Faure 歌劇「ペネロープ」前奏曲/組曲「ペレアスとメリザンド」/
Debussy「忘れられた小唄」/交響的素描「海」
(ロビン・ティチアーティ/ベルリン・ドイツ交響楽団/マグダレーナ・コジェナー)


Linn CKD550 Faure

歌劇「ペネロープ」への前奏曲
組曲「ペレアスとメリザンド」(前奏曲/糸を紡ぐ女/シシリエンヌ/メリザンドの死)

Debussy

「忘れられた小唄」(Brett Deanによる管弦楽版)(やるせない夢心地/巷に雨の降るごとく/木立ちの影/木馬/グリーン/スプリーン)
交響的素描「海」「海上の夜明けから真昼まで」「波の戯れ」「風と海の対話」

ロビン・ティチアーティ/ベルリン・ドイツ交響楽団/マグダレーナ・コジェナー(s)

Linn CKD550 2017年録音

 Robin Ticciati(1983-英国)はこれからが愉しみな世代、2017年よりベルリン・ドイツ交響楽団の首席です。手許にたくさん貯まった昔の音源を大切に聴いて、同時に未来ある若手の成果も確認したいもの。英国の指揮者がドイツのオケを振っての仏蘭西音楽というのも一興、「忘れられた小唄」(管弦楽版)は初録音とのこと。

 Faureの管弦楽作品はアンセルメの記憶が色濃く残って、クールかつセクシーな旋律はデリケートな魅力に充ちております。歌劇「ペネロープ」への前奏曲は吐息のように静謐な音楽、サウンドはちょいとザラリとして劇的深淵に硬派、力強いもの。結末がはっきりしないのは、おそらくそのまま歌劇本編に入るのでしょう。(8:00)組曲「ペレアスとメリザンド」も同様の風情、前奏曲は控えめな詠嘆に充ちてデリケート+陰影豊か(6:23)糸を紡ぐ女は弦がくるくる回る糸車を表現して、オーボエの音色は濃厚でした。(2:42)シシリエンヌは一番人気、遣る瀬ないとはこのこと。フルートの音色は仏蘭西風色気ではない、全体に淡彩に淡々さらりとした抑制でした。(3:42)メリザンドの死は葬送音楽。ゆったりとした歩みは劇的にパワフルに力強さを感じさせるもの。これも結末がはっきりしません。(4:30)雰囲気で聴かせるヤワに甘いサウンドに非ず、デリケートさに厚みもありました。

 Debussy「忘れられた小唄」は捷克の名花Magdalena Kozena(1973ー捷克)の歌、作品は初耳かも。言語不如意、言葉の意味さておき「ペレアス」をしっとり彷彿とさせる朗唱の連続は、妖しくも静謐な風情に充ちておりました。「巷に雨の降るごとく」ってポール・ヴェルレーヌですかね。Brett Dean(1961-濠太剌利)の管弦楽化は絶品の静謐透明かつ色彩豊かなもの。やるせない夢心地(3:41)巷に雨の降るごとく(2:47)木立ちの影(3:00)木馬(2:55)グリーン(2:45)スプリーン(2:48)

 交響的素描「海」はあまりに有名な名曲、古今東西の名演奏揃えてその実納得できるものは少ない、難解な作品と感じます。 「海上の夜明けから真昼まで」は夜明け光と波の動きがはっきりと理解できるところ。旋律の膨らませ方、微細なニュアンスの配慮、テンポの動き、勢い、生真面目に緻密なアンサンブルはみごとなものでしょう。(9:32)「波の戯れ」はスケルツォに当たるのだそう。(Wikiによる)自在な木管の躍動はオケの技量を物語って、華やかにユルい軽妙さは期待できないけれど、デリケートな精密さが光ります。(7:18)「風と海の対話」風雲急を告げる嵐の接近か。トランペットによる主題は朗々として、これは名手によるものでしょう。集中力高く、入念なる細部描き込み、響きは濁らない、パワフルにキレを感じさせるもの。(8:31)

 正確なリズム、アクセント、立派な完成度に間違いないけれど、もっと燃えるような眩さとか情感、華やかさを求めたいのは聴手の嗜好です。

(2021年8月28日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi