ベルリン750周年記念コンサート・ライヴ(1987年1月1日)


Ars Vivendi MRC MRC 001-2 Weber

歌劇「魔弾の射手」〜序曲/狩人の合唱

クルト・ザンデルリンク

Mendelssohn

歌の翼に/新しい心/挨拶/劇音楽「真夏の夜の夢」序曲

クラウス・ペーター・フロール/ペーター・シュライヤー(t)

Nicolai

歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」〜月の合唱/ファルスタッフの酒の歌/序曲

ロルフ・ロイター/ゲルト・ヴォルフ(b)

R_Strauss

歌劇「ばらの騎士」〜第3幕フィナーレの三重唱と二重唱

ハインツ・フリッケ/マグダレーナ・ハヨショーヴァ(s)/ウテ・トレケル=ブルクハルト(ms)/マーゴット・シュタイスカル(s)

Reznicek

歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲

ハインツ・フリッケ

Meyerbeer

歌劇「ユグノー教徒」〜アリア「おお美しいトウレーヌの地よ」

ハインツ・レーグナー/マグダレーナ・ハヨショーヴァ(s)

Lortzing

歌劇「皇帝と船大工」〜木靴の踊り/この日に栄光あれ

ハインツ・レーグナー/ジークフリート・フォーゲル(b)

ベルリンの歌「ウンター・デン・リンデン、ウンター・デン・リンデン」

ハインツ・フリッケ/マーゴット・シュタイスカル(s)/ジークフリート・フォーゲル(b)

シュターツカペレ・ベルリン/ベルリン州立歌劇場合唱団

Ars Vivendi MRC 001-2 1987年1月1日シャウシュピールハウス・ライヴ

 ベルリンの壁が崩れたのが1989年11月10日、そのわずか2年ほど前、旧東ベルリンでこんな華やかな、東側オールスターを集めて、独逸縁の作品ばかり、愉しい演奏会が開かれていのですね。Kurt Sanderling(1912ー2011)、Rolf Reuter(1926-2007)、Heinz Fricke(1927ー2015)、Heinz Rogner(1929ー2001)皆、鬼籍に入りました。存命なのはClaus Peter Flor(1953ー)くらいか。このCDはいつ入手したかも記憶にないくらい昔、おそらく安かったんでしょう。抜粋1枚物が国内盤で出たことがあるけれど、オリジナル2枚組は貴重でしょう。ネットでいろいろ探したけれど、ほとんど画像さえ出現しません。

 同じ話題ばかり恐縮だけどCDを少しずつ、毎月愉しみに入手していた頃は、誠実に音楽を聴いておりました。やがて処分し残した棚中CDの存在さえ忘れ、これも久々おそらく10年以上スパンの拝聴、どれも細部記憶に残っている驚き!会場(シャウシュピールハウス)のリアルな空気感はあっても、ややオフマイクに音像遠い散漫な音質も記憶通り。

 まず御大最長老クルト・ザンデルリンク登場。 Carl Maria von Weber(1786ー1826)はお気に入り、独逸民衆の素朴な旋律横溢!誰でも知っている深遠なるホルンが冒頭から森の奥に木霊する「魔弾の射手」序曲は未だ興に乗り切れずやや散漫な感じ。やはり狩りのホルンも勇壮に躍動する男祭!「狩人の合唱」は彼の最高傑作のひとつと確信いたします。大好きな作品です。次の主役はペーター・シュライヤー(Peter Schreier, 1935-)声楽に馴染み薄い自分でも、例のちょいと上ずった輝かしいテナーは馴染みでっせ。「歌の翼」は誰でも知っている著名な旋律。当時若手だったフロールによる「真夏の夜の夢」序曲もメルヘンに充ちて大好きな作品、ここも”やや散漫”な印象がありました。

 ロルフ・ロイターは日本では知名度低いオペラ畑一筋なカペルマイスター。ベルリン・コミシェ・オーパーの総監督(1981-1993)だったから、話題のキリル・ペトレンコの先々代にあたるのでしょう。歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」は序曲ばかり有名、こうしてバス(主役のファルスタッフ)のアリアを聴けるのも貴重な体験でしょう。晴れやかな表情の序曲もかなりオケに興が乗ってきました。「アリア」→序曲という流れも、こんなオムニバス風演奏会に相応しい配置。

 祝祭的な演奏会に相応しい「薔薇の騎士」。担当するハインツ・フリッケも日本ではほとんど知名度なし、この人もオペラ一筋。最後のキャリアはワシントン・ナショナル・オペラの音楽監督(1992ー2008)。これが絶品!(とくにウテ・トレケル=ブルクハルト(ms))女声3人の美しい掛け合いが、名残惜しい脂粉の残滓を漂わせるよう。この辺り、会場の空気も温まってオケも女声に負けず洗練された響きに至っております。(ここまでCD一枚目)そしてニュー・イヤーコンサートなどでお馴染み躍動する元気な「ドンナ・ディアナ」序曲にてハインツ・フリッケ出番は締めくくり。(ラスト再登場。もしかして収録順番を変えてのかも)

 Giacomo Meyerbeer(1791ー1864)は伊太利亜〜巴里のイメージだけど独逸の人なんですね。「ユグノー教徒」くらいしか作品名を知らない、ここから日本でもおなじみハインツ・レーグナー登場。しっとりとして優雅なアリアを歌うのはMagdalena Hajossyova(1946ースロヴァキア)、1990年代旧東側の録音に多く参加して、先の「薔薇の騎士」でも大活躍。Albert Lortzing(1801ー1851)ベルリン出身、歌劇「皇帝と船大工」。「木靴の踊り」は幕間の踊りですか?素朴なワルツっぽい旋律はイいまいちノリがよろしくない。Siegfried Vogel (1937-独逸)が「この日に栄光あれ」を表情豊か貫禄たっぷりに歌います。合唱掛け合いも盛り上がります。管弦楽も打って変わって表情豊か。

 ラスト、再びハインツ・フリッケ登場。「ウンター・デン・リンデン」(菩提樹の下)はベルリンの大通りなんだそう。愉しげな流行歌のメドレーだそうです。

(2019年6月16日)

【♪ KechiKechi Classics ♪】

●愉しく、とことん味わって音楽を●
▲To Top Page.▲
written by wabisuke hayashi