●外伝へ

BOOK・OFF値付け相場のナゾ


 相変わらず湯水のごとくCDを買っては聴ききれない日々・・・贅沢かもしれないが、値段の安いものばかりだし、煙草博打パチンコとかツマらん夜の店なんかも一切行かないから、勘弁してください。聴ききれないのは集中力の低下もありますが。文庫本も大好きだからBOOK・OFFのヘヴィ・ユーザーになっていて、あちこち出張したら必ず寄ります。地元・岡山では2店(ここでは処分もする)、津山、広島(2店)、山口、高知2店、札幌、登別、五反田、八幡浜、しまなみ街道でも一回寄ったなぁ、鳥取、博多駅前、ああ京都京阪三条は全然ダメだった・・・

 全国あちこち、「BOOK・OFF情報」は寄せられて「ウチの近所はろくな品揃えじゃないです」みたいなのが多いが、それは違う。探す、待つ努力と粘り強さが問題なんです。ここ5年ほど毎週行く岡山今村店だって、在庫の波があります。札幌だって年に一回ほどの訪問で数回目、昨年2004年初めて大量優良格安物件と遭遇。もっとも相場の高い、品揃えもぱっとしない五反田店はのべ20回は訪問しているはずだが、今回ほぼ初めての大漁でした。

 ココだいたい@1,000(税込)なんです。基本。NAXOSも駅売海賊盤も雑誌付録盤、もちろんメジャー・レギュラー盤も。(奥に@750コーナーがあるが、いかにも品揃えが悪いし、全然安くない)それでも来客は多いだろうから商売になるんでしょう。例えば月にCD一枚買って、ていねいに楽しむ・・・それが正しい音楽の聴き方だと思うし、月1,000円の出費だったら問題なし。(その価格で売れているんだろうから、ボロい商売です。BOOK・OFFはん)

 しかし、商売は厳しい世界〜そこに辣腕目利きバイヤー(=ワタシ)登場。最近、スリム・ケース仕様で2〜3枚入っているCDがあるでしょ。一見一枚に見えちゃう。それも@1,000なんです。だから、まずそれを探し、狙う。この店の値付け仕事のパターンは見切った!(それでも品揃えには意外性が足りないが)で、今回、新たな「狙い目」に気付きました・・・というか、月に一回行くとかなり在庫顔ぶれが変わっているから、一気入庫があったのか。

 「セットもの」BOXが安いんです。驚きました。計壱万円使いました。(だから夜はうどんで節約・・・単なる二日酔いだが)

Chopin ピアノ全集 ニキタ・マガロフ(p) (1974年〜78年) PHILIPS 456 376-2 13枚組2,550円(税込) @196

* じつは対抗馬としてサンソン・フランソワChopin 全集もありましたが、数日前ソナタ+マズルカ2枚組いただいたばかりでしたので、こちらに軍配。その結果、かなり集めたNAXOSのビレット盤は処分決意いたしました。その昔、高くて手が出なかった全集。単発も含め、廉価(ワタシ基準)での出会いはいままでなかったんです。(帰り新幹線でワルツ集聴いたら涙出た。やさしくて、抑制があって、暖かくて)

Schubert ピアノ・ソナタ全集 ウィルヘルム・ケンプ(p) (1965年〜68年) DG 463 766-2 7枚組1,650円(税込)@236

* これもイングリット・ヘブラーのボックスが対抗したが、収録曲が少なかったし、価格的にもかなり上だったのでケンプ盤優勢勝ち!ケンプの個性は、Schubert に似合っていると思います。

The Art of Alicia de Larrocha アリシア・デ・ラローチャ(p) (1970年〜83年) DECCA 473 813-2 7枚組1,650円(税込)@236

* Bach 、Haydn、Mozart 、Beethoven 、Mendelssohn、Chopin 、Schubert 、Schumann、Liszt、Soler、Turina、Granados、Monsalvatge、MONPOU、Albeniz、de Falla、Khachaturian、Ravel 選曲最高です。彼女のCDは大昔のモノラルを2枚持っていただけ。欲しかったんですよ、ずっと。CDを収納するスリーヴが、彼女の写真集になっていて素敵です。

Dvora'k 弦楽四重奏曲全集 シュターミツ弦楽四重奏団 (1988年〜93年) BRILLIANT 99949 10枚組1,650円(税込)@165

* どこでも売っているセットで、たいてい新品より中古の方が高いという不思議な相場。興味はあったが偶然未入手でした。これはちゃんと「中古並」の良心価格になっておりましたので購入。(京都のホテルに入ったら、立派なDVDセットがあったので、その機器で弦楽四重奏曲 ニ長調〜作品番号なしの初期作品か、早速聴いてみたが、その優しく甘い旋律に驚きました)

ここまで間違いなくダブり買いなし!でも、次のはちょっと一部在庫があったり、かつて購入していて処分したり・・・のセットものです。

Beethoven 交響曲全集/ピアノ協奏曲全集/ヴァイオリン協奏曲ニ長調* ハンス・シュミット・イッセルシュテット/ウィーン・フィル/バックハウス(p)/シェリング(v)/ロンドン交響楽団*(1958年〜69年) DECCA 467 892-2  8枚組1,650円(税込)@206

* う〜む、Beethoven はあまり得意じゃないし、しかもあまりに有名、オーソドックスな録音。音質も良いし、座右に置くべき音源だと判断いたしました。一枚一枚の作品収録にも配慮があって、感心します。シェリングはPHILIPS音源でしょう。ダブりは処分しないと。

 問題は”ちゃんと聴く”ということですな。聴き方計画を精密に立てないと。「求めよ!さらば与えられん」ということか。でも、BOOK・OFF五反田店の在庫・価格設定はこの方向で行って欲しい。

written by wabisuke hayashi