Beethoven 交響曲第5番ハ短調
(朝比奈隆/大阪フィル1985年)


第1/3/4/5/8番(1985年 VICTOR VCD-1〜4)中古4枚組1,250円

Beethoven

交響曲第5番ハ短調

朝比奈隆/大阪フィルハーモニック管弦楽団

VICTOR VCD-1〜4 1985年 中古4枚組1,250円

・・・こんな作品演奏を聴こう、といった気分になるのも精神が高揚している証拠か。ずっしりとした腰の重い、遅めのテンポ。時として、アンサンブルの集中力やらオケのテンションに問題ないではないが、引きずって、落ち着いて、噛み締めるような旋律表現が味わい深い。これは拝聴すべき価値だと思います。第1楽章/終楽章とも繰り返しを実行してくださって(繰り返しは、ワタシ的価値観では必要。素敵な音楽をたっぷり楽しめるから)その長さ、ナント39分に及んで、贅沢にもこれでCD一枚収録也。(音楽日誌2006年8月)
 2007年も押し詰まって(相変わらず)苦境の毎日〜と感じるのは、ワタシが”面白おかしい日常”を求めているからでしょう。きょうも辛くもお仕事苦境を乗り切った、オークション出品したCDもほとんど全部予想外の価格で売れ、本日全部入金を確認できた、体調も悪くない・・・これ以上なにを望むの?といった贅沢な一日を遣り過ごしました。

 【♪ KechiKechi Classics ♪】定例更新のネタも切れ、好んで聴くことも少ないBeethoven の交響曲を聴いておりました。昨年2006年より(所有CDの)処分は加速度的を増し、でもしぶとく、これは我が棚中に生き残っておりました。上記「音楽日誌」に言い尽くした以上のコメントはございません。あとは戯れ言の余録です。つまり蛇足。

 「運命」交響曲との出会いは、オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団であって、小学校5年生のクリスマスでした。演奏者云々という価値観もなかったし、純なガキは一生懸命ハードでコアな音楽を堪能したものです。(もちろんLP時代)その2年後にはウィリアム・スタインバーグ/ピッツバーグ交響楽団(これはCDになっていないじゃないか?)の緊張感溢れて快速、そして少々オケの響きが金属的な演奏を堪能したものです。繰り返しが嬉しかった。

 現在だったらトスカニーニ系のカルロス・クライバー、カラヤン/ベルリン・フィルの1962年録音(銀色に輝くスピード!)、そして、フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団(1959年/ノリノリ)となります。「”ジャジャジャジャ〜ンの運命”は聴き厭きた!」ということはなくて、純粋に”強い音楽”が苦手なだけです。故・朝比奈翁の佳き聴き手ではなかったワタシだし、この演奏はオケが弱いな、と感じたこともありました。

 しかし、古風で不器用で、こんな演奏もエエではないか、とちょっと感じました・・・(これからも頑張って更新しましょう)。

(2007年11月16日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi