Berg ヴァイオリン協奏曲/Hindemith ヴァイオリン協奏曲ニ長調/
Stravinsky ヴァイオリン協奏曲ニ長調(イヴリー・ギトリス(v))


VOX 7818 Berg

ヴァイオリン協奏曲(1935年)
ウィリアム・ストリックランド/プロムジカ管弦楽団(1953年)

Hindemith

ヴァイオリン協奏曲ニ長調(1940年)
フーベルト・ライヒェルト/ヴェストファーレン交響楽団(1962年)

Stravinsky

ヴァイオリン協奏曲ニ長調(1931年)
ハロルド・バーンズ/コンセール・コロンヌ管弦楽団(1955年)

イヴリー・ギトリス(v)

VOX 7818

 ぼちぼち白寿、Ivry Gitlis(1922-以色列)は未だご存命らしい。米VOXにまとまった協奏曲録音があって、Stravinskyには別途8年ほど前に言及しておりました。20世紀硬派なヴァイオリン協奏曲揃えて血気盛んな30歳代の録音、Hindemithはステレオ、他のモノラル録音も想像以上に音質状態は良好でした。ソロ・伴奏のバランスもよろしい、バックを務める面々がマニアックに興味をそそるもの。

 Berg最後の作品にしてもっとも演奏機会の多いヴァイオリン協奏曲は、透明清廉静謐を湛えた名曲。William Strickland(1924ー1991亜米利加)は日本初演をした人(1959年)とのこと。作品には自信を持っていたことでしょう。オケの実態は不明、VOX録音の場合いくつかはウィーン交響楽団でした。立派なアンサンブルですよ。一般には難解晦渋なるドデカフォニー(十二音技法)作品、第1楽章「Andante-Alegeretto」は神々しくも透明なデリカシーに充ちた出足、たっぷりヴィヴラートを効かせてギトリスは濃密に歌って表情豊か、高まる情感、素直に作品旋律の美しさを堪能。民謡の引用があるとか?(11:06)第2楽章「Allegro-Adagio」は破壊的激しさと嘆き増量、カデンツァ風と呼ばれるヴァイオリン・ソロは超絶、腕の見せ所でしょう。これはマノン・グロピウスの闘病を表現しているとか、やがて嵐は過ぎ去って穏やかな風情にソロは蠱惑な音色に変化、これは昇天と浄化を意味しているんだそう。(13:00)

 Hindemithの魅力に目覚めたのはごく最近のこと、ヴァイオリン協奏曲ニ長調は初耳ではないと思うけれど、旋律に馴染みはありません。指揮者もオケも情報不明、VOX録音には協奏曲伴奏に時々見掛けておりました。これもオケの技量に疑念を感じさせぬ充実した演奏。第1楽章「Massig bewegter Halbe」は作曲者馴染みのリリカル・クールな旋律風情が躍動して金管活躍!賑々しい盛り上がり。(7:45)第2楽章「Langsam」は木管アンサンブルに導かれて、ヴァイオリンは淡々と静謐明朗に歌います。上記Bergに比べるとぐっと大衆的にわかりやすい音楽。(7:57)第3楽章「Labft」絵に描いたように快活な明るいフィナーレ、ソロと木管の剽軽な掛け合いも愉しく、金管の明朗な響きも爽快です。(8:57)ギトリスは豊かな美音を駆使して、切れ味もよろしい。

 Stravinsyはお気に入り。有名な作品でしょう。同時代音楽の紹介に尽力があったらしいHarold Byrns(1903ー1977独逸)がパリのオケを指揮して、これも不満はありません。第1楽章「Toccata」は叫ぶようなソロの破壊的な響きから、一転淡々とリズミカルな旋律を刻んで、ギトリスの音色は変幻自在な表現変化が見事なもの。タイヘンな技巧を要求されそうな作品だけど、楽勝でしょう。(5:44)第2楽章「Aria 1」は第1楽章冒頭と似たような出足から、哀愁の旋律を足早に歌います。ラプソディっクな風情はギトリスに似合ったもの。(4:31)第3楽章「Aria 2」は哀愁風情はいっそう強まって、ソロは纏綿と歌ってたっぷりとした表情付け。(4:59)第4楽章「Carriccio」は明るく躍動疾走して、楽しげな雰囲気満載、ギトリスの技巧は余裕の美しさ。(6:13)

(2020年10月17日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi