●外伝へ

(続々)コレクター的感慨



 ネーメ・ヤルヴィによるSibelius の交響曲全集(旧BIS録音)は、2005年初頭集中的にBOOK・OFF@500にて入手〜たっぷり愉しんだものです。第7番のみなかったのは、先に売れてしまったのか?ま、いつか入手できるさ、と油断していたらオークション700円出品の落札を失念しました。HMV通販だったら2,000円で手に入るけど、慌てることもないでしょう。で、2007年5月のある日、オークションで1,050円で発見、無事落札・・・送料(メール便)310円に少々クレーム付けてみたが、業者さんみたいだったしポイント使って支払って、即届きました。1,000円を切っていないのは残念。

 大切なことは「集めること」ではなくて(当たり前だけれど)「聴いてあげること」なんです。しかし新しいCD(音源演奏家作品)に常に興味を持っていく、というのは「聴く意欲」とリンクしているのも事実。聴く機会の少なくなったCDは、オークションにて新しい聴き手に安く譲っております。それは一年掛けて数百枚に至っていて、ま、一枚くらい贅沢してもいいか、と自分に言い訳しました。この交響曲第7番ハ長調は、速めのテンポ、ストレート系でさっぱり、流れの良い演奏でした。

ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団のSibelius (旧BIS録音)CDは以下の通り。NAXOSのサイトで聴けるんですね。

●交響曲第1番ホ短調/交響詩「フィンランディア」(CD-221/1982年) *標準小売価格3,600円とのシールが貼っております

●交響曲第2番ニ長調/ロマンス ハ長調(CD-252/1983年) *これも3,600円!

●交響曲第3番ハ長調/「クリスチャン王U世」組曲(CD-228/1983年) *同上のシール有。別な店で買ったんだけど・・・

●交響曲第4番イ短調/カンツォネッタ/「大洋の女神」(CD-263/1984年)*シールはなし

●交響曲第5番 変ホ長調/アンダンテ・フェスティヴォ/「カレリア」序曲(CD-222/1982年)*これも標準小売価格3,600円也

●交響曲第6番ニ短調/「ペレアスとメリサンド」(CD-237/1983年)*同上

交響曲第7番ハ長調/「クオレマ(死)」/「夜の騎行と日の出」(CD-311)・・・これが今回入手したもの。

これは「クッレルヴォ」作品7(1985年)BIS CD-313   500円●クッレルヴォ 作品7(CD-313/1985年)

●「白鳥」「ベルシャザールの饗宴」ほか(CD-359/1985/6年)

●「歴史的情景」作品25/66/「エン・サガ」(CD-295/1985年)

 第3番(これも500円)以外は同じ店(BOOK・OFF)で入手したもので、今回第7番入手なって一応完了・・・なのは間違いないが、ヤルヴィのBIS旧録音は未だ存在するんです。ま、目標を持ってゆっくり探そうかな、と。

歌劇「塔の乙女」/「カレリア」組曲(CD-250)

「ポヒョラの娘」「恋人」「タピオラ」「即興曲」(CD-312)

ヴァイオリン協奏曲ニ短調+(シルヴィア・マルコヴィッチ(v) CD-372)

「春の歌」「吟遊詩人」+(CD-384)

「6つのユモレスク」「二つのセレナード」+(CD472)

劇音楽「テンペスト」 Op. 109/カッサシオン (CD448)

スカラムーシュ Op. 71/結婚行進曲 (CD502)

・・・おそらくはあとこれだけ残っているはず。今回はちょっと高い買い物をしたが、500円くらいでぼちぼち探しましょう。その前にまず、ちゃんと聴くことだ。

(2007年5月11日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi