに到着したものです。全国的に大雪が話題となって、こちら雪はないけれどたっぷり冷え込む時期に落ち着かぬ生活、心身ともに疲労がつのりました。膝や腰に鈍い痛み、全身倦怠感は続いております。コロナには辛くも偶然縁はなくて、体調がよろしくないのはおそらく花粉症+環境の変化による微妙な鬱症状かも。ぼちぼちご当地で耳鼻科など探しましょう。

 転居の本旨は母(92歳)の介護。現役時代尼崎市在住時には電車で一本、女房殿は実家の父と姉の最期を看取りました。長久手市在住9年間に北海道の両親を相次いで失って、そして自分はお仕事完全引退を迎えました。女房殿は月に一回ほど大阪に通って母の様子を看て、自分のお仕事のケリがつけば、転居先は他に選択肢はなかった。大東市は人口12万人弱。かつて飯盛山城があったらしくて、それは三好長慶の居城。永禄3年(1560年)入城、永禄7年(1564年)没。室町末期戦国時代の武将とのこと、大東市役所に像があるんだそう。現在そんな歴史の風情情緒は感じられぬ、お隣の東大阪同様準工業地帯、けっして環境のよろしいところに非ず。でも大阪中心部まで交通至便だから意外と人気はありそう。若い人やこどもたち、それなりに見掛けます。少年野球が盛んみたい(甥も参加)大阪産業大学も有。(現在春休み中。受験もありました)

 母親は足腰弱っても元気らしくて、自転車で10分ほどの距離、これでまずは一安心でしょう。女房殿は頻繁に通って、ガラケーの契約変更が当面宿題となっております。こちら家具とか種々いろいろ廃棄、それは転居のたびに繰り返してきたこと。随分荷物は減らしたつもりでも、いざ新居に移ると断捨離はまだまだ不充分であったと反省いたしました。ミニマリストは目指さないけれど、もったいない、使えるかも、思い出がある、そんな煩悩からなかなか逃れられぬのも事実、現在さらに、ますます廃棄を進めている真っ最中。新しいものの入手には慎重な節約生活。元気なうちに美味しい喰いものには贅沢したい。

 日々の料理とか市立体育館への鍛錬とか、一応以前同様の日常生活には戻りつつあって、ネット環境はようやく本日開通。仮のToneMobileのUSB接続テザリングは使い過ぎて接続速度異様に遅く、10日ほど苦戦いたしました。4月には二人目の孫のお宮参りがあるから。それまでにコロナが沈静化して、心安らかに熊本に出掛けられることを祈りましょう。自分の宿題は見知らぬ土地での引き隠りを脱却することですよ。新しい社会と接点開発はいまのところ目処が立っておりません。数日後に誕生日を迎えて正式にサラリーマンの身分より離脱いたします。

 転居しても変わらず恒例の前月ヴェリ・ベスト振り返り。

Mercury LPBartok 管弦楽のための協奏曲〜アンタル・ドラティ/ミネアポリス管弦楽団(1953年)・・・1月に聴いていて曰く

”Mercuryによる期待の旧モノラル録音、これは悪い音じゃないが、わざわざ求めて聴くべき音源に非ず”
とは失礼な言い種。転居後の部屋は堅牢なるコンクリート壁、ボリュームを上げて聴くと鮮明な分離を堪能できて、単に”ステレオではない”だけの優秀な音質を堪能できました。うっかり聴いていたらモノラルとは俄に気付かぬほどの各パートの存在感。例の如し、かっちり飾りのないストレートな演奏を堪能、この時期のミネアポリス交響楽団の技量もたっぷり愉しめました。引き続きStravinsky バレエ音楽「春の祭典」(1951年)も確認して、これもまったく同じ印象でした。

MELCD1002170Vaughan Williams 交響曲第7番(南極交響曲)〜ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー/ソヴィエット国立文化省交響楽団/エレーナ・ドフ=ドンスカヤ(s)(1988−89年レニングラード・ライヴ)・・・露西亜のRVW!?こんな録音の存在を初めて知りました。Gennady Rozhdestvensky(1931ー2018)は英国での活動も多かったのでその流れだったのでしょう。露西亜はもちろん英国以外の全集録音はほかではなかったと記憶します。音質はまずまず、これは映画音楽「南極のスコット」をベースにした作品、冷たい情景が広がる散文的な旋律連続、雪女風ソプラノ+オルガンは巨大なる氷壁を連想させ、木管やハープの繊細な響きはダイヤモンド・ダストを思わせるもの。朗々と雄弁、隈取のはっきりとした強弱、例の金管のお下品な響きは控えめに力強さに不足はない、さほどに暑苦しい違和感もない立派なアンサンブル。10:08-5:25-9:02-4:56-8:31。

Brilliant BRL99934Rimsky-Korsakov 交響組曲「シェエラザード」/音画「サトコ」/歌劇「サトコ」より「インドの歌」〜ロリス・チェクナヴォリアン/アルメニア・フィル(1991年)・・・これも入手十数年、いまや入手困難なCDかも。(ASV原盤)カルヴァ−ハウスの明晰クリア、陰影とは無縁な録音+残響少なめ、オケそのものが乾いた響きなのでしょう。ローカルなオケは昔から大好き、首都エレヴァンのオケは粗野、迫力たっぷりに金管+ピッコロの高音が強調され、意外としっかりとした演奏でした。(最終楽章トランペットのタンギングとか)シュヴァルベ辺り念頭にあればヴァイオリン・ソロには少々色気と潤い不足、全体にオケの力不足は否めないけれど、燃えるようなオリエンタル旋律への情熱には共感ありますよ・・・とは2017年の感想。

Loris Tjeknavorian(1937ー宜蘭)は維納にて学んだ亜美尼亜人。ご高齢だからもう活動されていないかも。息子のエマニュエルの録音を最近見掛けるようになりました。5年ぶりの拝聴は上記印象と寸分違わない。ホールトーンを活かして質実自然な響き・・・とは無縁な解像度高いデーハー熱気サウンド、全力一気呵成に突き進んで四の五の云わせんよ!的爽快さに充ちておりました。そんな個性も似合う名曲と思います。9:27-12:21-10:23-11:27。(サトコ2曲は)11:27。3:31。

DGStravinsky バレエ音楽「春の祭典」〜マイケル・ティルソン=トーマス/ボストン交響楽団(1972年)・・・MTT26歳伝説の録音のひとつ。音質オケの技量、リズムの知的な切れ味、輝かしいサウンド、自然な解像度とも文句なし。若手新人の完成度水準じゃないっすよ。その筋の詳しい人によると終曲「生贄の踊り」ラスト辺りピッコロ・トランペットが先走っているとか、「部族の遊戯」のトゥッティ、「誘拐の遊戯」で要求される金管(特にラッパ)の細かいオブリガードには、かなり辛い瞬間もある・・・とか、ド・シロウトにはそんな細部はまったく理解の外、小澤就任直前のオケの技量・色彩・若い勢いをたっぷり堪能いたしました。16:08-17:52。

CHANDOS LPR.Strauss 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」/交響詩「ドン・ファン」/歌曲「母の自慢(Muttertandelei)」/「ツェツィーリエ(Cacilie)」〜ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団/フェリシティ・ロット(s)(1987年)・・・ネーメ・ヤルヴィのR.Straussは「英雄の生涯」を聴いていて、ほか主要作品の録音の存在を知りませんでした。剛直な金管爆発!イメージな”ツァラ”、ましてや迫力父ヤルヴィでしょ?期待想像とはちょっぴり外れてやや抑え気味、バランス重視に始まって徐々にエンジンが掛かって、細部響きは解像度クリア、意外なほど細身にクールでした。仕上げは入念、自分は冒頭ばかり著名な作品を難解と考えていて、作品全貌をつかむのにずいぶんと聴き込みが必要だったと記憶します。先日「新世界」を聴いてオケの技量を見直したけど、ここでも上手いなぁ、父ヤルヴィの薫陶の賜物でしょうか、緻密なアンサンブルに金管の迫力爆発に不足はありません。響きも濁らない。「ドン・ファン」も艷やかな響きはクール、独墺系厚みのある響きに耳慣れていると、その辺りの不足(弦)を気にされる方はいらっしゃるかも。金管の分離は爽快、素直な音色は好きですよ。短い歌曲集はロットの美声に親密なもの。

DECCA 4524962Mozart 交響曲変ホ長調 K.16(旧第1番)/イ短調 K.16a「オーデンセ」(擬作)/ニ長調 K.19(旧第4番)/へ長調 K.19a(K.A.223)/変ロ長調 K.22(旧第5番)/ ニ長調 K.32「ガリマチアス・ムジクム」/ハ長調 K.35「第一戒律の責務」/ニ長調 K.38「アポロンとヒュアキントス」〜クリストファー・ホグウッド/アカデミーオブ・エンシェントミュージック/ヤープ・シュレーダー(v)(1978-85年)・・・こういった全集物にしっかり向き合えるのが引退身分の良いところ。最近忘れられたようなアナログ末期からディジタル初期録音、もう40年以上前となって、Christopher Hogwood(1941ー2014英国)も鬼籍に入りました。アダム・フィッシャーの全集を点検して、交響曲第32番ト長調 K.318が含まれていないことに驚き!

こちらオペラの序曲セレナーデなど他、交響作品っぽいのをすべて録音して、これが一枚目。第1番にラスト交響曲「ジュピター音形」出現する不思議。「オーデンセ」は当時新発見!と騒がれたもの、やがて真作ではないと判定され、現在では滅多に聴けぬ貴重な作品であります。FMから散々聴いた「疾風怒濤風」名曲、いくら天才とは云えこどもの作風に非ず、符点のリズム劇的な旋律はちょいと、いつもの風情とは違う名曲でした。闊達な古楽器技量に鮮明な音質は快く、速めのテンポに軽やかなリズムは快調、現役。なんせラインスドルフ以来知名度薄き初期作品も細部旋律馴染み、天才に駄作なし。ウキウキしながら拝聴中です。変ロ長調 K.22(旧第5番)辺り、深い陰影は10歳神童の才能は驚異!

(2022年3月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2022年2月2022年1月2021年12月2021年11月2021年10月2021年9月2021年8月2021年7月2021年6月2021年5月2021年4月2021年3月2021年2月2021年1月2020年12月2020年11月2020年10月2020年9月2020年8月2020年7月2020年6月2020年5月2020年4月2020年3月2020年2月2020年1月2019年12月2019年11月2019年10月2019年9月2019年8月2019年7月2019年6月2019年5月2019年4月2019年3月2019年2月2019年1月2018年12月2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi