Beethoven 交響曲第5番ハ短調/Schubert 交響曲第8番 変ロ短調
(シャルル・ミュンシュ/ボストン交響楽団)


RCA GD86803 Beethoven

交響曲第5番ハ短調 作品67
序曲 レオノーレ第3番 作品72b(1956年)

Schubert

交響曲第8番 変ロ短調「未完成」

シャルル・ミュンシュ/ボストン交響楽団

RCA GD86803 1955年録音  中古500円で購入

 これはLP時代から馴染みの録音だけれど、以前から”ヨロしからぬ、濁った音質”との印象がありました。十数年ぶりにCDでの再聴を果たしたが、LP時代の記憶より音質ややマシかな・・・って、モノラルじゃないの?コレ。2005年RCAがこの音源をSACD化するとのこと。じつはちゃんとした”ステレオ・マスター”が存在して、それは初CD化であるらしい。ほんまは優秀録音!かもね。果たして「印象一変!」なのでしょうか。(調べてみると既にXRCD化〜なにこれ?3,465円!〜されているそう)

 で、とにかく「運命」第1楽章から。快速(実際はそれほどに聞こえない)、溌剌、推進、熱狂、汗水、繰り返しなしは・・・残念〜だけれど、ミュンシュの個性だと(繰り返しは)必要ないような気もしますね。第2楽章「アンダンテ」にも爽快で流れがよろしい。立派な演奏ではあるが、ネアカでして、妙な深刻暗鬱さはないんです。時にテンポをためて旋律を強調したりすることもあるが、時代遅れの印象ではなくて、スマート、のびのびしたセンス有。

 ものものしく、怪しげな雰囲気表現も可能な「スケルツォ」だって、カルくはないが、どんよりとした重量感ではない。低弦の旋律はむしろ流麗で、ハズむような、サラリとした味わいさえ感じさせます。終楽章は、まさにミュンシュにピタリ!的開放感に溢れたもので、以前聴いたBrahms と同質性がありましたね。(繰り返しなしは残念)全体としてオーソドックスな表現だけれど、ややラフなアンサンブル、にこやかな表情が好ましい演奏でした。オケの各パートにも色気がちゃんとある。

* Y氏より(いつもながら)詳細コメントいただきました。「響きが厚めに聞こえるのは、けっこう譜面に手を加えていて、第4楽章ではコントラファゴットにトロンボーンを、ファゴットにホルンを重ねているところがありました」感謝。

 最近、俄にマイ・ブームとなっている(Beethoven 一連の)序曲。レオノーレ第3番は、先の交響曲に負けず劣らず深刻な冒頭だけれど、意外とサラリと始まりますね。途中からの明るい表情は、さっぱりと楽しげであって、粘着質皆無。木管をはじめとして明るい音色で、軽快なる躍動有。ラスト一分半の”オケ腕の見せどころ”は立派でしたよ。アッチェランドで畳みかけるところも、ミュンシュらしい。

 「未完成」は難物ですね。いったい、どんな演奏をして”名演”と評したらよいのか・・・いえいえ、たいていどんな演奏を聴いても「嗚呼、美しい旋律だな」とシミジミ状態に至ること保証付き。できれば”曲をして語らしめる”、残響豊かな会場と、中低音に重心のある自然体のオケのサウンドを聴かせていただきたい。

 ミュンシュは彼特有の、煽って急いたような表現頻出!かと思ったら、そんなことはない。(このCDでは)音質ともかく、深遠なる荘厳な響きがジワジワと〜とは言えないが、静かで落ち着いた味わい深く、ボストン響は美しい。音質良い状態で、繊細な響きを確認したいものです。(2005年6月18日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi