外伝へ

100円、200円、1,000円の価値



 ・・・LPをかなり発見。大体が廉価盤、「セラフィム」「フォンタナ」「ユニヴェルソ」「ダイヤモンド1000」「パルナス」など。学食のカレーが¥80の時代だから、廉価盤の¥1000は大変な買い物だった・・・おやじのノスタルジーか?・・・〜これ、BBSに書き込んでいただいたものです。1970年頃ですね。

 「グロリア・シリーズ」は900円、ほか、「ヒストリカル1000シリーズ」「世界の名曲1000シリーズ」「ダイヤモンド1000シリーズ」「エラート1000シリーズ」「RCAグランプリ1000シリーズ」「バロック1000シリーズ」「ヘリオドール」等々世代によってはホンマ懐かしい廉価盤LP。(「ユニヴェルソ」は1,200円だったはず)

 ワタシは「石油ショック」後の学生だったので、上記文書より少々値上がり気味の価格感覚ですが、「学食のカレー80円」を現在仮に300円とすると「1,000円盤」は現在3,750円という驚異の価値へと至ります。そうか!今の1,000円CDは当時で換算すると266円也。「いつかは湯水の如くCDを買いたい」といった夢が現実となりました。素晴らしき時代。(現100円CDは、当時の計算では27円でっせ)

 いや、ホンマ当時は若かった(というか子供だった)し、真剣に音楽を聴きました。ここ最近、「湯水の如く」CDを買っちゃって、挙げ句にばんばんエア・チェックからMDを作っているでしょ?贅沢というか、ものを大切にしなくなったというか・・・、でも、最近はますますケチ度も深化し「1,000円CDなんて豪勢!」とビビっちゃって買えません。


 2002年4月末、久々大阪に寄って「CD漁り」を堪能しました。これ、サイトで「CD検索」とは意味が異なる独特の興奮とスリル。合計34枚買っちゃいました。これでも2時間ジックリ選定・抑制していて、衝動的なら50枚越えていたはず。演奏内容の価値(の類推)と価格のバランスを熟考して判断していく至福の時間。嗚呼、一年に数回だからこその感動か!

 今回購入中、一番単価が安かったのが

「DIE GROSSEN SINFONIEN」(EDEL 0001122CCC)〜5枚組1,000円。これサイト上や、岡山の新星堂でもなんども見かけていたんですよ。紙パック仕様は大好きで、しかも真っ白な愛想なしでまったく無駄がない。いちおう曲目明細を示しておくと

Brahms 交響曲第2・3番(ヘルビッヒ/ベルリン交響楽団)
Haydn 交響曲第94・97・98番(ヘルビッヒ/シュターツカペレ・ベルリン)

* ヘルビッヒって、昔から知っているようで、ほとんど聴いていなかったし、先日聴いたNielsenがとても良かったので。オケの違いも楽しみ。
Mozart 交響曲第29・41番(スイトナー/シュターツカペレ・ドレスデン)
* これ、むかしPHILIPSで出ていた29番のLPとは別物でしょうか?
Schubert 交響曲第5・8番(シュライヤー/シュターツカペレ・ドレスデン)
* 一時、シュライヤーはずいぶん録音していましたね。オケが楽しみ。
Beethoven 交響曲第5・7番(コンヴィチュニー/ゲヴァントハウス管弦楽団)
* いうまでもなく全集とのダブリ、いやはや。

 独墺系の著名交響曲ばかりなので少々遠慮していたが、旧東系の演奏家で固めてあるのも魅力絶ちがたい。ダブり買いも、こうしてみれば再聴の良い機会か・・・という言い訳苦しく、やはりこれは@250と評価すべきでしょう。

 じゃぁ、ということで

Schumann「クライスレリアーナ」、Liszt「メフィスト・ワルツ」など、Debussy 数曲 (ARKADIA CDGI 908.1)〜正真正銘@200。(中古じゃなくて、在庫処分か)ジュリアン・フォン・カーロイ(p)1953/54年の録音。カーロイはなんども名前を聞いているようで、いざ調べてみるとどこの誰だかわからない。演奏はのびのびとして、しっかりとした骨太さもあって悪くない。音もヨロシ。廉価盤フリークとしての自己満足度(どや、3,000円で駄盤買うたやつもおるやろ、とか)極めて高し。

 数年ぶりに「高い」CDも買いました。

Ravel 作品集(RCA 09026-63683-2 マルティノン/CSO)一枚1,000円。10年前の新星堂1,000円盤を買い損ねて以来、このCD探していたんですよ。1,500円なら数回見かけていたんですが。さきの独墺系交響曲5枚と同じ価格でしょ?フツウ買えませんよ。でも、清水の舞台から飛び降りる決意で買っちゃいました。

 マルティノンはシカゴ時代評判が悪くて、どう考えてもアメリカの機能的オケとの相性はよろしくない先入観があります。が、「異質なるものの出会い」は期待させるものがあって、この時代の録音は(機会があれば)全部聴いてみたい、と常々思っておりました。ワタシにとっての超高額=1,000円は期待料なんです。(冒険料は600円迄)


 大阪へ行った翌日、出張で山口に行っておりまして、「あ、デジカメの電池買わなくちゃ」とダイソーに寄りました。そしたらウワサの「フルトヴェングラー」CD発見。試しに一枚のみ購入。

Brahms 交響曲第1番ハ短調(これ表記がないが1952年のウィーン・フィルだそう)〜これ、アツく、燃えるような、うねるような演奏でした。History盤と同じ原盤だが、「だったらHistoryでも@100で売ったらどうか」なんていう勝手な感想も出てしまう〜でも、100円ですから。1,000円じゃないですよ。これこそ、「音楽の感動と価格とはなんの相関関係もない」(江戸時代の和算の大家・関 孝和の言葉〜うそ)ということを証明する事実でした。

 それとMD2枚買いました。手持ちで数十枚MDがあったが、さすがに在庫が切れて困っていたら「ダイソーMD100円」ですもんね。カセットって、1980年代は高くありませんでした?少なくとも100円という記憶はない。しかも、ピンキリありましてね、高いのと安いのとでは音質に大きな差があったんですよ。もしかしたら、MDでもそうなのかも知れないが、ワタシには「差」はわかりません。

 帰宅して、DATアエ・チェックからMD2本に落としました。
Shostakovich 交響曲第8番(ハイティンク/ウィーン・フィル)
1994年7月31日 ザルツブルグ・ライヴ

Puccini 「菊の花」
ハーゲン弦楽四重奏団 1993年ライヴ

Bach ブランデンブルク協奏曲第2・3・4番
イル・ジャルディーノ・アルモニコ
1995年7月1日シュタイヤーマルク音楽祭ライヴ

Handel  「シバの女王の登場」
合奏協奏曲作費品6―10ニ短調
Bach ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 
ジ・エイジ・オブ・エンライトゥンメント
1995年7月9日ベルリン・フィルハーモニー・ライヴ

〜これで各@100です。ま、もともとのDATのマシン代、DATテープ代を考慮すればエラい贅沢かもしれんが、100円のMDなら、思う存分使っても後悔はないでしょ?(2002年5月10日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi