Dittersdorfの作品


OLYMPIA OCD405 Dittersdorf

フルート協奏曲ホ短調(1977年録音)
クリステスク/クルージュ-ナポカ・フィルハーモニー/コスティー(fl)

交響曲ハ長調(1984年録音)
ラチゥ/オラディア・フィルハーモニー室内管弦楽団

コントラバス協奏曲ホ長調(1977年録音)
ボボク/アラド・フィルハーモニー/トマージュ(cb)

交響曲ニ長調(1984年録音)
ラチゥ/オラディア・フィルハーモニー室内管弦楽団

OLYMPIA OCD405  $5.99で購入(バブル円高だった頃)

 2003年再聴。以下のはムダのない、というか愛想のない文書でんなぁ。でも、いま聴いてもほとんど感想に変化がない、というか成長がないワタシ。バロックも好きで、Mozart も大好きだけど、その間というか、マンハイム楽派っつうの?ようわからんけど、その辺りはけっこうLP時代から楽しんできた記憶もあります。素朴で、軽快なリズム感もあって。

 このCD、オケが渋いでっしょ。オール・ルーマニア勢です。「クルージュ-ナポカ」って、なんか立派なオペラ・ハウスもある。そのむかし(どのむかし?)オーストリア・ハンガリー帝国領だったとかで、複雑な民族問題もあるみたいだけれど、逆にそういう伝統的音楽的な底流があるのかもしれません。この三団体も意外と言っては失礼ながら、けっこう瑞々しい響きで楽しめました。

 フルート協奏曲は、ちょっとほの暗い旋律が魅力的で、ずいぶんと浪漫的に聞こえるのは演奏スタイル(今風の古楽器系ではない)によるものでしょう。とてつもない細かい旋律頻出で、これはそうとうに難しそうな作品。いえ、演奏する側のこと、聴くほうは存分に楽しい。Albinoniみたいな味わいもある。

 オケは残響豊かで、なんともいえないやわらかさもあります。フルートはのびのびと気持ちヨロしいし、技術的な問題もないが、ベルリン・フィル辺りを想像していたいると、しょうしょうストレート系と感じるかもしれません。

 交響曲が2曲収録されて、やっぱJ.C.Bach 〜そして初期Mozart へ、まっすぐ伝わってくる世界と確信。1984年のワリに音がイマイチというか、アンサンブルがちょっとカタくて、薄いかもね。でも、この楽しさは格別でしょう。ハ長調は3楽章10分ほどだけど、ニ長調交響曲は堂々たる23分4楽章。ティンパニも入っちゃいます。変化に富んだ旋律も堂々たるもの。これ、単純に時代の推移ととらえてよろしいのでしょうか。

 編成だって小さいだろうから、もっと演奏会で取り上げていただけると人気出そうな曲。いかがでしょう。第2楽章の纏綿と切なく歌う旋律なんて、魅力いっぱいと思うのですが。終楽章はHaydn風かな、ちょっとノンビリとした変奏曲になっているんですね。オラディアとはハンガリー国境に近い街とのこと。

 コントラバス協奏曲は、この楽器最高の傑作。(・・・と、自信を持って言えるほど聴いていないか。Vanhalくらい?)これほど、自由自在に、あの図体のでかい、融通の利かなさそうな楽器が、楽しく、ユーモラスに響くなんて!と驚きの連続。トマージュ(ThomasZ)さんの技巧は特筆もの(かなり困難そうなパッセージをいともたやすく・・・)で、ヴィヴラート豊かなその音色には、一種色気さえ漂いました。

 アラド・フィルは、録音を聴く限りCD収録3団体のウチ、一番整ったアンサンブルと思います。(アラドという街はよくわからない。でも日本からの格安航空券はある。いちど行ってみたいもの)ジミだけど、こんな作品はちゃんと聴かなくっちゃ、と反省しました。NAXOSでもARTE NOVAでも、新しい録音がたくさん出ています。(2003年5月1日)

     


 ディッタースドルフは1739年の生まれだから、ハイドンより少し年下で同年代。いい加減な知識しかないけど、このCDの写真が「ディッタースドルフが宮廷作曲家を務めた、オラディアのバロック宮殿」と書いているので、現在のルーマニアとは因縁浅からぬ人なんでしょうか。
 数曲聴いた印象では、どの曲も旋律の美しい楽しい曲ばかり。このCDはルーマニアのエレクト・レコード原盤です。ルーマニアの演奏家は、最近アルテ・ノヴァからずいぶん出るようになりましたが、馴染みのある人はほとんどいません。

 フルート協奏曲は、もの悲しく多彩な旋律。ソロはまずは十全の音色と技術(カデンツァは素敵)で、バックの充実ぶりも意外。完全なロマンティック・スタイルながら、奥行きのある深い響きが出色です。

 ハ長調交響曲は、10分ほどのシンフォニア。曲自体はJ.C.Bach 辺りの曲と似ていて、元気よくシンプルな旋律が明るくて楽しい曲。ハ長調に相応しい広がりもあって、やや能天気でしょうか。オケはもっと緊張感のあるアンサンブルが欲しいところながら、それほど無神経な水準ともいえない。

 ニ長調交響曲は、ハ長調交響曲に比べると陰影があってもう少し深い。アンサンブルのテンションの下がるところが散見されます。モーツァルトにかなり近く、23分かかる本格的な交響曲。

   コントラバス協奏曲は、拾いものの名曲。ユーモラスで、しかもバリバリのテクニックが堪能できます。アラド・フィルのバックも思いの外、しかっりとしたアンサンブル。変幻自在のコントラバスの超絶技巧-細かい音形の妙技、ハーモニクスの軽さ、が頻出して、もう出色の楽しさ。

* 演奏者の読みはまったくいい加減。悪しからず。90年代前半の個人輸入でしょうが、なぜかルーマニア辺りの演奏家に拘って数枚購入している。我ながら不思議。


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi