●外伝へ

オークション出品(結果)


 思い立って「オークション」に出してみて約一週間〜予想通りの落札状況だったような、意外だったような・・・オモロいですねぇ。ま、もとより儲けようとは思わなかったし、出品している最中にほかのものが気になって、いくつも入札しちゃったり、で、”処分”になりません。オークションの経費、振り込み料やら送料を考慮すると商売にするのは難しい〜あくまで”楽しみ”でやるべきですね。実際、けっこう楽しみました。

 入札下さった方に、”どうしてこのCDが欲しいのですか?”と、伺いたいような衝動もあります。ま、乾いた商売にはそんなことは必要ないんでしょうが。いまや「Yahoo !オークション」は業者の方が過半のような気もするし、一般に相場が高く思えるのはそのせいもあるのでしょう。業者の出品が悪いとは思わないが、クラシック音楽のことを(おそらくは)理解していない方々の出品には少々閉口気味・・・

  「稀少盤一枚@3.800!」が、じつは10枚組セット・リマスター盤(しかも激安!)が現役だったり・・・「C・ダッケ」?〜チェリダッケですか?(F・ヴェングラーの類ですな)そんなものもあり、おおいに笑わせていただきました。量的には出品したうちの7割強の落札だが、思わぬ競合で価格が少々競り上がったものもあって、世間の嗜好について勉強になりました、というか、正直よくわからない。

 売れ残ったものは、”ちゃんと聴きなさい”という神の啓示(但しKechiの神)なんでしょう。そう理解して、音楽に対する気分一新!代表例が、ベルティーニのMahler 交響曲第1〜5番でして、なんとか売り払って全集入手を目指したが挫折〜またの機会を狙って、既存分を存分に楽しみましょう。残りは一度だけ(少々値下げして)再出品してみました。これで売れなかったら諦めます。

 土曜日の休みに入札終了次第メール送付やら、出荷やらやっているが、まるでお仕事ですな、気分は。ゆっくり音楽を聴ける気分じゃないっす。

 落札者の中に読者がいらっしゃって、泣かせるメールをいただきました。

貴殿のホームページより・・ [入札下さった方に、”どうしてこのCDが欲しいのですか?”と、伺いたいような衝動もあります。]

私も林様同様、諸般の事情によりLPを処分した者です。
(実際はまだ、どうしても処分出来ない愛着のある物が少し残っています
  もうレコードプレイヤーも無いのですが・・・)
この落札したCDも、処分してしまったレコードの中に入っていたもので、 しばらく探していた物です。
マンロウのこのシリーズは中古店でも なかなか見かける事がなかったので、 手に入れられて素直に嬉しいです。
以上、簡単では御座いますが、このCDを欲しかった理由です。

・・・なるほど。このCDは素晴らしいものだと思いますが、ワタシの縄張りと少々異 なっていて、こんな音楽を愛される方に引き取っていただけて幸いです。

(2006年6月17日)


 時々、反省しちゃう・・・CDの買い過ぎです。いずれ、集中して聴ける音楽の量は(時間的にも精神的にも)限られているのに、思わず衝動買いしてしまう。もちろん自分の経済的範囲の許す限りなのは前提だし、おそらくは”新しいCDを買いたい”気持ちと、”聴きたい”という意欲はリンクしているから、仕方がないのかな、とは思いつつ。月一回の東京出張は、いつも時間に余裕があるワケじゃなし、偶然時間が小一時間くらい空くと思わず「悪所」(CDが安く売っているところ)に足が向いてしまいます。

 つい昨日も、新橋キムラヤでごっそり、計30枚分も(予定外に)買っちゃいました。月に2・3枚くらいが正しい量目だと思うんだが。こんな”反省”は年に数回あって、思わず(馴染みの)BOOK・OFF(中心)に、”もうエエでしょ・・・的CD”を処分したものです。その数、おそらく15年累計(類推)1,000枚程。二束三文で。もちろん、金儲けが目的じゃない(より厳選して音楽に集中しよう!)ので後悔はないけれど、それにしても一枚@50とは少々情けない。

 で、今回「Yahoo !オークション」に試しに出品してみました。あまりオークションは熱心じゃなくて、先日ノートパソコンを処分するときにちょっと利用したくらいだが、今回ちょっと欲しい出物はあったし、中途半端収集中心に、この際処分しようかな、と思い立ちました。どーせ安物ばかりだし、@200くらいで出品しようかな・・・と思ったが、他の方の価格相場を見て考えを変えました。びっくりするくらい高い。

 最近、業者の出店が多いせいか。ワタシの相場感覚が狂っているのか。@1,000は安くないと思います。それに全集もの分売、もちろん駅売海賊盤には、それに相応しい相場(半分以下)が必要だと思います。現役で激安発売されているもの(その現物)を、かなり高く出品していたり、ひどいのはダイソーの100円CDを500円くらいで出している事例も有。ま、消費者の目は肥えていて、ほとんど高いものは入札されていないが・・・と、いうか、大部分入札がないようだが。

 ワタシの値付けは「自分が買う立場だったら、これくらいで」ということにしました。経費も別途掛かるだろうから@450で。ERMITAGE系のCDは激安ボックス再発されたから、ずいぶん割高だけど、”バラで欲しい”という方もいらっしゃると予測しました。ま、これはスヴェトラーノフのMahler も同様。それなりに売れたら、きっと、また全集やらボックスを買っちゃうんだろうな、きっと。売れなくても良いんです。時々眺めて「あ、入札があった」「ウォッチ・リストに入っている」と楽しんでおります。BOOK・OFFで数年間も売れ残っているより、ずっと精神的にはよろしい。

 我らが【♪ KechiKechi Classics ♪】の読者も、ぜひ入札を!だれも入札なく売れ残って、それに興味があったらダイレクトで連絡下さい。もっと安く譲りましょう。

(2006年6月10日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi