Classic Music Air Check Collection && Jacket Collection

 

Dvora'k チェロ協奏曲ロ短調 作品104
(小澤/NHK交響楽団/ロストロポーヴィチ1995年ライヴ)


Dvora'k チェロ協奏曲ロ短調 作品104

小澤/NHK交響楽団/ロストロポーヴィチ(vc)1995年ライヴ)

(1995年1月23日サントリー・ホール・ライヴ)テレビ放送→ビデオへ

 先日、手持ちCDで「Dvora'k チェロ協奏曲ロ短調 作品104」を全部確認したものの追補です。じつはそれなりの量で、テレビ放映された演奏会ビデオがありまして、でも、映像方面はどうも得意じゃなくて、録ったものを見ることもほとんどありません。今回も、久々、この映像を確認しながら居眠りを・・・・失礼!

 これ「小澤32年ぶりにN響を指揮!」と話題になりました。インターネットを検索してみても、この情報はほとんど登場しなくて、ま、ワタシのサイトできちんと情報を残しておくことも大切かな、と思ったものです。1995年1月17日に発生した阪神大震災の被害者に捧げられたチャリティ・コンサート。当日は、Bach 「G線上のアリア」、Bartok'「管弦楽のための協奏曲」そして標記の曲が演奏されました。

 どんなことがあったのかは詳しく知らないが、「リハーサル・ボイコット事件」で両者の関係は断絶になったんですね。32年経てばオケのメンバーも世代交代しているだろうし、氷解しても良い時期なんだろうけど、この後、このコンビ復活の話題はないはず。閑話休題。

 まず、震災で亡くなられた人々に対する黙祷の意味を込めて「G線上のアリア」を。弦楽フル・プルトによる濃厚かつ、細部に至るまで指示が行き通った演奏は感慨深いもの。挨拶もなく、当然拍手もなく小澤は下を向いたまま退場。

 Bartok'も神経質なくらい緻密で、細部を忽せにしない演奏。N響との相性良好〜ひじょうに綿密なアンサンブルが実現されていて、真面目な指揮者と真面目なオケが組むとこんな成果になる、といった典型例のような演奏と感じました。(あくまで録音上の印象だけれど)N響の響きは乾き気味で、細部が粗い印象も持っていたワタシも、彼らの実力を再認識。

 あと、燃えるような情熱とか、血が滾るようなリズム感が欲しい、というのは個人の好みなので、いいでしょ?画像が伴うと、指揮者の意向がよくわかって興味深いもの。リハーサル風景もちょっと出てきます。でも、音楽に集中するなら画像はジャマかも知れない。

 *京都のH氏より投稿あり

小澤氏/N響のバルトーク、自分も当時ビデオに録りまして、今でも好きで良く見ます。

自分が見ていて猛烈に感動してしまうのは、チェロのトップの徳永さんの、普段は滅多に見られない嬉しそうな表情・・・。ご自身が誇りに思うオケを小澤氏に深く知ってもらえるという喜びか、旧知の仲である小澤氏の凄さをオケの面々に知ってもらえるという喜びか、そのどちらかなんだと勝手に想像しています。

小澤氏に投げかける視線、時折唇に浮かぶ微笑。本当に素敵です。
亡くなる直前の徳永氏は病気で痩せ細ってしまい、お顔を拝見するのも辛いほどだったのですが、徳永氏が元気で幸せそうに演奏するこの時の映像のおかげで、なぜか自分はホっとした気分になれます。

林さん、ぜひもう一度見てみて下さいよ!


 ロストロポーヴィチ登場。当時68歳で、ソロを取るにはギリギリの年齢かな?自分が思っているイメージからはかなり老けたし、太りすぎ(人のことは言えんが)感じも有。小澤のバックは、やはりかなり神経質に細部の指示を出していて、N響もほんとうに美しいと思いました。たいへん立派な演奏だけれど、わずかにリズムのタメに不足していて、軽く感じられるのはワタシの浅薄なる耳の実力故でしょう。

 ソロは文句なし。カラヤン盤で聴かれたような「技巧のキレ」は望むべくもないが、貫禄と豊かな歌心溢れて、胸を打ちます。往年の抜いたような鼻歌とか、あざといくらいの節回しはなくなったが、そのかわり誠実なる〜やはり、ここでも細部を曖昧にしない〜精一杯の演奏姿勢が画面から感じられます。

 たいへんな熱演!大喝采。舞台袖までカメラが入っていて、小澤が水を飲んだりする様子も出てきますね。アンコールはロストポーヴィチが被災者への思いを込めてBach 無伴奏チェロ組曲第2番〜「サラバンド」。これは音色は枯れているが、表現は劇的にロマンティックで思いっきりスケールがでかい。広大なる満員のサントリー・ホールに雄大なる音楽が広がりました。

 それに先立つスピーチで「拍手をしないで」との訴えに、黙祷で演奏会は終了しました。ああ、もうあれから8年経ったんだね。(2003年6月20日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi