Brahms 交響曲全集(トーマス・ザンデルリンク/フィルハーモニア管弦楽団)


Brahms

交響曲全集+悲劇的序曲 作品81

T.ザンデルリンク/フィルハーモニア管弦楽団

DARPRO RS953-0041  1996年録音。4枚組1,180円で購入。後、1,000円、更に800円も目撃。

 ことし(1998年)はいったい何枚のCDを買ったことでしょう。真剣に数えてませんが、ざっと250枚くらい?春に50枚ほど売り払ったから+-200枚くらいかな?1997年ラストに買ったCDは、博多の駅の本屋さんで大晦日に買ったワルター/ウィーン・フィルのマーラーの交響曲第9番(もちろん海賊盤)でした。そして激動の1998年ラストは、12/18(金)に買ったこのCDか?

 女房のノートパソコンの調子が悪く、修理に持っていった(けっきょくダメで売り払ってしまった)ついでに、となりのレコード屋さんをちょっと覗いたらこんなCDが売ってました。噂には聴いていたんですけどね、当然レギュラー・プライスと想像していたら、ナント4枚で1,180円、税込みでも1枚あたり310円の超激安。ちょっと変わったジャケットになっていて、変形紙ケースに4枚入っているんです。

 トーマス・ザンデルリンクはクルトの息子ですが、ステファンのほうがNAXOSでけっこうCDが出ているのに対して、ほとんど知られていませんね。我が大阪シンフォニカーの音楽監督ですから、1999年はこのオケを応援しよう、と決意した私は即レジに走りました。ワルツ堂さんもこんな珍しいCDをよく探して、品揃えしてくれたもんだと感心。

 イタリアのレーベルのようですが、ロンドンのフィルハーモニア管という一流のオケとの競演で、しかも新しい録音。Brahms の交響曲全集は、これで何組目でしょうか。

・ スタインバーグ/ピッツバーグ響
・ スイトナー/シュターツカペレ・ベルリン
・ チェリビダッケ/RAIミラノ響
・ バルビローリ/ウィーン・フィル
・ マンデール/ブカレスト・ジョルジュ・エネスコ・フィル

(*1998年当時の在庫)

・・・・・・・・6組目か。バラの曲のCDもたくさんありますからね。(後、まだまだ増える) うん、いいかんじのコレクションだな、と自己満足。

 4曲とも好きですが、中学生の時に初めて聴いたベイヌム/コンセルトヘボウの第4番は、いまだに最高だと思っています。どんな演奏を聴いても、これに勝る集中力とオケのコクのある響きにかなうものはないと確信。(いまでもカセットにとってある)

 わがトーマスの演奏は4曲とも同傾向ですが、テンポがかなりゆったりとしていること。フィルハーモニア管の爽やかな響きを生かして、重くならならない演奏。少々集中力が続かなかったり、流れが不自然な局面が一部見られることも特徴でしょう。やはりまだ若くて、練り上げられた音楽にはなっていない。

 第1番は、堂々とした遅いテンポで第1楽章が始まり、第2楽章はサラリと流した爽やかな響き。第3楽章も力まず、オケの木管の透明な響きを生かしていますが、ラストで極端にテンポを落として名残惜しそうに最終楽章へ。最終楽章は響きが散漫になって、やや熱気が空回りな感じ。

 第2番は、やはりゆったりめの出だしから爽やかで、じょじょにエンジンがかかってくる様子が楽しい。この曲の、自然な暖かさを過不足なく表現するのは至難の業と思います。濃密さと力強さにちょっと欠けるかなぁ。とうとうとよく歌う演奏ではあります。最終楽章は、リズムの足取りがちょっと乱れがち。

 第3番も、スケールの大きさをねらった悠然とした足取りで始まりますが、音の密度がやや薄いよう。線は細いですけど、よく歌ってますね。2楽章はていねいに歌いすぎて、緊張感がちょっと持続しない。木管の透明な響きは秀逸です。有名な3楽章ポコ・アレグレットは、すっきりとした流れを作っていて繊細で美しいものですが、いかんせん1楽章からの印象がワン・パターン。最終楽章はかなり力が入ってようやく盛り上がります。この曲はまとめにくい。
 悲劇的序曲は、ちょっと緩いけど充実したオケの響きが魅力的。

 第4番は、旋律を歌わせる呼吸が深くて上出来でしょう。管楽器の切々と歌う音色も美しい。第1楽章からテンションが相当高くて、第2楽章のちょっと途方に暮れたような旋律もトーマスの体質に合っているよう。ここではフィルハーモニア管の弦が頑張ってますね。第3楽章の躍動するリズムもこの全集中出色。最終楽章の壮大なパッサカーリアは、重くなりすぎず、ちょっとクールな味わいで聴かせます。4曲の中での白眉。

  録音がオフ・マイク気味なのも、全体として大人しい印象を強めているでしょうか。すべて40分を越えた演奏時間なので4枚組となりましたが、いったいこのCDはどういった所以なのか、はイタリア語ばかりなのでわかりません。

   なんか激安CDを買いまくった1998年の締めに相応しい一組でした。(でも、まだ数日あるから買うかも知れない)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi