Beethoven 交響曲第9番ニ短調 作品125
(ヘルベルト・カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団)


Beethoven  交響曲第9番ニ短調 作品125(ヘルベルト・カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団) Beethoven

交響曲第9番ニ短調 作品125

ヘルベルト・カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団/ウィーン楽友協会合唱団
シュヴァルツコップ(s)ヘフゲン(a)ヘフリガー(t)エーデルマン(b)

海賊盤(EMI) ECC617 1956年モノラル録音 (もったいなくも)1,000円で購入

 苦しかった2004年のお仕事も終え、ほんわかぼんやりしております。「この作品の聴きどころは第1〜3楽章」「第4楽章には違和感がある」などという不遜な感想を持つワタシではあるが、日本の正しき年末風習=第九に従う心根迄は失っておりません。今回は(ヘルベルト・カラヤンが重用した)「ウィーン楽友協会合唱団はヘタクソ・アマチュア合唱団である」という評価を見掛けたので、はて?そうだったか、と確認を。

 ワタシは日本人らしく、第九をナマで数多く聴く機会も多かったが、全部アマチュア合唱団でした。それに「胸が空くような上手い合唱団」を聴いたことがないのか、意識できなかったのか。数年前のワタシは「楽友協会合唱団の充実しきって会場を揺るがすような劇唱」との評価でした・・・う〜む、こりゃ絶叫口調のかなり荒々しい演奏(とくにソプラノ)ですな。これは「充実しきった」と捉えることが可能なのか?どうもソロ声楽陣と合唱団をいっしょくたに評価しているみたい。

 引き締まって、前のめりの推進力に溢れたヘルベルト・カラヤンの表現に、やや余計な夾雑物が尾を引くようでしょうか。ワタシの合唱に対する感性は、Mahler 交響曲第8番を何度も聴いたり、Bach マタイ受難曲への傾倒によって変化したようです。もっと透明ですっきりとした、正確な合唱であって欲しい、と。第1楽章からのヘルベルト・カラヤンへの感想はかつてと変わらず。録音状態は、オーディオの状態を工夫するとそれなりに楽しめます。

 大枚千円札はたいて駅売海賊盤を買ってしまった、当時のワタシは愚か者だけれど、それはそれで楽しませていただきました。ちなみに、ジンマン盤のスイス室内合唱団には、現在まったく評価を変えました。まさに室内楽的正確で、ハズむような繊細な味わいをようやく理解できるように。(2004年12月30日)


 いちどホームページに取り上げたけれど、あまりの私の表現内容のなさに再挑戦。聴き直し。

 「小学生からのキャリアの私が今更Beeやん・・・」という思いありながら、最近その魅力に取り憑かれてしまったワタシ。どんな演奏を聴いても面白く、またツマラなくもある。CDはどんどん増えます。楽しく、嬉しい悩みも増える一方。

 「アンチ・カラヤン」と公言しておりましたが、ここ数年激安海賊盤、廉価盤に登場してくれて、ようやく身近に感じてきました。(DGはエライ。その点SONYは・・・・)「ドイツ・グラモフォン完全データブック」付録で聴いた、ハ短調交響曲第1楽章(1962年録音)の怒濤の迫力とオケの輝かしさ。いままで何を聴いていたんだろう・・・・発見でした。

 この全集、エコーインダストリーが第2・7番を除いてCD化してくれたんですが、録音の状態が期待よりずっと落ちる。オリジナルはどうなんでしょうか。(しょうもない一般的な解説シート付)

 全曲で65分。これは新しいベーレンライター版準拠のジンマン盤(60分)に及ばないにせよ、かなり速いテンポでしょう。

 これはおもしろい演奏でした。オケの音色が明るく、軽い。勢いが付きすぎて、細部の仕上げが甘い。アンサンブルやリズムが乱れるところもあって、それが逆に若々しい魅力を感じます。第1楽章も、第2楽章も軽快で、へんなものものしさはありません。演出臭は少なめ。

 第3楽章アダージョも、すっきり淡々としています。ホルンや木管は技術的に優秀で、美しいのもたしかだけれど、「深み」みたいなものが足りない。腰が据わっていない印象有。この楽章は録音で損してるかもしれません。

 第4楽章も同じ印象。(すくなくともヘルベルト・カラヤンのオケは)「怒濤のトゥッティで冒頭ぶちかまし」も威圧感は薄い。それでも「喜びの歌」のテーマから力強い変奏に入ると、熱を帯びてきて良い感じ。

 ヘフリガーの立派なこと。録音の加減で少し遠いけれど、楽友協会合唱団の充実しきって会場を揺るがすような劇唱。4人のソロの完璧な歌。ここでも勢い余って声楽部とオケがずれるところがなんとも言えない味わい。

 アラ・マルチアから後でリズムが前のめりになるのも、若さの証明。勢い重視でいいんです、これで。全合唱による「喜びの歌」は、一拍一拍たしかめるような力み。わざわざこの合唱団をウィーンから連れてきた理由も納得・・・・・「一生懸命歌ってます」雰囲気が、ひしひしと感じられます。(こんな合唱を聴き慣れているから、ジンマン盤のスイス室内合唱団が頼りなく思えるえる)

 最後は盛り上がります。録音がイマイチなのも忘れます。声の威力と、ヘルベルト・カラヤンの軽快なリズムが疾走しています。未完成の魅力です。

(2000年頃執筆)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi