●外伝へ

ブーレーズの音源発見


 毎度の話しで恐縮だけれど、聴きこなせないほどCDを買ってしまうのは、価格破壊された廉価盤の功罪か。一方で、未知のものに対する興味を失っては、音楽に対する発見もあり得ません。「家族の生活をも省みず、博打・酒(もちろん女性にも)に使い果たす」なんてこともないので、自分のお小遣いの範囲で安いCDを買い足すくらいは大目に見て欲しいものです。

 音楽(に限らず趣味のもの一般)は「ヒマだからたくさん聴ける」というものではなくて、仕事なんかがたて込んでいるときのほうが集中できる場合もあります。(学生時代、テストの直前に本を読み出したら最後、面白くてやめられない、という現象は誰でも経験しているでしょう)Bach のカンタータ全68枚分のCDは、まだ10枚辺りでウロウロしているが、別なものにもつぎつぎ興味が湧いてきて困りもの。金にも限りはあるが、時間はもっと有限なんです。

 現在気になっているのに、手つかずで困っているのがブーレーズ。ブーレーズは1966年の「海」を聴いたら一気にハマってしまって、DATをひっくり返したら、1995年あたり(日本でブーレーズ・フェスティヴァルが開かれた)のFM録音が大量に出てきて、もう大変なんです。試しにLSOとの「詩編交響曲」を聴いてみたら、もうダメ。嗚呼、こんな録音速くMDに落とさないと・・・。

1995年5月19日サントリー・ホール
ブーレーズ 弦楽のための本
ベルク 初期の七つの歌曲/アルテンベルク歌曲集(ノーマン)
ドビュッシー「牧神」「海」(ブーレーズ/LSO)

1995年5月22日サントリー・ホール
バッハ/ストラヴィンスキー カノン風変奏曲「高き天に我は来たり」
バッハ/ウェーベルン 6声のリチェルカーレ
バッハ/シェーンベルク 前奏曲とフーガ変ホ長調BWV552「聖アン」
ストラヴィンスキー 詩編交響曲(合唱団不明)
ラヴェル 組曲「クープランの墓」
ストラヴィンスキー「プルチネルラ」(ブーレーズ/LSO)

1995年5月26日サントリー・ホール
ラヴェル「マ・メール・ロワ」
ストラヴィンスキー「春の祭典」(ブーレーズ/LSO)
ピアノ作品(ポリーニ)

1995年5月30日サントリー・ホール
バルトーク  バレエ音楽「不思議なマンダリン」
ラヴェル バレエ音楽「ダフニスとクロエ」(ブーレーズ/NHK交響楽団)

1995年5月31日サントリー・ホール
ウェーベルン「パッサカリア」作品1
大管弦楽のための6つの小品
バルトーク ピアノ協奏曲第1番(バレンボイム)
ベリオ「シノフォニア」(スィングル・シンガーズ)
ブーレーズ/シカゴ交響楽団

1995年6月1日サントリー・ホール
シェーンベルク 室内交響曲第1番ホ長調 作品9
管弦楽のための3つの小品(遺作)
ウェーベルン 管弦楽のための5つの小品 作品6
シェーンベルク ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 作品47(クレーメル・バレンボイム)
ベルク ピアノ、ヴァイオリンと13管楽器のための室内協奏曲
ブーレーズ/アンサンブル・アンテルコンタンポラン

 ま、当時ヒマというか、タイマーも駆使して熱心にエア・チェックしてますねぇ。おそらく、これでエア・チェックは打ち止めにしたような記憶有。全部、録音できているわけじゃなくて、5/26には(ポリーニ)なんていうクレジットが残っていたり、「クロノクロミー」(素晴らしく多彩で緻密)の一部が収録されたりしているので、録りそこねたものもたくさんあるみたい。それでも贅沢で貴重な音源。

 ところがブーレーズのライヴは、まだ出てきて驚き。

1993年4月21日 パリ・サル・プレイル
ワーグナー「パルシファル」前奏曲
マーラー「亡き子をしのぶ歌」(ヤルト・ファン・ネス)
シェーンベルク 交響詩「ペレアスとメリサンド」作品5
ブーレーズ/パリ管弦楽団

1994年8月27日 ザルツブルグ祝祭大劇場
ストラヴンスキー 管楽器のためのサンフォニー集
ドビュッシー 「牧神」「ボードレールの5つの歌」より「噴水」
ラヴェル 歌曲集「シェエラザード」(フェリシティ・ロット)
ウェーベルン 管弦楽のための5つの小品 作品6
ベルク 管弦楽のための3つの小品 作品6
ブーレーズ/ウィーン・フィル

1993年4月23日 ベルリン・フィルハーモニー・ホール
ストラヴィンスキー「幻想的スケルツォ」作品3
ウェーベルン 管弦楽のための5つの小品 作品6
ドビュッシー 「牧神」
ラヴェル バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 組曲「クープランの墓」
「ラ・ヴァルス」
ブーレーズ/ベルリン・フィル

 ブーレーズがパリ管を振った音源は珍しいでしょう。「ブーレーズの演奏ってこんな感じ」と、何故自覚できているのか不思議だった謎が解けました。けっこう聴いているんですよ。上記のものはライヴだけれど、CDからFM放送されたマーラーの6番やクリーヴランド管(新しいほう)との「春の祭典」も録音しておりました。

 へんな計算だけれど、一回の演奏会分*@1,000としても一万円もうけた感じ。しっかり聴いて楽しませていただきましょう。・・・・で、「ストラヴィンスキーがけっこう多いじゃない」と思っていると、ヤルヴィ/スイス・ロマンドのストラヴィンスキー(1993年ライヴ。きっとCD録音と同時期)がDAT2本分出てきて驚き。キリがない。(2001年4月8日) 


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi