Schubert 交響曲第8番ロ短調「未完成」D759(ミュンヒンガー)


Schubert    交響曲第8番ロ短調「未完成」D759(ミュンヒンガー) Schubert

交響曲第8番ロ短調「未完成」D759

ミュンヒンガー/シュトゥットガルト放送交響楽団

Mozart

クラリネット協奏曲イ長調 K622

ペンツ(cl)/ギーレン/バーデンバーデン南西ドイツ放送交響楽団

VIENNA CLASSICS VIE-11  1985/95年頃録音  @250で購入

 Intercord原盤。この辺りの録音は珍しくて注目ですね。それに吸収もと本家EMIよりずっと音質がよろしい。ミュンヒンガーは、一部ウィーン・フィルとの録音が存在するものの、ほとんどシュトゥットガルトでの録音が多いのはご存じの通り。でも、放送響との録音があったとは知りませんでした。第9番は、たしかクラシック・フィルハーモニーとだったはず。

 「未完成」は浪漫的かつ深淵で美しい旋律を誇る名曲だと思うが、理想的な演奏というのにはなかなか出会いませんね。先日聴いたアーノンクール/VSOの演奏は、妙に響きが汚い。(わざとそうしているみたい)このミュンヒンガーはどうかというと、非常に素直でていねいな仕上げが特徴です。昔のバロックでは、ゴツゴツとしたスタイルも聴かれたが、晩年はすっかり軽やかとなって大人しくなったのでしょうか。

 オケの響きが明るくて、アンサンブルにも文句なし。静かで美しい演奏〜まずは合格点あげましょう。でも「震えるほど感動」するかといえば、そうでもない。まず、少々弱いというか、チカラ強さとか(全編である必要はないが)豪快さに不足します。低音が押さえ気味なのは、意識してのことなのか、それとも録音の問題なのか。

 それとSchubert とといえば「歌」が欲しいところ。ミュンヒンガーは少々真面目すぎというか、けっしてガサツではないが色気はもっとあっても良いのでは?試しにワルター/ニューヨーク・フィル(1958年)を聴いてみたら、出足のところ少々オケの音色に違和感を感じつつ曲が進んでいくと、その旋律の節回しというか、絶妙のバランス感覚と呼吸の深さに夢見心地。(そんな有名な録音に心酔してちゃいけないか)

 でも、シュトゥットガルト放響の木管は美しいし、とくに第2楽章の自然体には魅力充分でした。静謐さは貴重です。


 Mozart は賛否両論だろうなぁ。(それにしてもムリヤリな曲の組み合わせ)これほどそっけなく、しかも流麗な演奏はかつて聴いたことがない。上手い、速い、美しい、こだわりがない、夾雑物がない、そんな演奏なんです。

 ギーレンのオケは、アンサンブル最高水準。ぴったりと合った縦線、軽やかにハズむようなリズム、細部まで明快、曖昧さ微塵もなくて、細かいニュアンスもちゃんとある。「なんか文句ある?」とでも言いたげな、自信に満ちた軽快な足取り。クラリネットもまったく同じで、テクニック完璧(ちなみにバセット・クラリネットとなっております)、とくに低音の豊かな音色は魅力的。

 でも、これかつてのMozart 〜例えばウラッハ辺り〜とは、もうまったく違っていて、これほど現代的な響きとは初めて出会うような気がしました。ワタシ個人的にはビーチャム/ブライマーを標準としているが、なんかもっとあったかで、ふくよかな音楽だったはず。もの凄い美人でスタイルも良いし、活動的だし頭も良くて配慮もある、でもユーモアのセンスに欠けて、なによりワタシに対する態度が冷たい女性のような、そんな演奏か。(なんだ、もてないだけか)

 ペンツのクラリネットは、高音になると少々心がこもらない印象があって、こういうタイプの若手は最近よくいるんです。(ARTE NOVA の他のCDでも同じような印象を持ったことがあった)少々違和感を感じるのは、ワタシの石頭のせいなんでしょう。嫌いじゃありません。世の中のMozart がすべてこうなってしまうとマズいが、美しさは抜群です。第2楽章の、抑えた弱音の魅力も並々ではない。

 ひとつ、新時代のMozart に対するご意見を聴かせていただきたい。(2002年2月15日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi