Mozart フルート協奏曲ト長調(ジャック・ズーン)/オーボエ協奏曲ハ長調(シュニーマン)
/フルートハープのための協奏曲 ハ長調(マルク・グローウェルズ(fl)/ギゼレ・ハーバート(hp))


BRILLIANT	99329
Mozart

フルート協奏曲第1番ト長調K.313(ジャック・ズーン(fl))
オーボエ協奏曲ハ長調K.314(シュニーマン(ob))

レフ・マルキス/新アムステルダム・シンフォニエッタ(1989年)

フルートハープのための協奏曲 ハ長調K.299

マルク・グローウェルズ(fl)/ギゼレ・ハーバート(hp)/バーナード・ラバディー/レ・ヴィオロン・ドゥ・ロワ(1994年)

BRILLIANT 99328   40枚組9,500円で買ったMozart MasterWorksのウチの一枚。

 Mozart MasterWorks(40枚組)を一気購入したのが、1999年。まだスリム仕様ではない時代なので、ドでかいケースを抱えて帰宅した記憶があります。その後、BRILLIANTは170枚組(全集ですか?現相場弐萬円ほど)をスリムボックスで出しており、音源はかなり入れ替わっているみたい・・・木製フルートの名手ジャック・ズーンの音源は含まれません(ペーター・ルーカス・グラーフへ)。故に少々貴重なる存在となった一枚也。

 レフ・マルキスはモスクワに生まれ、収録作品の編曲者バルシャイが1955年に創設したモスクワ室内管弦楽団の初代コンサートマスター兼ソリストとして活躍後、1981年オランダに移住、アムステルダム・シンフォニエッタ(当時の名称はアムステルダム・ニュー・シンフォニエッタ)の初代指揮者に就任しました。・・・とはネット検索結果。なかなか引き締まって、充実したアンサンブルを聴かせて下さっていることは、もう一枚のCDで確認済みでした。なんせルドルフ・バルシャイの弟子筋ですもんね。現代楽器だろうが、たった今現在のサウンドとして違和感なし。

 フルート協奏曲第1番ト長調K.313〜出会いは中学の音楽室(担任が音楽の先生だったので私物化していた)で聴いた、ハンス・マルティン・リンデ(fl)/ハンス・シュターデルマイヤー/ミュンヘン室内管弦楽団(ARCHIV 西ドイツ直輸入盤LP2,300円也/眩しい銀色レーベル)・・・その後、LP時代にはあまり熱心にこの作品を聴いていなくて(ニコレ/リヒターくらいかな?)自分の感触としてはずいぶんと久々の再聴〜それは驚くべき”天翔る”爽快な演奏でありました。

 知名度で演奏を聴いちゃいけないが、ジャック・ズーンはコンセルトヘボウ〜ボストン交響楽団と主席を務め、現在では教職にありつつアバドのルツェルンのオケにも参加しているじゃないですか。映像で拝見すると、黒光する木製フルート(自作らしい)がいかにもカッコよろしい。(楽譜に疎いので聴き間違いかもしれないが、冒頭伴奏からソロが参加してませんか?)それともオケのフルートが上手いのか。ぽってりと暖かいソロは自在に歌います。もの凄いヴィヴラートや華やかな色じゃない(ベルリン・フィルの歴代主席のイメージ有)んだけれど、朗々と健康的であり、明るく太い響きが素敵です。

 我らがヴォルフガングはフルートをあまり好きじゃなかったらしいが、この希望に溢れた健全なる旋律はなんたる魅力!それこそ、リンデ以来この作品に出会って30数年、古楽器系を除けば(あれは別種の感触有)これぞヴェリ・ベストの輝きに溢れます。バックも録音も極上。

 バート・シュニーマンのオーボエは、じつはダブり買いでありまして、既にサイトにコメント済み。”セクシーに微笑んだ明るい音色であり、表情豊かに一点の曇りもないMozart ”ということになります。この人はオーストラリア出身で、あちこち(BRILLIANTばかりではなく)録音がありますね。オランダで活躍しているらしい。これもヴェリ・ベスト。

   問題は、レ・ヴィオロン・ドゥ・ロワでして、カナダ・ケベック州の古楽器団体だそう(いかにも仏蘭西語っぽい名前)。ほんまかなぁ。ワタシの粗雑な耳ではそれっぽくもあり、柔らかく素朴な現代楽器のようにも聞こえる(録音もやや落ちる?)・・・ま、作品は大好きでして、幾度同じコメントをしているはずだけれど、華やかなお嬢様を連想させる音楽。

 いずれ、フルートは(先のジャック・ズーンと大違いで)親密でマイルド、ややこぢんまりと湿っぽいサウンドのソロ。それはハープも同様なマイルドな響きでした。やっぱり古楽器なのかな?(ソロのヴィヴラートは盛大に掛かっているが、バックの弦はいかにも古楽器だ)先の2作品とは、ずいぶん印象が変わって違和感少々ないでもないが、これだけ聴けばかなり好みの演奏であります。

 やはり、馴染みのこの作品のヴェリ・ベストを争う演奏。とくにカデンツァが素敵なんです。棚中別の同作品一枚をオークション処分に出しちゃいました。(ちっとも売れんが)

(2008年12月5日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi