R.Strauss交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30
(マゼール/フィルハーモニア管弦楽団)


20th century classics。この写真もスキャナ購入前、初代30万画素デジカメで撮影したもの R.Strauss

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30

マゼール/フィルハーモニア管弦楽団(1962年)

Respighi

交響詩「ローマの噴水」

ムーティ/フィラデルフィア管弦楽団(1984年)

Rodrigo 

アランフェス協奏曲より「アダージョ」

アンヘル・ロメロ/プレヴィン/ロンドン交響楽団(1977年)

de Falla 

「火祭りの踊り」

ロペス・コボス/スペイン国立管弦楽団

Khachaturian

「剣の舞」

フェリックス・スラットキン/ハリウッド・ボウル管弦楽団

Ravel

ボレロ

マゼール/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(1971年)

D Classics BX 705052(EMI 録音)   5枚組 3,380円で購入したウチの一枚

 コンピレーションもののボックスに含まれる一枚で、もしかして(現在では)入手が難しい音源があるかも知れません。80分ぎりぎりの収録はお徳用だけれど、マゼールの指揮で「ツァラ」+「ボレロ」だけ(46分)でも良かったかも。(「ティル」も欲しかったが)少々、聴き手にとって落ち着かない収集であります。(しかも、「ツァラ」にトラック分けが存在しない)  

マゼールが、60年代にクレンペラーを補佐してPOを指揮していたことは、もう記憶の彼方。「ツァラ」はLP時代1000円盤で出ていました。ムーティのPO時代の録音も、あまり日の目を見ないし「噴水」という選曲が渋い。コボスやお父さんのスラットキンの音源はたいへん珍しいもの。マゼールの「ボレロ」はじつに色気のない、機能的な演奏。79分収録は立派
〜かなり以前(2000年頃?)5枚組の収録をサイトに掲載したときのあっさりとした(素っ気ない)コメントでした。

 マゼールのこの演奏については

これほど色気のない、ある意味機能的な演奏はそう出会えない。(ものすごくおもしろくない)
との(当時)「音楽日誌」上での感想もあります・・・が、正直、ワタシにR.Straussの良し悪しとか、聴き方などようわかりません。スタインバーグ/ボストン響の「ツァラ」(1970年)を激賞したら、BBS上にてエラいご批判を給わりましたね(ウヒヒ)。自分なりの「ああ!ココ」的ポイントは見つけられていない。だから、マゼール盤のコメントもその後どうなるかわかったもんじゃない。

 いずれにせよ、ワタシは数年のインターヴァルを経て、ワタシはマゼールのこの演奏に再会いたしました。(再発されている)演奏云々の前に正真正銘の”EMI録音”であるこの録音評価について。

 ワタシはあちこちで(不遜なる)時に”EMI録音”への疑念を発言しております(すべてではないが)が、ま、ふだん聴いているオーディオ環境は安物だし、聴き手の耳もあてにならぬし、なにより好みの問題なんでしょう、きっと。100万円ほどの高級オーディオ・セット、部屋中を鳴らすことのできる理想的な環境で聴けば、まったく異なる印象なのかも知れません。「CDではノッペラボーに聞こえるのが残念。LPをお聞かせしたいです、ホンマ」(良心的読者からの教育的御指導有)・・・ああ、ディジタル音源化した時に、”なにか大切な要素を削ぎ落としてしまった”せいもあるのか。

 結論的に、これは1962年時点のフィルハーモニア管弦楽団の特徴を説く捉えた、鮮明なる録音でしたね。英DECCA系のあざとい広がり感とか、個々のパートの分離、浮き立ちかた、艶に比べると自然体というか、素っ気ないけど、清涼で明るいオケの響きを余すところなく感じ取ることが可能でした。(低音少々弱いが。むしろ1984年ムーティの録音のほうが音に芯が足りず、弱音で著しく様子がわからなくなる)録音年代が新しくなればなれるほど、良好なる音質に・・・ならないところがオモロい。音録りの思想や哲学の問題でしょう。もちろん会場の都合、相性、演奏そのものの価値問題も有。

 ワタシは”強く、大柄な音楽”が苦手でして、R.Strauss辺りがひとつの代表(この”ツァラ”も)なんです。(だから静かな「変容」とか「オーボエ協奏曲」はお気に入り)ロリン・マゼール32歳気力充実若手時代の(意欲的)録音であります。フィルハーモニア管弦楽団は、クリアで清涼、ややカルめの響きが魅力だけれど、マゼールはそこに強引なる味付け色付けをするんですね。(ウィーン・フィルだって同様だった)貫禄とか自然体とは縁遠い、弱音での極限ニュアンスから大見得切ってせり上げ、無理矢理絶叫する、若さぎらぎら的意欲溢るる演奏・・・オーケストラ・コントロール自由自在の才気走った表現。

 オケの技量は優秀だし、アンサンブルも細部まで完璧であります。いかにもドラマティックな味わいだけれど、重量感に欠けるのは録音の個性か。しかし、爽やかな響きが濁らないのがフィルハーモニア管弦楽団の魅力でしょう。弦、木管、金管も濃厚な個性を前面に出さないで、”清涼で明るい”とは先ほど録音評価で書いたところ。清潔な美しさがある。

 で、やはり素っ気ない、か。やりすぎ感ある躍動推進力はけっして嫌いではないが、ワタシはしっとりとた潤いのある余裕サウンドで聴きたいですね、この作品。でも、最近の若手でここまで強引に自分の個性を表出して、オケを自在にコントロール出来る人っているでしょうか。(ま、聴く機会が少ないから無責任なこと言えんが)

 (他の作品コメント省略して)「ボレロ」いきます。10年経ちました。「じつに色気のない、機能的な演奏」でしょうか?13:05だからテンポはかなり速め。素っ気なく、お仏蘭西のエスプリがどうの・・・とは無縁なザッハリッヒ(即物的?楽譜の味わいそのまま?)な味わい。淡々粛々〜というわけでもなく、妙に下心がありそうな”正確な素っ気なさ”であります。例の如しで、オケは優秀、アンサンブルに乱れもない。しかし、色気もない。

 こんな演奏を好む方もいらっしゃるだろうが、仏蘭西音楽のあるべき姿をつくづく考えさせる・・・そんな感慨に耽りながら、音楽はモウレツに激しく盛り上がって参りました。これも”やり過ぎ”感はあって、聴き手を興奮の渦へと誘う魔術(ミュンシュ/パリ管!)ではなく、純粋に計算に聞こえます。ラスト、ワザとらしいタメ(タンポ・ダウン!)を伴った大爆発は少々空虚か。

(2006年2月17日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲