R.Strauss 家庭交響曲/メタモルフォーゼン
(アントニー・ヴィト/シュターツカペレ・ヴァイマール)


NAXOS 8.570895 R.Strauss

家庭交響曲(2007年)
メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための習作)(2005年)

アントニー・ヴィト/シュターツカペレ・ヴァイマール

NAXOS 8.570895 

 オペラ中心の活動なのか、このオケの録音はほとんど聴いたことがありません。偶然、お気に入りのR.Strauss管弦楽作品中、この家庭交響曲はほとんど馴染んでいなくて、これを機会にしっかりお勉強の意欲もありました。NAXOSへの数多い録音で知られる Antoni Wit(1944ー波蘭)はR.Straussの有名どころをまとめて録音していて、ようやくその一部を拝聴機会を得ました。これがしっとりジミに温かくも落ち着いたサウンド、木目の響きに惚れ惚れするような出色の音質、知名度に頼らぬ【♪ KechiKechi Classics ♪】鉄則に従った大穴の発見!大掛かりな4管編成、サキソフォーン4本というのが個性的でしょう。

 全編途切れずに演奏され、4部に分けられるそう。区切りの理解が違っていたら教えて下さい。第1部「家庭の主人の主題」(←今や好まれぬ用語)は「ドン・キホーテ」冒頭に似て、さらにしっとり落ち着かせたような温和な風情、ギラギラするような金管の爆発場面は控えめに、ヴィトは慌てずにしっとり歌っておりました。低音も効いた会場の空気感しっかり、適度な残響も優秀録音でしょう。オケの瑞々しい厚み、管楽器の色気にも不足はありません。(5:27)

 第2部「こどもが遊び、母親の子守歌に包まれて眠る様子」はスケルツォとのこと。軽快な木管の掛け合いはこどもを表現して、子守唄はしっとりしたヴァイオリン・ソロ、優しく平和に微笑ましい情景が続きました。5:30辺り、不安にちょっぴり暗転するところは「ドン・キホーテ」を彷彿とさせました。(6:43)第3部「仕事をする夫、愛の交歓、妻の気づかい」静謐なしっとり風情は継続して木管、そして弦の掛け合いは目眩がするほどの美しさ。(6:05)「Adagio」はいかにもウィーン・フィル辺りが似合いそうな陶酔の場面、シュターツカペレ・ヴァイマールのサウンドに不足なし、情感は高まって感極まるこの作品中白眉。この辺り「英雄の生涯」を連想させるもの。静謐のうちに収束して・・・(13:20)

 ラスト第4部「喧嘩、そして和解の歌」はガラリと風情は変わって、「薔薇の騎士」風旋律のフーガから始まって雰囲気は賑々しく勇壮に力強いもの。ここでの分厚い響きはオケの実力充分、金管の炸裂も余裕でしょう。嵐を連想させる風情(喧嘩)はやがて4:10辺り優しくしっとり収束して、木管による「和解の歌」シンプルな旋律へ。やがてそれは圧巻の金管の雄弁な爆発に至ってオケの技量の見せ所でしょう。8本のホルン合奏最高、「英雄の生涯」を連想いたしました。(15:13)全体雰囲気としては「アルプス交響曲」かな?あれほどわかりやすい自然描写はないので、ちょっぴりとっつきにくいかも。例の如し、多種多様多弁な旋律は魅惑に充ちていると知りました。

 メタモルフォーゼンは最晩年、フクザツな和声の絡み合い、人生の黄昏諦観色濃い作品。このオケの弦の色気、寄せては返す陰影の深さはホンマもんでっせ。作品との出会いはクレンペラー(1961年)、それは立派な演奏に間違いはないけれど、状態のよろしい音質は耳に快いもの。(28:18)

(2021年2月20日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi