●外伝へ

Haydnの交響曲ぼちぼち聴いてます(3)


Haydnの交響曲ぼちぼち聴いてます
Haydnの交響曲ぼちぼち聴いてます(2)

 何度も言い訳がましいが、一連の「外伝」中「集成もの」は自らの備忘録であります。ディスコグラフィでも「在庫自慢」でもありません。音楽をしっかり、漏れなく楽しもう〜という趣旨に添って、その一助となれば、と自らを励ましているんです。稀代のクラシック・フリークとして知られている砂川しげひささんの「ハイドン交響曲全曲完聴記の弁」拝読。☆の数で音楽の価値を表現するのも、ここでは”作品”に焦点を当てている(演奏に非ず)ので、悪くないと感じました。音楽愛好家の鑑のような姿勢ですね。

 前回の更新より2年が経過・・・案の定Haydnを聴く機会は増えておりません。それどころか、●15Famous Symphonies〜ワーズワース/カペラ・イストロポリターナ(NAXOS 8.505006 5枚組3,290円)(1) 交響曲第94/101/83番(1988年) (2) 交響曲第82/96/100番(1988年) (3) 第44/88/104番(1989年) (4) 第45/48/102番(1989年) (5) 第85/92/103番(1990年)は、転居収納問題を理由にオークション処分(そういえば、ほぼ購入金額で売れてました/感謝)しちゃいました。

 ●交響曲第39番(ハンス・マルティン・シュナイト 1993年)第44番(エストマン 1994年)第71番(若杉弘 1987年)〜南西ドイツ放送交響楽団(ARTENOVA BVCC-6008)/●Haydn 交響曲第99/94番〜ショルツ/フィルハーモニア・スラヴォニカ/第101番〜ショルツ/南ドイツ・フィル+「リラ協奏曲第5番」〜リッツィオ/カメラータ・ロマーナ(PILZ 449264-2 2枚組)もオークションにて、後者はお世話になった図書館に寄付したり・・・罰当たり者でございます。

 ●交響曲第98/99番 DeutscheSchallplatten TKCC-70273/オークションにて3枚諸経費全部込み1,100円程かで、真面目に再聴を決意しております。きっかけは●交響曲第96「奇跡」/97/100番「軍隊」(DeutscheSchallplatten TKCC-70272)/●交響曲第101「時計」/102番(TKCC-70274)/●交響曲第103番「太鼓連打」/104番「ロンドン」〜ヘルビッヒ/ドレスデン・フィル(TKCC-70275)関連でして、抜けていた●交響曲第98/99番(TKCC-70273/以上1974年録音)をオークションで無事入手できたことによります。(機会ある毎に中古で探していた)第96/97/100番から順繰り楽しんでおります。やや不器用、硬質で無骨な響きのオケだけれど、ギュンター・ヘルビッヒの端正な表現はHaydnに似合っていると思います。Haydnにはユーモアと躍動が不可欠なんです。彼は(全然評価されないが)実力派と思います。お元気なんでしょうか。残りは第93/94/95番の一枚となりました。

 PHILIPS GCP-1035 @250 ●交響曲第94「驚愕」(1981年)/101番「時計」(1979年)じつは、同時に(セットで)入札したのは●交響曲第92番ト長調「オックスフォード」/第91番 変ホ長調〜コリン・デイヴィス/コンセルトヘボウ管弦楽団(1983年)であり、既に所有している●交響曲第94「驚愕」(1981年)/101番「時計」(1979年)のシリーズとなります。これは前回聴いたときにはあまり芳しくない印象を持っていたが、端正なる表現+オケの余裕ある暖かさがひとつの理想的表現と感じさせました。前者ディジタル録音/後者アナログ最末期録音だけれど、録音のポリシーは変わらず、中低音重視のふくらみあるもの。

 音楽生活にはHaydnは欠かせないので、アダム・フィッシャー全集を座右の基本として、機会ある毎に(安く)個性あるCDを入手するように気を付けております。Mozart より流通量が少ないから、意外とないもんなんですよ。(処分話別として)その後、入手したCDは・・・

 ●交響曲第104番ニ長調「ロンドン」〜ルドルフ・ケンペ/フィルハーモニア管弦楽団(1956年)・・・待望のTESTAMENTボックスに含まれていたもので、まだ聴き流し程度・・・CBS/SONY30DC721 (c)1985定価3,000円→@250入手●交響曲第101番ニ長調「時計」(1970年)/第94番ト長調「驚愕」(1971年)〜レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィル・・・”音楽を聴けるようになる”悦び。こんなに楽しい音楽に出会うことも有。既にブーレーズ時代のニューヨーク・フィルだけれど、乾いた響き、粗削りなアンサンブル、それ以前と変わらないのはバーンスタインの個性なのでしょう。躍動と熱気、推進力に充ちて、これこそHaydnの無垢な世界に相応しい感動有。(「音楽日誌」2007年5月より)中古@250【♪ KechiKechi Classics ♪】の愉悦也。

 ワタシは古楽器(も)大好きだけれど、Haydnでは意外と聴いていなくて、ウルフ・ビョルリン盤くらいでしょうか。棚中を探ると●交響曲第101番ニ長調「時計」/第103番 変ホ長調「太鼓連打」〜フランス・ブリュッヘン/18世紀管弦楽団(1987年)が出て参りました。おそらくはもらいものでして、聴いていないはずはないんだけれど、記憶なし。この辺りが、情けない音楽生活の証拠であります。不況に喘ぐ音楽業界だけれど、やがて古楽器による交響曲全集が登場するのでしょう。

 こうしてみると、やはり在庫は後期作品中心になっていますね。初期中期作品は全集を揃えておかないと、なかなか聴く機会を得ないものか。次回は歴史的録音の在庫を調査しましょう。

(2007年8月10日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi