To CLASSIC ちょろ聴き

CLASSIC ちょろ聴き(11)


History  204556-508 The 20th Century Maestros40枚組5,990円のウチの一枚 Beethoven 交響曲第3番 変ホ長調 作品55(1937年ベルリン・フィル)コリオラン序曲(1941年SKB)Schumannマンフレッド序曲(1946年LSO)〜シューリヒト指揮
コレ、1964年録音と違うんですか?あまり音の状態がヨロシくないし、例の如しの粘らない、重くならない、勢いのある雰囲気は伝わるが、よほどの思い入れがないとねぇ、状態のCDか。コリオランは音に芯があるし、キレがあってなかなか。マンフレッドは、音の状態はともかく劇的なノリと勢いがあって、充分楽しめました。(2002年8月10日)

LONDON  GCP-1015 250円で購入 Ravel 「ボレロ」「道化師朝の庭」「逝ける女王のためのパヴァーヌ」「スペイン狂詩曲」「ダフニス」第2組曲〜デュトワ/モントリオール交響楽団 1980〜83年録音
現在、フランス音楽ではもっとも定評のある「定番」か。ウワサに違わぬ完成度、完璧なメカニック、迫力と洗練、涼やかなオケの響き、そして味わい、録音の水準の高さ。どれをとっても文句なし。現代フランス音楽のエッセンスはカナダに有。オチがなくて申し訳ない。感服。Mendelssohnでは音が薄く感じられたが、これはピタリ、ですな。(2002年8月4日)

DG GCP-1044 250円 STRAVISKY バレエ音楽「春の祭典」(1947年版)「ペトルーシュカ」(1911年盤) アバド/ロンドン交響楽団/ハワード(p)1975/80年録音
コレも定評ある演奏〜THE GREAT COMPOSERシリーズは有名一流どころばかりなんですよ。良い勉強になります。ま、C,デイヴィス盤なんかと並んで、出た当時たいへんな評判になった録音。録音状態良好、これはこれで納得せんでもないが、やや優等生的演奏か?リズムの冴え今一歩。原始の粗々しさ方向でもなく、かといって徹底的物質世代の完成度でもない。同じオケのブーレーズ・ライヴ(春の祭典)と較べると、ややフツウ過ぎ印象か。厳しすぎるかな?(2002年8月4日)

BerlinClassics 0031402BC  400円で購入 Brahms アルト・ラプソディ 作品53 ブルマイスター(a)/ボンガルツ/ライプツィヒ放響/男声合唱団(ホルスト・ノイマン) 他、歌曲集 プフューファー(p) (p)1971
曲・演奏家とも地味渋系で、これは貴重です。「アルト・ラプソディ」って、ややワケワカラン曲で、ブルマイスターのそうとうに濃厚な歌いぶり、ボンガルツの盤石・充実バック(これぞBrahms でっせ!)で初めて説得力を持つような作品でしょう。音質も明快。中低音が充実した独墺系の音です。男声合唱も胸にジ〜ンときます。歌曲は歌詞が理解できないが、ちょっとハマりそうな「ほの暗系」旋律がピアノに映えて、なんやら魅力的。誰か教えて、題名を歌詞の意味を。(2002年8月4日)


【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi