R.Strauss 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
(ジョルジュ・プレートル/フィルハーモニア管弦楽団)


RCA VD87733 1983年録音 R.Strauss

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

ジョルジュ・プレートル/フィルハーモニア管弦楽団

RCA VD87733 1983年録音

 2008年のニュー・イヤー・コンサートで思わぬ注目を集めたプレートル(1924-)も高齢故、実質上引退状態かと思われます。特定の定まったポストに就いていないのは、裕福な資産家?そんな想像をしていたら、ちゃんと苦学生だったらしいから、彼の生き方の問題なのでしょう。レパートリー、表現も含め自分の好きなことのみ徹底した生き方なのか。Poulencやら仏蘭西近代の録音の印象があるけれど、著名なDebussyやらRavel の録音ってありましたっけ?Brahms のライヴ音源は入手したけれど、Beethoven の交響曲は見たことはありません。

 タワーレコードでの復刻(+Sibelius )があるけれど、これはCD一枚37分の贅沢収録!って、いまやデータ入手。そんなコメントも無意味になりました。ディジタル時代入った優秀録音。ロンドン・ウォルサムストウ・タウン・ホールにて収録(エンジニア;マイケル・グレイ、プロデューサー;チャールズ・ゲルハルト)。映画「2001年宇宙の旅」(1968年)によって、そのカッコ良い冒頭の金管(自然の動機)+ティンパニのみ有名になった「ツァラ」〜その実、意外と難解な作品か、と思います(なんせ由来は哲学書だからね)。日本では1970年前後ズービン・メータ/ロサンゼルス・フィルのLP(1968年)がベストセラーになって人気が広がったと作品と記憶。閑話休題(それはさておき)

 緻密細部の描き込みより、作品を大づかみにデフォルメすることも多いプレートル、ここでは鮮明な音質+オケの優秀な機能も含め、わかりやすい迫力演奏になっておりました。Einleitung(導入部)の重低音オルガン響き渡ってトランペットは抑え気味、ティンパニの叩きつけるようなド迫力に押され、例の前のめりっぽい勢い表現に金管も呼応します。Von den Hinterweltlern(世界の背後を説く者について)。弦は濃厚纏綿にヴィヴラートたっぷり、入念に歌われ高揚します。続くVon der grosen sehnsucht(大いなる憧れについて)弦も金管も表情豊かに劇的振幅の広いもの。Von den Freuden und Leidenschaften(喜びと情熱について)はいっそう陰影深まって金管とティンパニ(存在感は一貫して突出!)の衝突+オルガン、ハープが華やかに色を添えております。

 Das Grablied(墓場の歌)。やや落ち着いた風情が加わるところ、相変わらずプレートルのアツい、うねるような表現継続。Von der Wissenschaft(学問について)は低弦がうごめく静謐へ。木管と弦の絡みがわかりやすく表現され、ここでも自在に熱気と明るさが高まる気配有。「自然の動機」(ほとんど冒頭の大爆発)が呼び水となってDer Genesende(病より癒え行く者)へ。この患者はかなり快復して元気ありますね。ここでお得意のちょっぴり前のめりアッチェランド表現登場。ミスを誘発しやすいトランペットの上昇音型もおみごと、ごりごりとした低弦と管楽器の細かい音型の掛け合いもオケの腕の見せどころでしょう。暗→快活な明るさは病からの復活か。Das Tanzlied(舞踏の歌)はヴァイオリン・ソロが優雅に、ハズむようなリズムに乗ってヴィヴィッド。プレートル、かなりノリノリでっせ。オーボエもホルンも軽妙優美、エエ音やな。ここたっぷり盛り上がってますよ。

 Nachtwandlerlied(夜のさすらい人の歌)。消え入るような落ち着いたラスト。ド素人には冒頭の勇壮な冒頭回帰がわかりやすいけど(例えば「英雄の生涯」)Tanzlied(舞踏の歌)たっぷり暴れて(8:55は最大)ラスト佳きクールダウンなのでしょう。

 100人必要な4管編成、オルガン、ハープでしょ?弦のパートは5部どころか更に分割されているそうだし、フクザツ多岐な作品、”緻密細部の描き込みより、作品を大づかみにデフォルメする”プレートルはツボを押さえて、みごとな完成度でした。「ティル」とか「ドン・ファン」の録音はないのか。

written by wabisuke hayashi