金沢21世紀美術館

自然への関心が薄れていくこと、日常の感覚の退化


 そろそろ紫陽花が青く育ってきて、もうすぐ色付いて梅雨となるのでしょう。5月は爽やかな季節、GW最中は久々の風邪(咽が腫れた)に苦しみ、半日休んで通院しただけ、なんとか、辛くもお仕事は毎日、粛々とクリアいたしました。エラいでしょ、って、フツウのサラリーマンなら当たり前のこと。たいしたお仕事でもないのに、精神的に余裕を失っていたのでしょう。「金環蝕に興味はない」と「音楽日誌」に書いたら、読者より「自然への関心が薄れていくことは日常の感覚の退化」「大自然の驚異への関心・・・音楽への感受性ともつながるように」との鋭いご指摘有。

 まったくその通り。もう読書なんてぜんぜんしていないし、ぼんやりテレビばかり見ている日々。音楽への集中力をすっかり失って【♪ KechiKechi Classics ♪】 の更新頻度もますます減っております。もうお仕事先が見えている年齢、幸い無借金無財産生活、一人息子も自立しているし、がつがつ働く必要もなし、もっと余裕を以って、愉しんで毎日を過ごしたい・・・はずだったのに、こんなんではアカンなぁ。”追い込まれてる”ような毎日に慄(おのの)く日々。しあわせ、人生を愉しむためには、もっと工夫して、バランスいろいろ考えて努力せんと。

 さすがに風邪最盛期には数日サボったが、ウォーキングは継続してますよ。この季節、早朝の空気はほんまに爽快。ほんの15分ほど、早朝であまり人もいないし、歩きつつ上半身ストレッチ(首含む)、途中時点で鉄棒など利用して下半身ストレッチもしております。両腕ぐるぐる回転前後各々40回づつ、けっこう工夫はしているんです。起床時に腹筋+腰の運動も必ず実行。真面目でしょ。

 精神の貧困を反省して香雪美術館に行きました。ほんまもんの芸術品は実物に接してこそ実感できるもの。しかも狩野派でっせ、室町〜江戸時代迄、流派もいろいろ。御影辺りの高級住宅街も素敵でした。そういえば(風邪にて苦しみつつ)金沢21世紀美術館にも行ったっけ、凄く混んでました。ちょっと趣味嗜好が異なるので、やはり日本画のほうに親密を感じたけれど・・・美術館辺り(兼六園とか石川門とか)の風情が素敵なのは言うまでもありません。

 やたらと酒席が多くて、しかも若いもん同行だったので、ずいぶん出費したような?胃の調子がよろしくないのは、そのせい+女房殿法事にて母親と東北ツアー敢行、10日ほど俄独身乱れた食生活の影響もあったのでしょう。反省。外食3日続くと味が濃くてあきまへんな。

 先月のヴェリ・ベスト。

Brahms 間奏曲集〜グレン・グールド(p)(1960年)・・・繊細に揺れ動いて、ウェットでも重厚でもないのに、この瑞々しい表情はなんという完成度。浪漫とは無関係なイメージが彼にはあるけれど、聴き手の耳を釘付けにする魅力横溢。

Mozart 交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」〜ネヴィル・マリナー/ジ・アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ・・・旧PHILIPS録音1970年頃?例の演奏家クレジットのない音源サイトより。英ARGO辺り出始めの音源には心震わせて彼らの演奏を聴いたものだが、やがてメジャーになって大量録音、PHILIPS→EMIに遷った辺りから興味を失いました。あまりにオーソドックス、当たり前・・・これが現在の耳で聴くと、その”当たり前”=バランス感覚こそ新鮮、幾度聴いて厭きることはありません。自分の嗜好の変遷に驚くばかり。敬愛するヴォルフガングの作品なのに、後期交響曲集はあまりに馴染みすぎてここ最近、聴く機会も激減状態。久々、第35番「ハフナー」以降全部拝聴いたしました。満足感と達成感たっぷり有、96kbps(とやらの)音質は自主CD化して自宅コンポにて再生は厳しいんだが、iPodだったらこれで充分でしょう。

●Paul Paray / Cento Soli Orchestra 「in concert」〜Berlioz: Benvenuto Cellini Overture, Damnation of Faust excerpts; DELISLE: La Marseillaise(聴衆の歌入り); Dukas: The Sorcerer's Apprentice; Franck : Symphony in d ・・・ Paul Paray / Cento Soli Orchestra 「in concert」フリーで拾える音源でして、まさしく、間違いなくライヴ(ステレオ)音源。セント・ソリ管弦楽団ねぇ、録音だけかと思ったら演奏会もあったのか。アンサンブルやや粗く、馴染みの快速テンポにて疾走する、明るくも爽快なる演奏連続!なんかもの凄く祝祭的な雰囲気溢れてまして、まるで”プロムス”ラスト・ナイト、みたいな感じですよ。やや辛気くさい?と感じていた交響曲ニ短調も推進力抜群+明るいサウンドにて気持ちよく拝聴いたしました。

EMI icon 6986672/8枚組 総経費込3,100円ほどで入手 久々真面目に、全部きっちり拝聴〜Bach 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001(1954年)/パルティータ第1番ロ短調BWV1002(1956年)/ソナタ第2番イ短調BWV1003(1956年)/パルティータ第2番ニ短調BWV1004(1954年)/ソナタ第3番ハ長調BWV1005(1956年/パルティータ第3番ホ長調BWV1006(1955年)〜ナタン・ミルシテイン(v)・・・2時間以上たっぷり。1970年代のDG再録音は聴いたことがありません。旧録音はどーの云々論評もあるようだが、音質良好だし、テクニックのキレも最高、凛として気品のあるフレージング、端正な表現に陶然といたします。平易わかりやすい歌謡的旋律+リズムを堪能させて下さいました。たったヴァイオリン一挺にて、宇宙的広がりを感じさせて下さる名曲、名演奏。同時期録音シゲティは世評人気高いのに、こんな美しい演奏がどうして話題にならなかったの?不思議です。

(2012年6月1日)


●以前の「近況」です●最新の「近況」
2012年5月● ●2012年4月● ●2012年3月● ●2012年2月● ●2012年1月● ●2011年12月● ●2011年11月● ●2011年10月● ●2011年9月● ●2011年8月● ●2011年7月● ●2011年6月● ●2011年5月● ●2011年4月● ●2011年3月● ●2011年2月● ●2011年1月● ●2010年12月● ●2010年11月● ●2010年10月● ●2010年9月● ●2010年8月● ●2010年7月● ●2010年6月● ●2010年5月● ●2010年4月● ●2010年3月● ●2010年2月● ●2010年1月● ●2009年12月● ●2009年11月● ●2009年10月● ●2009年9月● ●2009年8月● ●2009年7月● ●2009年6月● ●2009年5月● ●2009年4月● ●2009年3月● ●2009年2月● ●2009年1月● ●2008年12月● ●2008年11月● ●2008年10月● ●2008年9月● ●2008年8月● ●2008年7月● ●2008年6月● ●2008年5月● ●2008年4月● ●2008年3月● ●2008年2月● ●2008年1月● ●2007年12月● ●2007年11月● ●2007年10月● ●2007年9月● ●2007年8月● ●2007年7月● ●2007年6月● ●2007年5月● ●2007年4月● ●2007年3月● ●2007年2月● ●2007年1月● ●2006年12月● ●2006年11月● ●2006年10月● ●2006年9月● ●2006年8月● ●2006年7月● ●2006年6月● ●2006年5月● ●2006年4月● ●2006年3月● ●2006年2月● ●2006年1月● ●2005年12月● ●2005年11月● ●2005年10月● ●2005年9月● ●2005年8月● ●2005年7月● ●2005年6月● ●2005年5月● ●2005年4月● ●2005年3月● ●2005年2月● ●2005年1月


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi