Mahler 交響曲第3番ニ短調(アブラヴァネル/ユタ響)


Mahler 交響曲第3番ニ短調(アブラヴァネル/ユタ響)
Mahler

交響曲第3番ニ短調

アブラヴァネル/ユタ交響楽団/クルースコス(con)/ユタ市民大学合唱団/女声合唱団/花崗岩学区少年合唱団

VANGUARD 08 4006 72  1974年録音  11枚組5,280円で購入した(中古)ウチの二枚

 先日サイト検索していたら偶然、アブラヴァネルの「Sibelius 全集」を「アマ・オケに毛が生えた程度の技量」というコメントを発見しました。人生、いろいろだなぁ。その方はSibelius に(例えば)ヤンソンス盤、もしくはカラヤン盤(EMI)みたいな強烈なるテンションと、アンサンブルの集中力を求めていたんでしょうか。音楽の好みや、感じ方は人それぞれです。

 ワタシは日々廉価なCDを探求しているが、出会いとはオツなものでして、このアブラヴァネル全集も2003年4月に広島の中古屋で見掛け、BBS上で相談して「買うべし」とのご神託有、即購入。その後一年間以上、あちこちお店を廻ってもどこにも見掛けません。この全集はクーベリックとはまったく別な意味での「素朴」な演奏が揃っていると思います。茫洋として、少々掴みどころも屈託もない、こだわりもない方向か。既に第9番については、少々コメントしました。

 30分を越える長大なる第1楽章。楽しげなる行進曲風であり、ホルンを中心に気持ちよい金管の咆哮が楽しめます。行進曲だからノリは大切ですよ。なんせ長丁場を厭きさせないことも大切ですし。豊かで余裕のオケの響きは、やはりアマ・オケでは出せない味でしょう。「素朴」な味わい〜それはひとつの個性だけれど、旋律の歌わせ方が洗練されないというか、正直「田舎臭い」(独逸南部の、じゃなくて亜米利加中西部の)演奏なんです。(それがダメ、ということじゃないですよ)

 「ノリ」という点では少々問題有か?時々、テンションが続かなくて間延びしちゃうことがありました。テンポを揺らせて個性的な場面は数々存在するが、温微的というか、どうもアンサンブルに締まりと緊張感が足りない。各パート、ていねいに演奏してるが、自主的な細かいニュアンスの集積、という点でアメリカのオケには良き伝統が積み重なっていないのだと思います。

 第2/3楽章は、そのややノンビリとした味わいが、牧歌的な雰囲気を醸し出して成功しております。弦も管(金管は迫力有)も良く鳴っているし、明快健全なる表現。急いたり、リキんだり、は皆無だけれど、残念ながらカッコ良くはない。Mahler に必須な、時に「陰」やら「闇」を感じさせる部分、それはほとんど存在しなくて健康的です。例のポストホルン・ソロは、レーグナー盤に負けない大自然を感じさせる、奥行きある出色の出来となっております。

 第4楽章の女声ソロ、絡み合う粗野なオーボエのしっとり静かな雰囲気は上出来。ホルンの奥行きも、楚々としたヴァイオリン・ソロも上々。第5楽章の女声と子供達の歌声は天上の響きですね。ワタシはこの楽章が大好きです。無心で遊ぶ、子供達の姿を連想します。

 ワタシはこの作品の最終楽章の静謐なる弦の調べを拝聴するたび、至福の世界へ連れて行かれるんです。これは録音の関係かも知れませんが、厚みある弦の集積としてではなく、むしろ少人数で演奏しているかのような錯覚に囚われます。表現は雄弁ではなく、あくまで素朴さ、木訥さを失わない。ホルンのチカラ強い奥行きは特筆すべきでしょう。

 敬虔なる感謝の気持ちに溢れ、誠実なる弦も泣きます。これは正直な喜びの涙でしょう。やがてすべてのパートが参加し、大団円を迎える満足度は相当なものです。正直、長大なる第1楽章に先行き不安を覚えたが、後半に至るほど満足度は高まりました。ゆったり、まったり、緩いMahler の存在も悪くない。総計98分、そんな余裕を楽しみましょう。(2004年9月3日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲