R.Strauss 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
(ウィリアム・スタインバーグ/ボストン交響楽団)


R.Strauss

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

ウィリアム・スタインバーグ/ボストン交響楽団/シルヴァースタイン(v)

DG 447 190-2 1970年録音 2枚組1,290円(中古)で購入

 これは「BASIC Richard Strauss」と題した二枚組の冒頭を飾るもので、おそらくはドイツ・グラモフォンが”売れ筋のカラヤン音源はあまり使いたくない”といった思惑からCD化された、と想像されます。クーセヴィツキー、ミュンシュと人気指揮者を擁してきた名門ボストン響は、ラインスドルフ時代の低迷(実力ではない、あくまで人気かな?)時代(1962〜1969年)を回復すべく後を襲ったのがスタインバーグでした。

 でも、もともとピッツバーグ響との兼任だったし、在任期間は短いものでした。(1969〜1972年)米CAPITALでは協奏曲の伴奏録音が多かったし、米COMMANDのBeethoven 交響曲全集は立派なものだったが一部しかCD化されていないと思います。まだクラシック音楽界も景気の良い時代だったから、ボストン響とも数枚分録音して下さいました。Holst「惑星」なんか、ほんまに気持ちよい、圧倒的なオケの威力を感じさせたものです。

 うむ、「ツァラ」は苦手方面の作品ではあるけれど、この演奏は一気呵成に聴き通して存分に楽しめましたね。オケが上手い、金管が輝かしい、衒いがない。手慣れた、といった味わいとは正反対方面の誠実で、とことん一生懸命演奏。ここまでノリノリで、高いテンションを連続させるのは至難のワザでしょう。

 じつはこのCD一枚目、続いてカラヤン/ベルリン・フィルの「ティル」「ドン・ファン」「7つのヴェールの踊り」が収録されているんですよ。まったりとした自信たっぷり余裕の表情で、響きのセクシーさは全盛期!・・・これも悪くない世界。でもね、ボストン響とベルリン・フィル(各々当時の)の個性の違いが明確で、こちらスタインバーグ組のなんという清潔でストレートな表現であることか!そんなことが対比できて(少々高かったが)後悔しないCD購入という結論です。

 スタインバーグって「速い」「粗い」「カタい」「重い」といったのイメージかな?でもね、ここではバッチリ決まってますよ。テンポは慌てず、騒がず、適正を感じさせます。(でも、だんだん興が乗ってきてテンポ・アップ有)アンサンブルの充実ぶりは想像以上。「カタい」〜というか、金管の鋭く明るい響かせかたはピッツバーグ響の個性だったんでしょうね。しかし、たしかにボストン響とのこの録音でも金管のキレは健在でした。

 もちろん「軽々とした」演奏ではないが、重鈍さとは無縁です。細部をとことん歌わせたり、品(しな)をつくったりしない人だから、スピード感命(いのち)、やる気充分、ですね。名手シルヴァースタインのヴァイオリンには、いささかの不満あろうはずもない美しさ。しかし、基本表現は誠実一路。1981年に小澤が同曲を録音するが、その方向性の違いにやや唖然としないでもない。

 ここ最近、ミュンシュのDvora'k 交響曲第8番(1961年)とか、モントゥーとの「ばらの騎士」組曲(1961年ライヴ)を聴いて、ああ、ボストン響ってこんな白熱した演奏なんだな、と再発見したところでした。絶好調時のこのオケの好例としてこのCDを挙げることに躊躇はありません。録音は残響と奥行き豊かで、文句はない水準。(2004年2月13日)


<他収録>
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
交響詩「ドン・ファン」
歌劇「サロメ」より「7つのヴェールの踊り」
以上、カラヤン/ベルリン・フィル(1972/73年)

歌劇「ばらの騎士」〜第三幕のワルツ
ベーム/ベルリン・フィル(1962年)

交響詩「死と変容」
アバド/ロンドン交響楽団(1982年)

ホルン協奏曲第二番 変ホ長調
ハウプトマン(hr)(1973年)
4つの最後の歌
シントウ(s)/カラヤン/ベルリン・フィル(1985年)

* いやはや盛り沢山、多種多様な演奏の収録で嬉しくなっちゃいます。もう少しお勉強してからコメントしましょ。


さっそくK氏より反応が・・・

件のスタインバーグですが、私は例の「惑星」とのカップリングで所持しています。デジタルリマスター盤ですね。が、私はどちらもまったくもって気に入らない。なぜか?とにかく、煩い。丁寧ではない。悪い意味でアメリカン。オケの呼吸がなっておらん。金管がうるさすぎ。「精神性」がない。と色々あります。これがシュトラウス、と思われては心外です。シュトラウスの曲は大曲でも煩くない、小曲でも飽きない、というのが基本です。とにかく彼は交響詩の作曲家の前に、オペラの作曲家、そして指揮者なのです。それも、超絶的な!あの演奏では、宇宙の旅、という謎めいたものではなく、ブッシュの戦争、というデジタル化した単純な二元論的な解釈に思われます。

「悪い意味でのアメリカン」:物量作戦ですね。大きいことはいいことだ。強いことはいいことだ。格好良いことはいいことだ。ま、そんなかんじですね。(尚私はアメリカの文化は全否定ではありません)

「精神性」:これも上記と似ていますが、まず曲の持つ表面的な部分だけではなく、作曲者の立場になり、彼は管弦楽法だけではなく、詩的に何を表現したかったのであろうかと、指揮者なりに考えることだと思います。本当に残念なのですが、RSの音楽って情緒纏綿ではないにせよ、エレガントさがありますが、それを拡大解釈、もしくは否定してオケと録音の力に任せてぶいぶい演奏してしまうことです。

何度も言うようですが、ジンマンの演奏は自作自演にとても似ていて、彼なりの解釈をちゃんとしているところを私は買っています。

 ・・・いいですねぇ、ご意見百家争鳴状態。これいで良いんです。意見の多様性が豊かな社会を生み出す。人生いろいろ、好みもいろいろ。いろいろ咲き乱れる「花咲ける芸術」か。(更新当日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi