●「コンサートへ行こう」へ

アンサンブル・フリー第10回演奏会(尼崎アルカイック・ホール)


2008年11月30日(日) 13:30開演〜尼崎アルカイック・ホールにて  入場無料

Prokofiev

交響曲第1番ニ長調「古典」 作品25

Tchaikovsky

ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35

馬淵清香(v)

Stravinsky

バレエ音楽「春の祭典」

浅野亮介/アンサンブル・フリー

   アンサンブル・フリーの演奏会は壱年半ぶりナマ演奏は半年ぶりです。心身共の体調問題、(出不精故)ご近所で、しかも休日のマチネじゃないと出掛ける気が起きないんです。今回はその条件がそろった、希有な演奏会となりました。ぎっくり腰やや回復した女房も連れて行って来ました。

 演目がエエのか、大ホールであるアルカイック・ホールは意外なる集客。ここはけっこう低音の響き具合も含めて、音響もよろしい。三々五々団員が登場して勝手に音馴らしを始めるアメリカン・スタイル、スリムな浅野さん登場して「古典交響曲」始まりました。まだ、手探りでアンサンブルは慎重だが、ここで前回の演奏会を思い出しました。テンポは比較的ゆったり、勢いノリを少々犠牲にしても、細部入念なる描き込みが個性だったんですね。

 それにしても「古典交響曲」は名曲!しかも一捻りある、意外と演奏会に登場しないもの。古典的な衣装をまとって、モダーンで素敵な旋律リズム続きます。弦も管も出足、少々不安だったが、徐々にアンサンブルが暖まって終楽章の肌理細かい表現と、ノリがやってきました。

 Tchaikovskyのヴァイオリン協奏曲は、例の如しの露西亜風クサい甘美旋律が苦手です。馬淵さんは青いドレスが似合っているが、若手にありがちの細身で神経質なタッチではなく、むしろ骨太でよく鳴るヴァイオリンは(言うまでもなく)完璧技巧也。日常、滅多に聴かない作品だが、ワタシは見直して新鮮に受け止めました。ここでもアンサンブル・フリーは、ややゆったりめのテンポで細部の描き込みが入念なんです。

 15分の休憩挟んで、ナマ初体験の「春の祭典」〜噂には聞いていたが、すごい編成ですね。打楽器だけで5人。ワーグナーチューバ(持ち替えで)二人加わりました。月に2回は絶対に聴くお気に入り作品だって、ナマ体験しないと理解できないもんです。50年前はプロでも苦戦していた”現代音楽の古典”も、21世紀にはアマオケのレパートリーにいたるとは・・・

 冒頭、非常識な高音での息苦しいファゴットが開始されるが、まさに作曲者の意図通り。例えば弦の各パートでも違う演奏をしたり、ティンパニは予想していたが、大太鼓のド迫力(ラグビー部出身風)+ドラの効果に圧倒されました。浅野さんの解釈は、ゆったりとしたところでは入念に味付け、速い部分ではモウレツなテンポで走り抜けます。個々のパートの小さなミスは云々するべきではなく、CDでは体験できない音の鮮度を堪能しておりました。

 浅野さんの指揮は独学らしいが、独特のパフォーマンスながら指示や意図は明快でした。ワタシのリファレンスはピエール・ブーレーズ(新旧3種の録音)だが、ナマ体験でその意義を確認できました。つまり、ナマでは激しい音響の混沌に細部が不明確になるんです。ブーレーズは細部までクリアな世界を目指したんでしょうね、それが革新的であった、と理解しました。ほとんどの作品は、ナマのほうがいままで見えなかった声部が発見できるものだが、「春の祭典」は別格か。鮮度と迫力は言うまでもないが、録音の方がいろいろと細部が確認できる・・・

 打楽器群メンバーが協力して、残響を抑えて静謐を作り出すのも興味深かったですね。貴重なる体験をさせていただきました。

 鳴りやまぬ拍手に、女性が花束を〜って、私服に着替えた馬淵さんでして、団員に投げキッスを!ユーモラスで、素敵な女性でした。   


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi