京都のギネス・バーにて

偉大なるワン・パターンな日々も秋へ


 悲惨な大水害の7月、殺人猛暑(←ジョーダンじゃない)の8月も過ぎて、ぼちぼち台風が心配な季節となりました。コロナは相変わらず頑張っているようです。女房殿は息子一家の小松→熊本転居引っ越し手伝いやら、大阪の婆さんのところに出掛けたけれど、自分は例の如し出勤したり在宅勤務だったり、5月連休の代休を断続的に消化して、どこにも出掛けておりません。ここ数か月一度も公共交通機関を使っていない。ま、コロナ禍に国民全体が自粛して、自分なんかけっこう馴染みの居酒屋に数回、冷たいビールやら美味い魚を喰ったりしておりました。贅沢なもんでっせ・・・

 ・・・とは一年前2020年9月の「近況」。まる一年経っても、ほとんど代わり映えしていない引き隠り半引退生活、日々更新する「音楽日誌」内容も偉大なるワン・パターン。せいぜいノートパソコンが不調になって、OSを入れ直したくらい。女房殿はワクチン接種2回を武器に熊本訪問して待望の孫の世話、自分も同様にワクチン接種を済ませてなんとか元気、コロナ感染が全国最悪に広がったのはオリンピックも一因なのか(ちがう!と政府与党関係者は強弁)まんぼう?緊急なんとか宣言に恒例の居酒屋贅沢もならず、美味い酒肴も夢物語、不味いノン・アルコールビールなんて、求めて呑みたくもありませんよ。こんな時期に最悪の雨模様に薄ら寒い気候も続きました。オリンピック、パラリンピック、アスリートの奮闘努力はテレビで愉しみましたよ。

 こんな生活もう限界!それでもコロナ感染症状は怖い。診断も入院もなかなかできない自助努力必須な医療状況ですから。取引先のご担当一家が感染して、いよいよ身近な人に広がっている恐怖をリアルに感じたものです。

 一ヶ月ほど前に発症した心房細動?!ならぬ上室性期外収縮は一ヶ月間経過(ワクチン接種の副反応か、エビデンスはない)服薬しつつ週6日おそるおそるスポーツクラブ+市立体育館控えめに鍛錬継続中、明日大学病院へ再々診となります。ドキドキしているだけ、不快感も体調不良もありません。膝の調子まずまず、某?アレルギーの鼻水痰症状も最悪状況ではありません。体重は残念な前年比+1〜1.5kg増傾向続いてだらだらと2021年は過ぎつつあります。残り4-5ヶ月≒完全引退までの執行猶予期間は迫ります。おそらくは自分が職場から去ったあとにも、コロナはしつこく社会に残るでしょう。好きに呑み歩けるようになるまで健康を維持して鍛えることにしましょう。

 

 恒例前月ヴェリ・ベスト。暑いと集中力を失いがちなのは前月同様です。

LPデザインStravinsky バレエ音楽「春の祭典」(1967年)/バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版/1969年)〜ズービン・メータ/ロサンゼルス・フィル・・・ Zubin Mehta(1936ー印度)も85歳、これは30歳そこそこ若き日の鮮烈な記録。定位やら奥行き空間は少々不自然でも、英DECCAの音質は21世紀に現役です。オケはパワフルな華やかさがあり、力量充分だけど、緻密なバランスに非ず、粗野なエネルギーに充ちて、それが作品のバーバリズムに相応しく似合って聴手をたっぷり興奮させます。若い逡巡のない勢いは。後年の幾度ある録音に失われてしまったものでしょう。ピエール・ブーレズの知性も素晴らしいけれど、”音楽を愉しむ”原点を思い出しました。

NIMBUS NI 5322Rachmaninov 交響曲第2番ホ短調/ヴォカリーズ〜尾高忠明/BBCウェールズ・ナショナル交響楽団(1991年)・・・15年ぶりの再聴。尾高 忠明さん(1947ー)は現在大阪フィルの音楽監督、このオケには1987年に首席就任、一躍実力を上げました。鬱蒼として甘く、濃厚にカッコ良い作品はお気に入り、たいていどんな演奏だって感動間違いないけれど、これは頭抜けた魅力満載な表現、切々とした説得力はパワーやデーハーな技量がすべてではない!ことが理解できるもの。甘い素材に甘い表現を被せない、ウェット控えめな世界にたっぷり魅了されました。18:48-10:03-15:39-15:13。絶品「ヴォカリーズ」は5:52。

Dutch-Concert-Rostrum_1986Bruckner 交響曲第1番ハ短調〜セルジウ・コミッシオーナ/オランダ放送フィル(1986年ライヴ)・・・これは珍しいLP音源、音質も演奏も良好です。Brucknerは第1−3番(0番00番)+6番を苦手として拝聴機会は少ないもの、Sergiu Comissiona(1928ー2005羅馬尼亜→亜米利加)はこの時期、放送フィルの首席だったのですね。レパートリー的に縁が薄そうだけれど、ライヴとは思えぬ端正パワフルなアンサンブルはオーケストラ・ビルダーの面目躍如、Brucknerの個性発揮が未整理な印象の作品をしっかり、魅力的に聴かせてくださいました。作品そのものに開眼。12:47-13:40-9:08-14:12。

もう一発珍しいの。■ネットより入手Bruckner 交響曲第8番ハ短調(オリジナル版)〜マルティン・ジークハルト/北オランダ管弦楽団 (Noord Nederlands Orkest)(2019年ライヴ)・・・ネットより入手したライヴ音源は一本ファイル1:34:18楽章間拍手含む。音質はまずまず。オケはその存在さえ初耳、やや散漫に軽いサウンド(音質?)だけど、立派なものですよ。壮大巨大な名曲中の名曲、オリジナル版は誰が聴いてもわかりやすい通常版との違い、あちこち旋律担当するパートが違ったり、第1楽章「Allegro moderato」ラストは「死の予告」に非ず、ハ長調デーハーに締め括ります。旋律やリズムの扱いがモダーンに洗練され、重厚長大に非ず、とても新鮮に堪能いたしました。

LPデザインMahler 交響曲第5番 嬰ハ短調〜ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団(1971年)・・・2020年7月に拝聴して曰く

ぴかぴかではない音質印象もあるのか、粗野で力強い、ザラリと粒が粗い(ローカル)サウンドも魅惑、この時期のバイエルン放送交響楽団って、後のスーパーオケではなかったような?11:43-13:58-17:22-9:45-15:27は速めのテンポに咳いた印象はありません。ほとんど要らぬ飾りをつけぬストレートな、力強い表現、終楽章「Rondo-Finale. Allegro giocoso」デリケートな部分でそっと、躊躇いがちにテンポを落とすのも自然な風情、肩の力も抜けております。この作品一番人気第4楽章「Adagietto. Sehr langsam」甘さ控えめに歌って素敵でした。
これ以上、付け加えることはない、自分にとっての原点みたいなもの。

NAXOS 8503294R.Strauss 劇付随音楽「町人貴族」〜ジェラード・シュウォーツ/アキ・ショウコ(v)/アンドレー・エメリアノフ(vc)/ニューヨーク室内交響楽団/合唱団(1989年)・・・ Gerard Schwarz(1947ー亜米利加/シュワルツとは読まんと思うけど・・・)の音源を集めた30枚ボックスが出ました。これはふだん管弦楽組曲版ばかり聴いているけれど、Wikiで調べてみると全曲版(改訂版?)らしい珍しい音源はもちろん初耳。

「第1幕」1. 第1幕への序曲 - Ouverture zum I. Aufzug/2. ジュルダンの登場 - Auftritt des Jourdain/2a. ジュルダンのクプレ - Couplet des Jourdain/3. 音楽的会話 - Musikalisches Gesprach/4. メヌエット - Menuett/5. 剣術の先生の場 - Szene des Fechtmeisters/6. 仕立て屋の登場と踊り- Auftritt und Tanz der Schneider/7. 第1幕の終曲 - Schlus des I. Aufzuges「第2幕(前半)」8. 第2幕への前奏曲 - Vorspiel zum zweiten Aufzug/9. クレオントの登場 - Auftritt des Cleonte「第2幕(後半)」10. 間奏曲 - Intermezzo/11. 晩餐 - Das Diner/12. カノンの形式によるクーラント - Courante (in Canonform)/13. 第2幕の終曲 - Schlus des II. Aufzuges「第3幕」14. シチリアーナ風前奏曲 - Vorspiel (alla Siciliene)/15. メロドラマ - Melodram/16. トルコの儀式 - Die turkische Zeremonie/17. 第3幕の終曲 - Schlus des III. Aufzuges
二管編成を基本に弦の人数も少なく、打楽器は7種+ピアノ、ハープが加わるもともと歌劇「ナクソス島のアリアドネ」の劇中劇とか。元オペラも筋書きにも全然縁がなくて、短い組曲版ばかり断片的に旋律は馴染みでした。ド・シロウト感想だったら雰囲気的にはStravinskyの「プルチネルラ」かなぁ、またはde Falla「ペドロ親方の人形芝居」とか、親密にわかりやすいノンビリ風情連続に声楽も入る・・・音質良好、アンサンブルも上手いもんでっせ。

(2021年9月1日)

●歴代「近況」保存分●最新の「近況」
2021年8月2021年7月2021年6月2021年5月2021年4月2021年3月2021年2月2021年1月2020年12月2020年11月2020年10月2020年9月2020年8月2020年7月2020年6月2020年5月2020年4月2020年3月2020年2月2020年1月2019年12月2019年11月2019年10月2019年9月2019年8月2019年7月2019年6月2019年5月2019年4月2019年3月2019年2月2019年1月2018年12月2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月2017年11月2017年10月2017年9月2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月2016年6月2016年5月2016年4月2016年3月2016年2月2016年1月2015年12月2015年11月2015年10月2015年9月2015年8月2015年7月2015年6月2015年5月2015年4月2015年3月2015年2月2015年1月2014年12月2014年11月2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年5月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月2008年10月2008年9月2008年8月2008年7月2008年6月2008年5月2008年4月2008年3月2008年2月2008年1月2007年12月2007年11月2007年10月2007年9月2007年8月2007年7月2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年12月2006年11月2006年10月2006年9月2006年8月2006年7月2006年6月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月2005年12月2005年11月2005年10月2005年9月2005年8月2005年7月2005年6月2005年5月2005年4月2005年3月2005年2月2005年1月

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi