Brahms 交響曲全集(オトマール・スウィトナー/シュターツカペレ・ベルリン)


Berlin Classics BC2137-2 Brahms

交響曲第1番ハ短調 作品68
交響曲第2番ニ長調 作品73
交響曲第3番ヘ長調 作品90
交響曲第4番ホ短調 作品98

オトマール・スウィトナー/シュターツカペレ・ベルリン

Berlin Classics BC2137-2 1984年〜86年録音

 N響への客演で日本のファンにもお馴染みなスウィトナーは、いったいどこに行ってしまったのでしょう。最近、とんと噂を聞きません。このCDは贅沢にも4曲4枚に収められたもので、きっとお店の値付け間違いでしょう、1,490円でした。近所のレンタル・ビデオ兼CDを売っているお店で買いました。

 Brahms の交響曲は何種類か持っていますが、「これぞBrahms 」という音だと思います。(スタインバーグ/PSOとは対照的。しかもこちらのほうが安かった!)
 弦や木管を主体とした渋い音色。金属的にならない金管楽器。オケの響きを聴くだけで、このCDは価値がある。

 演奏そのものは全体にオーソドックスではありますが、第1番はテンポ早めで勢いもあり、かなり熱気に満ちた劇的なもの。ティンパニの強烈なショック、時にテンポの揺れ動きも凄い。オケの音色が美しい。木管の夢見るような透明な響き。弦の細かいニュアンス。

 第2番は適正なテンポによる自然体の表現で、威圧感はどこにもない。オーボエ(脳髄に共鳴する音色)やフルートの渋い響きが、抑えた弦に乗って諄々と歌います。
 じつは、聴かせどころの歌は、テンポを少し落としているんですね。ホルンの深い響きは涙が出そうに美しい。
 なんと控えめな喜びの表現。思わせぶりな「間」も決まっている。そして最終楽章における畳みかけるようなテンポ・アップが、抑えに抑えたあとの対比による高揚の劇的効果。ラストのアッチェランドも熱い。

 4曲の中でひときわまとめにくい第3番は、息深く雄大なテンポで開始されます。
 第2楽章アンダンテの、控えめな表現と対比されて効果的でしょう。ひとつの旋律が歌われる度、低音の方から力が加わってくるのがわかります。

 有名な第3楽章は、囁くような表現でサラリと流しています。(クサく歌うよりこのほうが味わいが深い。ただしオケの質による)最終楽章は低く抑えて開始して、ティンパニの一撃で爆発させるのは第1番と同じ手口。表現が少々重くて、いまひとつ勢いに乗り切れないでしょうか。最後は、また静かにテンポを落としながら終わります。

 第4番は、すなおにしっとりと開始されます。テンポも意外と早め。流れがよくて、すぐに音楽の中に入り込めました。なんの虚飾も力みもないのに、どんどん勢いがついてくるマジック。弦の歌の深さ。ここでも脳髄に浸みるオーボエの透明な響き。金管のいぶし銀の爆発。
 第2楽章の冒頭のホルンは、アルペンに響く角笛のよう。この楽章は、途方に暮れたような木管と、中間部の弦による幻想的な深呼吸の対比が聴きもの。サラリと力まず弦が入ってきて、自然体です。ものすごく細かいニュアンス。
 第3楽章は、うるさくなっちゃいけない。スウィトナーは、いままで抑えていたものを一気に吐き出すような迫力です。
 最終楽章は、オケの力をすべて出し切ったような力演で、弦のうねりが押し寄せます。静かな部分の抑制は充分に美しく、フルートのソロが胸を打つ。やがて金管のいっせい攻撃から、緊張感が高まって少しずつテンポが早まります。ティンパニの打鍵は迫力を増し、燃えるような高揚のままフィナーレへ。

 ふだん他のCDでは聴けない(たまたま私のもっているCDだけ?)繰り返しもあって、2曲分がCD1枚に収まらない長さになっています。それにしても、なんのフィル・アップもない贅沢さ。(3番は38:49で1枚・・・もったいない)4曲続けて聴いても疲れない演奏です。

 ベルリンの壁崩壊前夜の頃の録音で、ある意味で戦前からのドイツの伝統を残しているのでしょうか。その後、バレボイムをシェフとして迎えたこのオケの音はどう変わったのでしょうか。わたしはCDでも聴いたことはありません。

 自然で奥行きのある優秀録音。Berlin Classicsが、かなり意欲的に旧東ドイツの音源をCD化してくれているのは幸いなことです。


トーマス・ザンデルリンク/フィルハーモニア管弦楽団のBrahms 交響曲全集

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲

written by wabisuke hayashi