小澤/ベルリン・フィル・ライヴ1989年


Berg

管弦楽のための3つの小品 作品6

Brahms

ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15

小澤征爾/ベルリン・フィルハーモニー/シフ(p)(1989年6月13日フィルハーモニー・ホール・ライヴ)カセットにてエア・チェック→MDへ

 べつに小澤に限らないが、ここ最近の売れ筋の人の新譜はほとんど聴いておりません。CDの値段が高いし、手持ちで未聴ののものも在庫は溜まる一方。まだ、FMを盛んに聴いていた頃は「基礎知識として」、または「世間の常識として」有名どころも聴いておりました。ある日、カセットをしまってあるダンボールをひっくり返したら、これが出てきました。

 エア・チェック時の記憶(10年ほど前)では、たいへん美しい演奏であった記憶有。ワタシは小澤のファンではないが、音楽を憎んでいるわけではないんです。ましてや、Bergはたいへんなお気に入り。それに、これはワタシの厳選・選りすぐり(同じ意味か)400本残カセットの中でも、極めて成功した(そうでもないかな?)エア・チェック音源なんです。

 まずBergが、まったく従来のイメージをひっくり返してしまう演奏。なんども聴いている曲だけれど、一聴、この曲とは気付かない。バカバカしいスケール感とか、シニカルな狂気とか、爆発的な暴力とは縁がなくて、まったく緻密で凝縮された静かな音楽。この演奏からは「歌」は感じられない。いえいえ、悪口言ってるんじゃないんですよ。

 「間」とか「呼吸」、「この辺りはひとかたまりで、こういった意味合いで」〜みたいなものが、まったく存在しない。(おそらく)楽譜そのまま、精密に淡々と流れていって、「タメ」とか「アク」がないんです。ある意味、いつもの小澤の世界そのまま、他の曲なら耐えきれないでしょ、きっと。

 でも、難解で複雑なこの曲、細部までひとつの音もゆるがせにしないで表現して、結果、難曲を難曲としてちゃんと難しく、しかも耳あたり良く聴かせてくれて、「明快な混沌状態」表現が極上に新鮮。これこそ、この曲の真理。威圧感も、未整理なアンサンブルも存在しない。これは、モウレツに上手いベルリン・フィルの力量でもある。厚みと重みと伝統が、極限に凝縮されてしまって、じつはダシのベースになっているんです。この芸術表現は、西欧の人々には貴重なのかも知れません。

 Brahms は別な意味でもっともの凄い。この曲、やたらと重暗く、威圧的なイメージがあって、たまにはそれもよろしいが(どちらかというと)苦手方面の作品です。カーゾン(p)/セル/ロンドン交響楽団の素晴らしい録音が残っていて、とくにセルの有無を言わさぬオケの充実ぶりに声も出ないほど。久々、それに匹敵する演奏に出会った気分ですね。

 冒頭のアンサンブルはセルに匹敵するでしょう。いえいえ、ベルリン・フィルは生粋のBrahms 向けオケですよ。緻密さの基礎にある自信というか、余裕が違います。シフのピアノが暖かくて、諄々と説得力があって、声高に叫ぶことなど考えられない奥ゆかしさ。これは、むしろBrahms のピアノ小品集に見られる、孤独・諦観・寛容がにじみ出ていて威圧感が存在しない。

 小澤のオケがねぇ、聴いている途中から存在を失うんです。これも悪口じゃない。シフの静かなソロと完全に一体化して、突出することがないんです。強圧とか、茫洋としたスケールは感じなさせい、室内学的集中力を持った美しい演奏か。いわゆるソロや、優秀なオケの自己主張のぶつかり合いとは一線を画す新時代の表現。

 小澤の表現は、優秀かつ伝統(これはクセもの)が重積したオケでこそ真価が発揮できるのかも知れません。ベルリン・フィルのような天下の最優秀オケを「自分の音」にしてしまう技量には驚くばかりだけれど、やはりベルリン・フィルはベルリン・フィルでっせ。ちゃんと、それらしい(極上の)音が鳴る。逆に言うと、上手いだけの「斎藤先生記念管弦楽団」は?という結論は自ずと見えてくるじゃないですか。(2002年7月12日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi