To RCA/ARTE NOVA

マータ/ダラス響「High Performance」


RCA  09026-63586-2 Tchaikovsky

イタリア奇想曲 作品45

Mussorgsky

禿げ山の一夜

Dukas  

魔法使いの弟子

Enescu 

ルーマニア狂詩曲 作品11-1

Ravel

ボレロ

マータ/ダラス交響楽団

RCA 09026-63586-2 1980/81年録音  300円で購入

 やった。久々、ビンゴ!のCDでピタリ。先頃「通俗名曲」、とくに「中央アジアの高原にて」の魅力を全面解明した(つもりの冗談か)ワタシだけれど、当然「禿げ山」(もちろんリムスキー・コルサコフ改訂版)の分析に進まねば、と決意していた矢先の出会いでした。マルティノンでは1,000円もしたのに、同じシリーズのこのCDでは(過剰在庫だったせいか)わずか300円。

 ダラス響は日本ではまったく人気がないし、現在のシェフであるリットンのMahler は「安いがツマらないCD」(未聴だから安易な判断できず)とのこと。1995年に残念ながら事故死しちゃったマータ時代が全盛期だったんですよ。このアンサンブルの精度、熱気、勢い、自信、確信、は録音のマジックではないはず。とにかくスッパリと気持ちヨロシい、元気の出る演奏なんです。見つけたら買ってちょうだいな。

 「イタリア奇想曲」〜この曲、中学生時代の放送部のバカヤロウが、放送の穴埋めにやたらとこの曲ばかりワン・パターンで流しやがったので、食傷気味先入観有。なんやら重苦しい前半と、後半のノーテンキぶりに違和感ありませんか?でも、ドラティ/ロンドン響の1955年(超優秀)録音で開眼。マータの鮮度も負けまへん。

 はっとするくらい、立ち上がりのヨロシい金管の鮮度。テンションは高いが、泥臭さは皆無で、都会的洗練された爽やかな解釈。ピタリと決まったアンサンブル。怒濤のオケの迫力。文句あるか(ないでしょ)。

 「禿げ山の一夜」〜ま、原典版がどうの、とカタいことは言わずに物量派オケでゴリゴリやっていただきたい。味わい系も悪くないが、「強引チカラ尽押倒演奏」こそ正しい姿なんですよ。迷いがあっちゃいけない。良き録音、怒濤の爆発で一気に突破!これぞ、この曲の真の魅力を引き出す(いや、魅力などという邪念を考えさせない)唯一の道〜マータの演奏こそ真実なんです。なんやら、はじめて細部まで音が聞こえた、という印象有。

 「魔法使いの弟子」〜これは可愛らしいミッキーマウスのイメージがあるのか、もっと繊細で味わい系であってほしい。リズムに優雅さが不足します。これは選曲のミスか。一歩間違えば恥ずかしい結末となる「ルーマニア狂詩曲」には、躊躇があってはなりません。思いっきりノリノリで、わき目もふらず山を登り切ってください。実際、恥ずかしい曲ナンすから。

 いや、もうモウレツに切れ味のあるオケですね。鳴りっぷりの良さは舌を巻くほど。細部まで魔法のように聞こえる録音が、ある意味人工的でディズニーランドかUSJ(工業用水飲ますなよ)か、というくらいよくできた遊園地の豪華さ。

 ラスト、オケの真価を問われる「ボレロ」。この曲には聴き方(演奏の仕方、責め方)が様々あって、いずれけっこうな難物でしょ。マータは細部まで描き込んで、曖昧さがありません。次々と主旋律を受け持つソロにはやや色気が足りないが、リズムの(几帳面なくらいの)正確さ、ノリ、勢いに文句の付けようもなし。なんという新鮮な味わい。そして興奮。

 こりゃ夏向きのCDだな。精神的に落ち込んでいる人には(逆な意味で)勧められないかも。ボレロは、後半に行けば行くほど高揚し、燃え燃え、鼓動が高まり、血液の循環が速まり、発熱し、発汗し、トランペットの芝居じみたカマシにラスト、ノックダウンされます。(2002年8月29日) 


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi