Debussy 幻想曲/Honegger ピアノ・コンチェルティーノ/
Milhaud ピアノ協奏曲第1番(ファビエンヌ・ジャッキノー(p))


これは類似の復刻盤 Debussy

ピアノと管弦楽のための幻想曲(ウェストミンスター交響楽団1953年)

Honegger

ピアノと管弦楽のためのコンチェルティーノ

Milhaud

ピアノ協奏曲第1番 作品127

ファビエンヌ・ジャッキノー(p)/アナトール・フィストラーリ/フィルハーモニア管弦楽団(1951年)

NMLにて拝聴

 Fabienne Jacquinot(1927-仏蘭西)はネットでも情報は少なくて、上記掲載した写真も類似の復刻盤でした。日本語呼称もこれに確定しておりません。戦時中は反骨を貫いた人だったらしい。これは作品が好きだったし、かなり以前偶然に出会って、幾度愛聴していた音源でした。Debussyはオケが怪しいですね、録音用の臨時編成か既存オケの変名でしょう。フィルハーモニア管弦楽団はもちろんEMI録音か。それなり聴きやすいモノラル録音、ピアノ・ソロのタッチはしっかり聴き取れます。伴奏も優雅な雰囲気、色彩の変化もたっぷり。

 Debussyの幻想曲は彼唯一のピアノ協奏的作品。初演はアルフレッド・コルトー(1919年)Stravinskyのバレエ音楽「火の鳥」(1919年版)と同時期なんですね、それに比べるとずいぶんと保守的優雅な風情漂う名曲でっせ。第1楽章「Andante ma non troppo」は気紛れ、かつ華やかなピアノとオケの掛け合いがゴージャス(8:28)。続けて演奏される第2楽章「Lento e molto espressivo」 - 第3楽章「Allegro molto」は、静謐に甘い囁きから始まって遣る瀬なくもデリケート、やがて快活軽快な疾走に至っても表情は涼やか、力強く明快に音楽は展開します。途中夢見るようにしっとり優しい場面に油断させて、ラスト再びの疾走と朗々たるオケのピアノの呼応が華麗にに締めくくりました。(15:22)

 達者な技巧、華やかな切れ味を感じさせるピアノはもちろん、怪しげな?オケの技量も文句なし。

 Honeggerのコンチェルティーノはさっぱり人気はないようだけど、大のお気に入り。先月もマルグリット・ウェーバーを聴いておりました。フィストラーリのオケが快活に歯切れよくノリノリ、モノラルでも各パート解像度が高い。”まるで機械仕掛けのおもちゃのように楽しく、ピアノは無機的に調子外れ風に淡々として、モダーンなテイスト”作品をたっぷり堪能させてくださいます。ジャッキノーのほうが小粋に揺れ動く風情、ジャズの風情を強調して作品にいっそう映えておりました。(9:32)

 Milhaudのピアノ協奏曲はあまり馴染んでおりません。多作家である彼には5曲もあったのですね(おそらく未聴)第1楽章「Tres vif(極めて活発に)」は無定見に華やか、そして前衛的、カスタネット?打楽器の扱いも奔放にピアノは快活に踊っております。(3:59)第2楽章「Barcarolle(舟歌)」は怪しい管楽器の合奏に乗って、素っ頓狂な旋律があちこち漂う、といった風情でしょう。(5:18)第3楽章「Finale」は一変して金管の勇壮なファンファーレで始まって、ピアノは闊達に自在な音形、かなりの技巧を要求されそうなところ。明るい暴力性も感じさせて、前2作品より時代が進んでいることを感じさせました。(4:24)

(2020年9月27日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi