Dvora'k チェロ協奏曲ロ短調(ヤーノシュ・シュタルケル(vc)/
ウォルター・ススキンド/フィルハーモニア管弦楽団)


EMI 5 68745 2 Dvora'k

チェロ協奏曲ロ短調

Ernst von Dohnanyi(1877-1960洪牙利)

チェロと管弦楽のためのコンチェルトシュトゥック ニ長調

ヤーノシュ・シュタルケル(vc)/ウォルター・ススキンド(Walter Susskind, 1913ー1980捷克)/フィルハーモニア管弦楽団

写真はEMI 5 68745 2 1956年録音

 

後、数回録音しているが、コレちゃんとしたステレオ録音なんですよ。いやはや巧いね、このチェロ。けっこう楽々・すいすいと演奏したみたいで、難曲を難曲と感じさせない。こだわりなく、けっこう素直に表現したみたいで、聴いていて気持ちがよい。なんか「燃えるようなパッションを!」「一演入魂!」的入れ込みじゃなくて、「このくらいはいつでも弾けるけんね」みたいな味わい有。ススキンドのバックは出しゃばらず、不足せず状態で、オケも上手い。録音も予想外に上々。
・・・とは2003年のちょろコメント。Janos Starker(1924ー2013洪牙利→亜米利加)はブダペスト歌劇場、ブダペスト・フィル、ダラス交響楽団、メトロポリタン歌劇場、シカゴ交響楽団の首席を歴任。SP時代より超絶技巧を知られていた名人。

 おそらくはDohnanyiとの組み合わせがオリジナルなのでしょう。チェロ独奏の最高峰作品は久々の拝聴、1956年ステレオ初期とは思えぬかなり鮮度ある音質。十数年前の自分は”けっこう楽々・すいすい”と聴いたけれど、当時43歳壮年、気力体力充実した鮮やかな技巧と、朗々とした歌にあふれて爽快な演奏でしょう。熱気も充分、ススキンドのオケも充分深みを感じさせる魅惑のサウンドであります。

 第1楽章「Allegro」ロ短調。冒頭暗くシンプルなクラリネット旋律(第1主題)が劇的な大音響に成長していく様子はDvora’kのワザ、フィルハーモニア管弦楽団の清潔清冽な響きも好ましいもの。とくに木管が美しい。やがて決然としたソロは同じ旋律で参入、力みのない余裕の開始を(当時)”けっこう楽々・すいすい”と聴いたのでしょう。懐かしい第2主題は例の如く郷愁に充ちた深い呼吸、こみ上げるような名旋律表現は力みなく、美しい弱音、微妙な陰影と表情の変化、細かいパッセージのテクニックはスムースに完璧、そしてオケはピタリと息が合う。巧まざる熱気、ノリは緊張と緩和のバランスから生まれました。粗さのない、緻密な完成度でしょう。(14:19)

 第2楽章「Adagio ma non troppo」ト長調。メロディ・メーカーとしての実力が遺憾なく発揮された最高の緩徐楽章。ここもクリネット中心の木管より開始、そっと優しくチェロが参入いたします。木管とソロの掛け合い絡み合い最高、やがて弦が静かに幻想的に寄り添って、フィルハーモニア管弦楽団は弦も美しい。やがてト短調の慟哭絶叫に入って、チェロの嘆きは切々として、その表現は濃厚に過ぎない抑制を感じさせました。いかにも難しそうなアルペジオも楽勝、木管とのバランスはススキンドのワザなのでしょう。ホルンも上手いなぁ。難所であろうチェロのカデンツァも”けっこう楽々・すいすい”な感じ。木管は天空を飛び交う小鳥の歌のよう、ここのソロも弱音の抑制がお見事。(10:37)

 第3楽章「Allegro moderato」ロ短調〜ロ長調。ずんずんと力強く歩むリズムが印象的な開始、主題は「黒人霊歌風」なんだそう(Wikiによる)記憶ではトライアングルがデーハーに鳴り響くはずが、ここではあまり存在を感じないのは録音のせいなのでしょう。いかにも難儀そうな技巧を駆使するソロとオケは渾身の爆発に掛け合い、この辺りカラヤン/ロストロポーヴィチの記憶だったらオケの威力と色気、ソロの剛力ががっちり戦っていたはず。こちらややバランス重視の抑制表現でしょう。チェロの詠嘆の美しさに不足はありません。木管は色気より清潔を感じさせるもの。民謡風の第2楽章(Wikiによる)は懐かしいやすらぎでしょう。7:30辺り、ヴィオリン・ソロと掛けうところは白眉!やがて第1主題も回帰して大団円を迎えました。ラスト、ニュアンスと魂のこもったチェロ最高。燃えるようなパッション、一演入魂!ですよ。(12:27)

 Ernst von Dohnanyiの作品は初耳。夢見るような甘いメルヘン旋律連続、これは隠れた名曲でしょう。時代を考えるとずいぶんと浪漫な旋律、R.Strauss+Barber+メープルシロップを加えたみたい。シュタルケルは延々と余裕の歌心に、オケの響きはちょっぴり濁って、これは録音のせいでしょう。(22:23)

(2021年10月23日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi