Dvora'k スラヴ舞曲集全16曲
(ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団)


(輸入元エコー・インダストリー)CC1091(1973/74年 DG録音)  1,000円で購入(高い!)   Dvora'k

スラヴ舞曲 作品46/1〜8
スラヴ舞曲 作品72/1〜8

ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団

(輸入元エコー・インダストリー)CC1091(1973/74年 DG録音) 1,000円で購入(高い!)

 日々、”鈍感力”強化して2008年も乗り切る決意であります。駅売海賊盤は少しずつ手持ち在庫から減っていて、それは正規盤と入れ替えたり、オークションにて格安で処分したり、ということです。それでも、15年に至るお付き合いCDとは別れ難いものも有〜これなど代表例ですな。ジョージ・セル盤と双璧の名演奏也。間違いない。本来、まとめて全部!聴くべき作品集じゃないんだろうが、全70分始まっちゃったらもうスピーカーの前を動けない。

 駅売海賊盤、おそらくはLP板起こしで音質云々しちゃマズいだろうが、しっかり芯があって、中低音充実、きんきら派手ではないが、しっとり美しいアナログ・サウンドを堪能できます。もとより、オケのサウンドそのものが”しっとり美し”くないと、お話しにならぬのは当たり前。(LP末期、某アメリカのオケで音質をウリにして話題になったものがあったが、演奏そのものはヘロであって閉口した記憶有)クーベリックって、やはりバイエルン放送交響楽団でしょうが。Dvora'kの交響曲だって立派な演奏だが、ベルリン・フィルが流麗に過ぎる印象がありました。

 クーベリックは”纏綿と歌う”系の人じゃないと思います。でもね、例えば作品46/第4番ヘ長調のノンビリと味わい深い揺れ、作品72/第2番ホ短調に於ける上品な”泣き”(これ、全曲中の白眉!)、第4番変ニ長調のためらいがちの表情の床しさ、そしてラストを締めくくる第8番変イ長調の上品な悦び、懐かしさ・・・ノスタルジー感じませんか。ワタシはバイエルン放送交響楽団の暖かい厚みが大好きです。(マリス・ヤンソンスは佳き伝統を引き継いでいますか?)

 ボヘミアの音楽って、躍動リズム!命でしょう。Smetana 歌劇「売られた花嫁」序曲やら、Dvora'kだったら序曲「謝肉祭」作品92とか。著名なる作品46/第1番ハ長調の文句ない迫力(ティンパニ上手い!)、第2番ホ短調は暗い表情のテンポが揺れ動いて、やがて明るく弾ける語り口の上手さ、ノリ。第3番変イ長調はノンビリ牧歌的に開始して、快速加速が行ったり来たり。第5番イ長調の一気呵成のスピード感。

 (嗚呼、キリがない)第7番ハ短調も好きだなぁ、オーボエのほの暗いソロからやがてオケ全体が決然と爆発するんです。そのリズムの鮮やかさ!第8番ト短調は(第1番ハ長調と並んで)アンコールでお馴染みです(両曲とも「フリアント」らしい)。作品72/第3番ヘ長調はちょっと技巧的に複雑な構成になっていて、Dvora'kの作曲技量の熟練が認められると思います。(ストレートに楽しめるかどうかは別の話し)

 第5番変ロ長調は、やや大柄の悲劇的旋律からテンポを上げて、揺れて、これも技巧的な作品。第7番ハ長調は序曲「謝肉祭」によく似た、運動会に似合いそうな軽快で、明るい作品でした。全体に前半の作品46が好みだが、作品72には泣ける第2番ホ短調や、上品な第8番変イ長調(ここでの弦の美しさは滅多に経験できぬ)という傑作もあるから最後まで油断できない。

 バイエルン放送交響楽団、上手いっすねぇ。どのパートも心を込めて、しっとりと鳴っていると思います。

(2008年1月4日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi