カレル・アンチェル/チェコ・フィル
(瑞西アスコーナ・ライヴ1958年)


ERMITAGE ERM 142ADD
Smetana

歌劇「売られた花嫁」序曲

Dvora'k

交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」

Mussorgsky/Ravel 編

組曲「展覧会の絵」

カレル・アンチェル/チェコ・フィルハーモニー

ERMITAGE ERM 142ADD 1958年10月10日 瑞西アスコーナ・ライヴ→ネットより音源入手

 19年ぶりの拝聴、と思ったら2020年に聴いていて曰く

以前の印象と寸分違わぬアツい興奮をたっぷりいただきました。Karel Ancerl(1908ー1973捷克)50歳壮年の記録、演目も素晴らしい。テンション高い序曲から始まって、ストレートに爽やかな表現に懐かしい旋律溢れる「新世界」、飾りの少ない一気呵成な「展覧会の絵」はセッション録音よりずっとアツい演奏でした。オケの技量云々などまったく気にならぬもの。音質もまずまず、ライヴの熱気を充分伝えております。
 CDは処分済み、ネットより同一音源を入手できました。Karel Ancerl(1908ー1973捷克)ナチスドイツに家族の生命を奪われ、1968年旧ソヴィエット(+当時の同盟諸国軍)に踏みにじられた「プラハの春」を契機にカナダに亡命しております。でも残念、人生に残された時間はそう長くなかった往年の名指揮者。当時チェコ・フィルの音楽監督であり、このオケの黄金時代だったのでしょう。時代を勘案するとかなり良心的な音質、モノラルだけどわずかに広がりも感じさせて、解像度はそれなりありました。

 捷克版「フィガロ」を彷彿とさせて細かい音形がウキウキ躍動疾走する「売られた花嫁」序曲。演奏会冒頭から全力に駆け抜けて会場の熱気は一気に高まります。かなり速いテンポ、縦線の合い方、湧き上がるように明るく、繊細な表情含めて絶好調の出足でしょう。(6:48)

 誰でも知っている旋律連続する「新世界」はアンチェルの十八番。第1楽章「Adagio - Allegro molto」は序奏からさっぱりとした風情に速めのテンポ、前曲そのままの勢いを維持したストレート系、さらりとして陰影豊かな表情。提示部繰り返しなしは残念、この楽章ラスト辺り、魂込めた金管炸裂が凄い!オケの音色にコクがありますよ。(8:48)誰でも知っているイングリッシュホルンによる懐かしい「家路」旋律を含む第2楽章「Largo」もテンポはさっくりと速く、粘った表現とは無縁の淡々仕上げ。ボヘミアの郷愁は自ずと漂うといったところ。フルートとオーボエによる哀愁の第2主題も名旋律!ここもさっさと駆け抜けて7:20辺り、金管が第1楽章の主題と第2楽章の主題を全力で掛け合うところ、金管はたっぷりヴィヴラートに叫んで個性的ですよ。(10:26)

 第3楽章「Scherzo. Molto vivace」は賑やかなスケルツォ。ここもやや速め、ティンパニの楔(リズム)が見事に決まって緊張感あるアンサンブルは圧巻でした。トライアングルの華々しい活躍を期待したいところだけど、ライヴはこんなものかも。トリオのちょっぴりノンビリ雰囲気変化がDvora'kのワザですね。(7:35)第4楽章「Allegro con fuoco」はまるで怪獣の登場風弦の短い序奏から印象的、そしてホルンとトランペットによる決然とした第1主題がわかりやすくてカッコ良い。金管のヴィヴラートは思いっきり個性的、颯爽としたテンポによるアツい快演、そして充分に旋律を泣かせて歌います。基本ストレート系表現だけど、ラスト渾身ののタメは思いっきり決まってますよ。(11:02熱狂的な拍手含む)

 「展覧会の絵」もアンチェルは得意として、いくつか録音が残っております。大好きな作品、ふだんは音質状態よろしく圧巻のオケの技量を聴かせてくださる演奏を好んで聴いております。こちらやや音質は薄いけれど演奏会の熱気も低音もしっかり、力強く速めにリズミカルに進めるのもいつも通り。

 冒頭「プロムナード」のトランペットは前曲でも活躍した個性的ヴィヴラートたっぷり(1:29)「グノーム」の怪しい緊張感(2:13)第2プロムナードを経(0:52)「古城」は淡々と憂愁なサクソフォーンはセクシー(4:11)第3プロムナードは元気よろしく(0:27)そのまま可憐な「テュイルリーの庭」に入ります(1:08)。重苦しい「ビドロ(牛車)」はフレンチチューバ担当、このヴィヴラートは思いっきりエッチに響いて、イン・テンポに無情な足音を刻んで凄い説得力でした。(2:31)

 囁くような第4プロムナードを経て(0:40)「卵の殻をつけた雛の踊り」はユーモラス(1:20)。傲慢な弦による「サムエル・ゴールデンベルク」とトランペットの細かい音形に表現される軽妙なる「シュムイレ」は例のヴィヴラートに流麗な音色に非ず、粗野な感じ、ここも速めのイン・テンポが基本でした(1:55)。「リモージュの市場」は凄い勢い切れ味に快速!(1:09)荘厳に決然たる「カタコンベ 」との対比も際立ちます。金管の粗野なヴィヴラートの魅力爆発、ドラの響きも効果的。(1:51)。「死せる言葉による死者への呼びかけ」(静かなプロムナードは木管のニュアンスたっぷりな1:45)を経て、全曲のクライマックスへ向かいます。

 「バーバ・ヤガー」はキレのある迫力に金管の不器用に濃い個性充分(3:17)そして烏克蘭へ心を馳せて「キーウの大門」へ、ここも詠嘆にテンポを揺らせない、イン・テンポを基本として充分なテンションと盛り上がり、粗野な金管の魅力爆発しております。ラストの旋律を倍に取るのはアンセルメと同じ、これは楽譜の指示はどうなっているのでしょうか。大太鼓のリズムがずれるパターン(これは楽譜どおりとのこと)になって、これも異様な効果を上げておりました。(5:24盛大なる拍手込み)

 一晩のコンサートを彷彿とさせる雰囲気たっぷりな記録。実演では間に協奏曲が挟まるのでしょう。

(2022年3月19日)

 現在は「AURA」とレーベル名を変えた「ERMITAGE」(隠者の住まい、の意)の代表的一枚。おそらくは、この黄金の名コンビがスイス・ツァーをしたとき、スイス・イタリア語放送局が収録したものでしょう。この三曲でも充分コンサートは成り立ちます。(p)1994となっており、正直いくらで買ったか記憶なし。1000円は出していないはず。

 モノラル録音と推察されるが、おそらく人工的に広がりが付加され(それは成功している)たいへん聴きやすい、自然な音質で収録されております。ワルシャワ条約統一軍が「プラハの春」を蹂躙し、アンチェルがカナダに亡命するちょうど10年前のこと。この人、レパートリーは狭かったみたいで、同じ曲ばかり数種CDが出ていたりします。(ワタシのサイトにも「新世界」〜VSOとの〜が)

 「売られた花嫁」における、猛烈なテンションの高さと勢いグイグイは想像通り。コレを皮切りにして、全74:59〜あっという間に聴き終わります。このスピード・切迫感が継続します。正直、ずいぶんと聴いているCDだけれど、コメントをつけるのはとても難しい。あちこちと「ああ、こんなところが!」とか「おお、なんというジミジミとした」みたいな「重箱の隅ほじほじ仕組細部探索」を楽しむべき演奏ではない。

 ライヴならではのアツさと、驚異的なアンサンブルの水準も同時に楽しめます。これが1958年のライヴとは信じられない。

 「新世界」交響曲って、一種特有の親しさ懐かしさ、とか、胸ハズむ希望を感じませんか。いえいえ、このアンチェルの演奏が「ノスタルジーもなにもない」なんて言っているんじゃないんです。もっと自然というか、演奏者にとって当たり前の約束事というか、委細かまわず(ほんまはたいへんにかまっているはずだけれど)一生懸命やったら、こんなアツい演奏になりました、みたいな印象。

 第2楽章「ラルゴ」〜いえいえ「家路」でいいじゃないですか。たまにね、しっかりと「間」をとって切々、という演奏もあるでしょ。そのほうが似合う曲調かも知れません。ここでもスルリ・サッパリと、そして流れよく、快く進みました。やはり勢いがある。オケがね、柔らこうて、ええ感じ。チェコ・フィルってやっぱり、アンチェル時代が全盛期だったんでしょ。

 スケルツォ楽章のティンパニのド迫力。バチさばきに腰入ってます。終楽章〜コレ、次の「展覧会」でもはっきり気付くけど、この金管の切迫するヴィヴラートはなに?音色が泣き叫んでますよ。いわゆる金属的・無機的な金管じゃなくて、人の声が押し寄せるような錯覚がある。いえね、売り物の弦の暖かさ、木管の素朴さになんの文句があろうか?状態は言うまでもなし。

 いわゆるトスカニーニ方面演奏だけど、もっと「一筋」的自信に満ち溢れて、強引さとか、もちろん鈍重さとは無縁のカッコいい「新世界」でしたね。ぼやっと聴き流しちゃいけないよ。はっきり言って、VSOの録音〜なんやら遠慮気味で盛り上がりに欠ける〜とは大違い。


 「展覧会の絵」〜まったく同傾向(当たり前か)の演奏でした。早めのテンポで、テンション高く、さぁ、バンバン行きまっせぇ、的演奏。トランペット?この切迫感にはドキドキさせられますね。チェリビダッケの録音聴いたことあります?微速前進、どのパートももうとことん細部まで徹底濃厚味付け演奏。あの世界とは正反対か。

 こういう曲はカラヤンが上手いんです。これとも路線が違う。表現的にはもちろんだけれど、オケの個性の生かし方じゃないのかな。もっと誠実で、甘さがなくて「端麗辛口」。どちらがカッコよいと感じるかはお好みだけれど、シンプルでトラディショナルなスーツ。オトコに化粧もアクセサリーも必要ないですよ。大切なのは清潔感。(反省します)

 ワタシはアンセルメの語り口の上手い、華やかな演奏が好きだけど、こういう誠実一路な演奏にも胸打たれますね。繰り返すが、とくに〜とくにですよ〜金管が良い味出してますね。トランペットにはなんども(ラストまで惚れ惚れする)触れたけれど、「ビドロ」のチューバのヴィヴラートだってかつて聴いたことのない色気の固まり。「リモージュの市場」における快速テンポ〜それを楽々とこなす金管群の超絶技巧。

 「カタコンブ」〜「ババ・ヤーガ」〜「キーウの大門」〜このクライマックスは金管の魅力爆発。凄く迫力と奥行きを感じるが、空虚なやかましさを感じさせない。アンチェルはいつも知的なんです。そして暖かい。いえいえ存分にアツい。清潔なリズム感もある。一枚聴くとたいへんなる満足感が残って、まさに一夜の演奏会を聴き終えた気分。会場の拍手も暖かい。(2003年8月1日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲

written by wabisuke hayashi