Mahler 交響曲第2番ハ短調「復活」
(ジョン・バルビローリ/ハレ管弦楽団/合唱団1959年ライヴ)


これはSJB1078 Mahler

交響曲第2番ハ短調「復活」

ジョン・バルビローリ/ハレ管弦楽団/合唱団/Victoria Elliott(s)/Eugenia Zareska(ms)

Free Trade Hall, Manchester March 12, 1959年ライヴ(写真はSJB1078)

 放送録音のエアチェックらしい。第2楽章「アンダンテ・モデラート」でテープがもつれたような乱れ有。これはライヴ故のアツい推進力に溢れた演奏であって、冒頭からもの凄い集中力、第3楽章「スケルツォ/魚に説教するパドヴァの聖アントニウス」に至っては爆発し、叫び、揺れ動き、優しく陶酔する・・・
 前任だったニューヨーク・フィルはMahler のオケ、彼の作品を振れないと話にならぬ、ということでしょう。期待に違わずスケール大きく、アツい、縦横無尽にテンポを揺らせてとことん歌う!といった凄い演奏。ユージニア・ザレスカ?の太い声質も説得力存在感充分。ハレ合唱団も〜つまり声楽の扱いも上手いということですよ。これでちゃんとしたステレオ・セッション録音であったらなぁ、歴史的名盤の一つになり得たと思うんだけれど。
(「音楽日誌」2011年10月より)
 バルビローリだったら晩年シュトゥットガルト放送交響楽団とのライヴ(1970年)が音質もよろしく、有名でしょう。こちら、ネットより音源データ入手、自主CD化して挙句忘却していたもの。歴史的音源は(主に音質的な理由で)拝聴機会は減って、棚中整理していてある日再発見いたしました。直接音中心に残響少ないオンマイク、音質は曇り気味、種々打楽器の音量大きく前面、金管の響きは濁って残念なモノラル・ライヴであります。平板に奥行きが足りないけれど会場ノイズはリアル。テンポは中庸、第1楽章「Allegro maestoso」は燃えるように激しい迫力と集中力にて開始、第2楽章「Andante moderato」冒頭辺りテープ劣化甚だしくも音揺れ有、演奏そのもはアツくテンポが揺れて、滔々と歌うもの。弦のポルタメントもたっぷり。

 ハレ管弦楽団は響きが薄いとかオケの技量云々されることがあるけれど、バルビローリの統率に間違いなし、縦横無尽なテンポな揺れに応えるアンサンブルであります。第3楽章「Scherzo: In ruhig fliesender Bewegung」ここは「魚に説教するパドヴァの聖アントニウス」によるユーモラスなスケルツォ。冒頭のティンパニは衝撃的、リズムはノリノリ、流麗かつヴィヴィッドであります。最終盤は思いっきりテンポを上げて煽っておりました。第4楽章「原光(Urlicht)」「赤い小さな薔薇よ」と歌い出すユージニア・ザレスカ(1910ー1979)この人は1960年前後、あちこちMahler演奏に参加しておりますね。時代を感じさせて深く雄弁、重い声質に驚かされます。ラス前の陶酔が続きました。

 そしてラスト第5楽章「Im Tempo des Scherzos」(荒野を進むように)。激しい管弦楽の開始〜弱音ホルンのハ長調主題〜木管による「怒りの日」主題へ、この辺り静かにやがて「復活」の動機への成長してシミジミ。できれば打楽器金管を伴う大音響、静謐なところもクリアな音質にて聴きたいもの。バルビローリの集中力、情熱、テンションはたっぷり味わえます。金管アンサンブルにもオケの弱さなどは感じさせない(独墺風の音色じゃないけど)。行進曲風の推進力も文句ないでしょう。

 やがて静寂が・・・遠い夜鶯(木管の啼き交わし)〜聖者たちと天上の者たちの合唱へ。ハレ合唱団、ヴィクトリア・エリオット(s)も、先のザレスカ同様時代を感じさせる深刻さ、神秘さ、ヴィヴラート(ポルタメント?の印象か)を感じさせました。この辺り、いかにもバルビローリが好きそうな(似合った)雄弁な音楽やなぁ。表情豊かな声楽の扱いはお見事。管弦楽を思い切った”間”、決然と対比させるアツい表現に胸打たれ、ライヴでの感銘が想像できますよ。音質乗り越えて(あまりよろしくないからこそ)アツい感銘をたっぷりいただきました。盛大な喝采有。

(2017年12月3日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi