そうとうマイナー・レーベル

Mahler 交響曲第4番(リム/ヤナーチェク・フィル)


Mahler 交響曲第4番ト長調
LIM 交響詩「EARL」

ピョン・ヨン・リム/ヤナーチェク・フィルハーモニー/ヘー・スン・キム(s)

JFO 0006-2 録音年不明(DDD)  250円(中古)で購入

 Mahler の第4番は難しい作品だと思います。メンゲルベルクなどの例外はあるが、あまりに個性的、強烈に演奏するような曲でもないし、かといってフツウにしすぎてもツマらない。馬力と厚みのあるオケが必ずしも成功するわけじゃない。でも、オケのやる気のなさはモロに出そうですね。第4楽章のソプラノには清楚を求めたいが、これがなかなか上手くいかないんです。(バーンスタイン盤のボーイ・ソプラノも成功とは言い難い)

 ワタシの勝手な望みでは、中低音が暖かくて過剰な艶のない、表には出ていないが、じつは名人集団の余裕のワザで楽しみたいもの。なにもしていないようで、じつは微細なワザが〜隠し包丁、または隠し味ののような〜あちこちと・・・これはコンセルトヘボウや、バイエルン放響が念頭にあるんです。

 ヤナーチェク・フィルはチェコ共和曲オストラヴァのオーケストラとのこと。あまり録音はありませんが、こういうCDを見つけると看過できないワタシの性格。しかも、隣国・韓国の指揮者(祖国では中心的な存在とのこと)とソプラノ、自らの作品である「EARL」(意味わからず。伯爵か、人の名前か?)も入ってたっぷり71分。録音年が見つけられないが、キムの生まれが1981年だからごくごく最近でしょう。音質良好のスタジオ録音でした。

 アンサンブルがしっかりとしていること、ぽってりとした豊満さもあるし、意外と好演でした。だいたい、この辺り(=中欧)の地方オケは似た感じがあって、洗練されないが、少々泥臭くって、素朴な味わいがある。暖かくて、しかも厚みもあるんです。この曲には、精緻で神経質な演奏は必要ないでしょ。

 キムの歌声は一つの理想だと思います。この色気のなさ、ヴィヴラートも少なくて、むしろ力強い線の太さを感じさせます。でも、それがいかにも飾りのない若々しさをストレートに表現していて、ある意味メルヘンなこの作品にピタリとハマりました。まだ化粧っけもなくて少々イモだけれど、じつはこれから磨いてどんどん美人になっていく、そんな予感の歌声。

 たとえば、第4楽章冒頭のクラリネット・ソロがどれだけココロに染みるか、それが問題なんです。この安らぎ、控え目な表現、鋭く鳴りすぎない金管。心静かに、いつまでも鈴の余韻を楽しみたいもの。


 交響詩「EARL」は、ちょうどJanacekの「シンフォニエッタ」に雰囲気が似ています。映画音楽のような親しみやすい、民族的な音階も登場する佳曲でした。(2002年2月25日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲

written by wabisuke hayashi